テーマ:同定

同定<110>ミヤマムラサキとエゾムラサキ

学名 Eritrichium nipponicum Makino ミヤマムラサキ  Myosotis sylvatica Hoffm.    エゾムラサキ   ミヤマムラサキ s0156 北海道と中部地方に(東北地方を飛び越し)隔離分布し、亜高山から高山帯の岩の多い場所に生える多年草。 背丈5-15cm、根生葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<109>ゴマナとシラヤマギク

学名 Aster glehnii F.Schmidt var. hondoensis Kitam. ゴマナ      Aster scaber Thunb.                 シラヤマギク  ゴマナ s0266、s0887 本州のみの分布、里山から低山の林道脇などに群生しているのを見かけ、背丈2m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<108>キクザキイチゲとアズマイチゲ

学名 Anemone pseudoaltaica H.Hara キクザキイチゲ Anemone raddeana Regel     アズマイチゲ キクザキイチゲ s0252 近畿地方以北から北海道に分布、里山から低山草地などに生え、背丈10~20cmになる多年草。 里山では早春、未だ他の草が伸びない内に咲き始め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<107>オオレイジンソウとレイジンソウ

学名 Aconitum umbrosum (Korsh.) Kom. オオレイジンソウ Aconitum loczyanum Rapaics     レイジンソウ オオレイジンソウ s0122 本州中部から北海道に分布、亜高山帯の少し木陰の草地に生え、背丈が1m以上になる多年草。 トリカブトの花を知らないと判らないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<103>コメツツジとオオコメツツジ

学名 Rhododendron tschonoskii Maxim. コメツツジ Rhododendron tschonoskii Maxim. subsp. trinerve (Franch. ex H.Boissieu) Kitam. オオコメツツジ コメツツジ s1438   北海道から九州に、低山帯樹林から高山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<102>ウリカエデとウリハダカエデ

Acer crataegifolium Siebold et Zucc. ウリカエデ Acer rufinerve Siebold et Zucc.    ウリハダカエデ ウリカエデ s1323  東北の南から九州に分布、里山から低山に生え、背丈3-5mになる落葉小高木。 葉は対生し、大きさ4-8cm卵形で先端が尖り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<101>オニドコロとタチドコロ

Dioscorea tokoro Makino  オニドコロ  Dioscorea gracillima Miq..  タチドコロ  オニドコロ s1358 北海道から九州に分布し、里山から低山の林縁などに生え、草や木に絡まって伸びる蔓性多年草。 花期は7-8月、雌雄異株で、葉脇から花序を出し、雌花序は垂れ下がり、雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<100>イチヨウランとコイチヨウラン

Dactylostalix ringens Rchb.f.  イチヨウラン  Ephippianthus schmidtii Rchb.f.  コイチヨウラン  イチヨウラン s1103 北海道から九州に分布、低山や亜高山下部の針葉樹林床に生え、背丈は10-20cmの多年草。 花期は6-7月、花茎の先に横向き1個の花を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<98>クロウスゴとクロマメノキ

Vaccinium ovalifolium Sm.  クロウスゴ  Vaccinium uliginosum L. var. japonicum T.Yamaz.  クロマメノキ  クロウスゴ s0080、s0825、s0102 本州中部から北海道に分布、亜高山帯下部の日当たりの良い場所に多く生え、背丈5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<97>クモイハタザオとウメハタザオ

Arabis tanakana Makino  クモイナズナ (クモイハタザオ) Arabis serrata Franch. et Sav. var. japonica (H.Boissieu) Ohwi f. grandiflora (Nakai) Ohwi  ウメハタザオ  クモイハタザオ s1442 本州の中部地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<96>ウツギとヒメウツギ

Deutzia crenata Siebold et Zucc.  ウツギ  Deutzia gracilis Siebold et Zucc.  ヒメウツギ  ウツギ s0263 北海道から九州に分布、里山から亜高山帯下部の斜面に生え、背丈2~3mの落葉低木。 花期は5-6月、枝先に長さ20cm前後の花序を何本も立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<95>クサフジとコマツナギ

Vicia cracca L.  クサフジ  Indigofera pseudotinctoria Matsum.  コマツナギ  クサフジ s1455 北海道から九州に分布し、平地から低山を越える辺りまでの、河原・道端・原野などの、日当たりの良い場所に生える、蔓性の多年草。 茎は丈夫な蔓になり、成長すると木質になり角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<94>クマシデとアカシデ

Carpinus japonica Blume  クマシデ Carpinus laxiflora (Siebold et Zucc.) Blume  アカシデ クマシデ s0583、s0631 本州から九州に分布、低山から亜高山帯までに見る事が有り、低山では背丈10m以上にもなる落葉高木だが、亜高山帯では落葉低木。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<93>ウスノキとオオバスノキ

ウスノキ   Vaccinium hirtum Thunb. var. pubescens (Koidz.) T.Yamaz.  オオバスノキ Vaccinium smallii A.Gray var. smallii  s0564、s0841、s0845 ウスノキ 北海道から九州に分布、低山から亜高山帯に生え、背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<91>イラクサとミヤマイラクサ

学名 イラクサ   :Urtica thunbergiana Siebold et Zucc ヤマイラクサ:Laportea cuspidata (Wedd.) Friis    イラクサ 本州から九州に分布、落葉樹林下や谷筋など、やや日陰の湿った場所に生え、背丈1mほどになる多年草。 葉は対生し、広い卵形で長さ5-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<90>コシアブラとタカノツメ

学名 コシアブラ:Chengiopanax sciadophylloides (Franch. et Sav.) C.B.Shang et J.Y.Huang タカノツメ:Gamblea innovans (Siebold et Zucc.) C.B.Shang, Lowry et Frodin  コシアブラ 北海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<89>イノコズチとヒナタイノコズチ

学名 イノコズチ   :Achyranthes bidentata Bl. var. japonica Miq ヒナタイノコズチ:Achyranthes bidentata var. fauriei イノコズチ 本州から沖縄まで分布、普通は平地に生えるが低山でも見る事が有り、背丈50-80cm程度になる一年草。 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<87>ジャコウソウとミソガワソウ

学名 ジャコウソウ:Chelonopsis moschata Miq. var. jesoensis (Koidz.) Miyabe et Tatew. ミソガワソウ:Nepeta subsessilis Maxim. var. yesoensis Franch. et Sav. ジャコウソウ 北海道から九州に分布し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<85>オオキンケイギクとキバナコスモスとキンケイギク

学名 オオキンケイギク: Coreopsis lanceolata キバナコスモス : Cosmos sulphureus キンケイギク  :Coreopsis basalis オオキンケイギク 北アメリカ原産の帰化植物で、海岸や河原から里山路端の草地に生え、背丈1m近くになる多年草。特定外来生物に指定され、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<83>オニユリとコオニユリ

学名 オニユリ :Lilium lancifolium コオニユリ:Lilium leichtlinii f. pseudotigrinum s1373 オニユリ 古い時代、中国からの外来植物と言われ、栽培されていたものが人里近くで野生化し、がの今では北海道から九州に分布し、日当たりの良い草地に生え、背丈1-2m近くに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<82>タカサゴユリとテッポウユリ

学名 タカサゴユリ:Lilium formosanum テッポウユリ:Lilium longiflorum タカサゴユリ この花は増やさないで下さい 台湾原産の帰化植物、観賞用に導入されたものが、野生化し南日本から順に各地の車道のり面などに急拡大している。背丈2m近くまでになる多年草。 茎も葉も無毛で、葉は茎周囲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<81>ヤマノイモとオニドコロ

学名 ヤマノイモ:Dioscorea japonica オニドコロ:Dioscorea tokoro ヤマノイモ s0526 本州から九州に分布、里山から500-600m位の山で見る蔓性多年草。 近くの木や草に絡みつき、葉の大きさ5-10cmほどの三角状披針形、基部は心形で先は長く尖る。 花期は7-8月、葉の脇に長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more