200209千石城山冬ルート 3

「概要」から見る
2020年2月9日 千石城山冬ルート

1331、夏道合流 665m
積雪量はしっかり有りますが、藪と極端な急登は無いので、この先は速度が上がるはず、私が先頭ラッセルします。
1331Sgo166

1348、ベンチ場の横 690m
夏道では一番の急登階段の上に有る階段を登り切った所に有るベンチ場で、30分も先頭ラッセル出来ず、ここで先頭交代でした。
1348Sgo167
早月川対岸の大倉山方向
1348Sgo168

1407、最後のベンチ場の下 730m
この先のベンチ場まで登れば交代すると言い、空腹でシャリバテ寸前の相棒を励まし登っています。
1407Sgo169
ベンチ場から先は水平道になるので幾らか楽、私でもなんとか先頭ラッセルが出来ました。

1416、頂上台地前の急登
最後の力を振り絞ってこの急登を登り切ります。
1416Sgo170

1422、千石城山頂上台地
無雪期なら到着と同じですが、この先にも水平ですがラッセルが残っていました。
1422Sgo171

1424、千石城山頂上 757.6m
9:50から4時間35分、苦闘のラッセルは取り合えず終わりました。
天気は結構良いのですが、展望は余り良くありませんでした。
1424Sgo172
剱岳方向展望
1424Sgo173
大日岳方向展望
1424Sgo174
毛勝連山方向
1424Sgo175
取り合えず終わったラッセル、昼食休憩後の下山で再開されるとは思わず、展望撮影後、ツェルトを張って遅れた昼食休憩にしました。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント