190525大倉山「概要」

2019年5月25日 大倉山

2014年以来5年振りの大倉山です。
その時は砂防ダム工事中で、登山口まで車で入る事は出来ませんでしたが、今は登山口まで車で入る事が出来ます。
でも今回も桑首谷550m辺り、林道に架かる橋のたもとに駐車して歩き始めました。
0723Okr101
登山口は650m辺り、登山口近くに案内板が有り、現在地は450mで所要時間2時間30分と表示して有りますが、標高は違っており、所要時間はその程度で登る事が出来そうです。
0736Okr103
7:25駐車場出発-登山口7:38、ここから急登の登山道が始まり、1000m辺りまで続きます。
急登途中に721mや800mの石作りの標高表示が有って、それを目安に登ると思ったより急登も楽に通過出来る様に感じます。
0802Okr110
1000m表示から少し登ると急登は少なくなり、アップダウンもほとんど無く快適な稜線歩きになりますが、登山道の両側は樹林に覆われており、展望はあまり見る事は出来ませんが、所々で眼下の景色や山々の展望を見る所も有ります。
それよりこの時期、目に染みる様な新緑を見ながら登るのは快適です。
0916Okr125
0932Okr129
稜線歩きになると標高表示は100m毎に設置されており、なかなか見えて来ない頂上ですが、着々と頂上が近づいている事が判り励みになります。
0945Okr131
頂上よりだいぶ前から登山道上に残雪が有るかと思ったのですが、登山道下の斜面には残雪が見えるものの、頂上寸前まで登山道に残雪は有りませんでした。

1400mの頂上台地に登ると大量の残雪に出合い、三角点の頂上まで残雪上歩きでしたが、頂上の先の剱岳展望台は積雪無しでした。
1002Okr133
10:20三角点頂上着、この日は視界の良い日で、剱岳を始め間近に見える毛勝連山を十分眺める事が出来ました。
1021Okr137
1022Okr138
私の駐車した場所や登山口近くに数台の駐車してあるのを見ましたが、何人かは登りの時に擦れ違い、頂上に残っていたのは一人だけで、後で判った事ですが知り合いの人でした。
1119Okr147
11:20下山出発-1000m表示12:30、13:10登山口-13:20駐車場所着、下山はもっと早くなるかと思いましたが、急坂下りは急ぐと危険と言う事で、この程度で良しと言う感じでした。

本編につづく

GPS軌跡
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント