190414鉢伏山-笈山-恐山周回 1

「概要」から見る
190414 鉢伏山-笈山-恐山周回

周回登山のGPS軌跡情報が有ったのですが、地図が粗く登山口の性格な位置が判らず、もしかしたら徒渉したのか?などと思い、車道が瀬波川を渡る辺りを何度も行き来し、電力会社の歩道トンネルに入るのかと思ったりしました。
最後は瀬波の温泉施設駐車場に駐車し、車道を上流方向に歩いて、ようやく瀬波川に降りる分岐を見付ける事が出来ました。

0759、瀬波の温泉施設 310m
白山里という温泉ですが、場所との連想が出来ず覚え難いですが、銭湯より安くて良い温泉です。
0759Ohz101
上流方向
0759Ohz102

0802、炭焼き小屋
温泉施設以外に建物が無いので目立ちますが、登山道に分岐する道は車上から見付けるのは無理でした。
0802Ohz169

0804、吊り橋 280m
電力会社の吊り橋で、一人づつ渡れと書いて有りました。
0804Ohz104
0805Ohz105

0810、スミレサイシン
今日は楽珍な山歩き、花を撮りながら歩こうと、この時は思っていました。
0809Ohz106
0910Ohz107

0811、鉢伏山標識 310m
ここまで鉢伏山とか登山口とか判る標識は有りませんでしたが、ここで間違いないと確認出来ました。
0811Ohz108
杉林尾根の急登
登山道は踏跡程度の整備で、ほとんど直登で登っています。
0811Ohz109
10分以上も写真を撮らずに登る事は少ないのですが、杉林下の急な直登では写真を撮る気が薄れていました。

0822、杉植林上端 390m
杉植林は終わりますが、急坂の直登は変わらずに続きます」。
0822Ohz110

0828、カタクリ
カタクリが出て来たので、この先に群生が有るかもと思ったのですが、群生は見る事は有ませんでした。
0828Ohz111

0831、登山道
この辺りはまだ傾斜が緩い方ですが、この程度以上の急傾斜が続いています。
0831Ohz112
急坂
0831Ohz113

0837、展望場 490m
辺りを切り開いた所が有り、少し展望が見える所が有りましたが、平坦地が無いので写真を撮るだけで休憩無しに登り続けました。
平地方向
0837Ohz114
温泉施設
0837Ohz115

つづく

この記事へのコメント