190323赤祖父扇山 1

「概要」から見る
2019年3月23日 赤祖父扇山

0843、福寿草経由の登山口
この説明板の後ろから登り始めますが、道は消えそうになっています。
車でここまで入る事が出来る事は知っていましたが、他に2台の先行者の車が有って、少々驚きでした。
0843Ogy101
0843Ogy102

0850、観賞帰りの2人
花観賞が終った2人組が下山して来ましたが、それ以外に人は見えませんでした。
0850Ogy103

0856、フクジュソウ群生
15分ほどの歩きで群生地に行け、よく見ると下から上まで70-80m幅30mほどの広さにフクジュソウが見えています。
0856Ogy104
0856Ogy105
0857Ogy106
0857Ogy107
0858Ogy108

0907、藪の登山道
フクジュソウ群生地を横切って通過し、群生地の上に回って登る登山道に入りますが、整備されていない登山道跡なので藪が茂っています。
0907Ogy110

0915、藪の登山道
藪に戻りつつある登山道跡は15分ほど続くでしょうか、次第に藪が薄くなって登り易くなります。
0915Ogy111

0924、ユキワリソウ(ミスミソウ)蕾
フクジュソウが咲き始めたので、ユキワリソウも咲いてるかと思ったのですが、蕾さえほとんど見えませんでした。
0924Ogy112

0926、杉林の登山道
この様に整備された登山道の様な所も有ります。
0926Ogy113

0936、杉巨木
この杉巨木に出合うと本道との合流点が近いはずです。
0936Ogy114
0936Ogy115

0941、本道に合流
尾根を登って来るのが本道で、ここで合流します。
この後は藪の無い普通の登山道です。
0941Ogy117
0941Ogy116

つづく

この記事へのコメント