自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190222千垣アルプス「概要」

<<   作成日時 : 2019/02/25 07:23   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年2月22日 千垣アルプス

今季の冬はもうこれ以上の積雪にはならない様子になって来ました。
もっと積雪が増えてから千垣アルプスを縦走したいと思っていたのですが、これではもう積雪の多い千垣アルプス縦走は無理の様だと言う事で、様子見だけでも行って来る事にしました。

登山口は尖山と同じ横江駅駐車場8:30集合、同行してくれる仲間は時間制限が在るので、目標は千垣反射板までですが、時間の様子を見て、その手前の605m峰までで終了でも可と言う事にしました。

カンジキ持参で尖山登山道を千垣山分岐(頂上まで400m標識)まで行き、そこからはカンジキ装着、最初は雪の無い所が有りましたが、10分ほど行くと完全に雪に乗る様になり、その雪も冷えて硬くなっており、快調に550m稜線に立ちました。
画像

千垣山分岐
画像

画像

その先も同じ調子でと思ったのですが、日当たりが良くなったせいか少しづつ雪質が柔らかくなり、所々でゴボって歩き難くなり、積雪が少ないので藪も出て来てしまいました。
画像

605m峰の手前590mピークで10:50になり、605m峰に着いた時は11:10でした。
画像

605m峰
画像

反射板まで50mの下りと300mほどの距離を残しており、反射板まで行くと時間制限にかかりそうな上、そこまで行っても特別に展望が良い訳でもないので、今日はここまでと決定でした。

605m峰はブナ林になっており北東面は急に切れ落ちて毛勝連山の展望が良い所で、振り向けば尖山も展望出来、木々の枝の合間から立山や薬師岳・鍬崎山も展望出来、千垣アルプスの山では千垣山に次いで良い展望の頂上と言う事で、ここで早めの昼食休憩をして下山にかかりました。
画像

画像

下山は時間的に余裕と思ったのですが、登りの時より雪質は更に悪くなり、カンジキが全く効いてないのでは?と思うほどにゴボるし、あちこちで落とし穴に出合うし、登りと同じ位に時間がかかってしまいました。

残雪状態はもう3月の様相で、植物は芽が膨らみ始めマンサクが少し咲き始めました。
コガラかヒガラの囀りが聞こえ、エナガやカワラヒワの姿も見えていました、日差しもなんとなく強く感じました。

本編につづく

GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190222千垣アルプス「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる