自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190106小佐波御前山「概要」

<<   作成日時 : 2019/01/09 16:22   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年1月6日 小佐波御前山

今季の積雪が有ってから何度か小佐波御前山に登ろうと思ったのですが、同行者が居なくて今まで登らなかったのですが、今回は同行者が有ったものの、時間制限が有ったので、手軽な山に行こうと言う事でこの山になりました。

芦生か今生津から登りたい気持ちも有ったのですが、ラッセルが有って時間制限越えになる可能性も有り、登山者の多い本道の猿倉からのルートで登る事にしました。

積雪は大した事はなかったのですが、最終駐車場の手前広場に駐車し、不要と思ったのですがカンジキを持って出発しました。
9:50頃の出発は、頂上台地到着が12:00頃になり、昼食休憩を済まして下山すると15:00頃になると言う、時間制限に合わせた登山行程です。
画像

積雪は未だ少ないので、猿倉山頂上を巻いて登るコースで猿倉山の先に出て、そこから登山道に入りました。
画像
画像

多勢の登山者が歩いているし、積雪も少ないのでカンジキなどは不要ですが、ほぼ一緒に出発した若者は、スノーシューを履いて登って行きました。

積雪は登るに従い少しづつ多くなりましたが、中間点の御前山に立ち寄ったところ、積雪50―70cm程度で、ベンチの凸凹は無くなって平坦地になっていました。
画像

画像

画像

御前山から小佐波御前山登山口までの林道は、Uターン箇所で近道に踏跡が有り意外に近く感じながら歩けました。
画像

登山口から少し登った獅子ヶ鼻岩分岐は、踏跡が少なくラッセル気味でしたが、獅子ヶ鼻に立ち寄って見ました。
獅子ヶ鼻岩からの展望は、遠望は霞んでおり眼下は雪庇が邪魔になり、あまり良く見えませんでしたが、ヒヤヒヤしながら写真だけ撮ってみました。
画像

獅子ヶ鼻岩から先の登山道は、積雪は多くなったものの踏跡はしっかりして歩き易く、順調に頂上に向いました。
画像

ただ、急登の長い階段の登りは階段が無くなり、ただの急登になっており、少々苦労して疲れましたが、何とか12:00過ぎに頂上台地に登り、三角点頂上の祠に初詣しました。
画像

今年最初の小佐波御前山なので、北ア展望台にも立ち寄って見る事にし12:20到着、展望はほとんど無いし足元も良くないので、少し戻って休憩場所を確保し、12:30昼食休憩になりました。
画像

ツェルトに入って暖を取り、いつもの様に1時間ほど昼食休憩で、少しのんびり過ぎで予定より少し遅れてしまい、15:00駐車場まで下山は難しそうですが、出来るだけ急いで下山です。
画像

御前山通過14:20頃40分の所要時間、駐車場所到着15:00頃1時間20分の所要時間で下山し、何とか制限時間に間に合わせる事が出来ました。
画像

画像


本編につづく

GPS軌跡
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190106小佐波御前山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる