自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190130高落葉山「概要」

<<   作成日時 : 2019/01/31 08:28   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年1月30日 高落葉山

今冬の積雪量はなかなか増えませんでしたが、山ではこのところ雪の日が多くなり、例年並みの積雪量に近づいて来ました。
そこで例年今頃訪れる事が多い、大品山・牛岳・高落葉山などを候補に考えてみました。

決まったのが高落葉山で、スノーシュー歩きでした。
テレマークでとも考えたのですが、積雪量の少なさと雪の締まり具合を考えたら、テレマークでラッセルは体力不足になりそうと思ったからでした。

我が家を朝6:00頃出発、途中ねいの里駐車場で投稿者と合流、登山口の五箇山トンネルに着いたのは8:00前でした。

準備を整え8:10頃出発、駐車場には先行者の車が有り、我々が到着した時は出発して行く数人の後ろ姿が見えていました。

これなら途中追い付くかも知れないが、全面ラッセルにはならないと思い一安心、8:10頃出発しました。
画像

先行者も全面ラッセルではなく、前日の足跡が有ったので、どんどん先に行ってる様で、時々声が聞こえてもなかなか追いつきませんでしたが、我々も途中の展望の良い所で展望を撮ったりして、ゆっくり登ったからかも知れません。
画像

追い付いたのは9:40頃、ブナ林に入る前の砺波散居村展望場辺りでした。
画像

その後は先頭を代わって(と言っても私ではありませんが)、天気が良く樹氷の綺麗なブナ林を楽しみながら、頂上まで登り切りました。
画像

画像

画像

頂上到着10:40頃、天気が良くて展望は最高、積雪は頂上の3m近い頂上標識は見えない程度、藪も邪魔にならず大展望が広がっていました。
画像

画像

日差し有りで風弱いので、ツェルト無しで昼食休憩かとも思ったものの、少し居ると寒くなって来たのでツェルトを張って昼食休憩にしました。

一緒に頂上に到着したグループは、普通に頂上で昼食休憩していましたが、早めに下山して行きました。
我々も12:20頃下山開始、下山は踏跡を通らない方が楽、急傾斜は特に新雪ラッセルの方が楽と言う事で、飛び降りる様にして急坂を降りました。
先行者も同じ様に思った様で、あちこちに下山の足跡が付いていました。
画像

途中でスノーシューが不調になり、片足が坪足で降りるトラブルも有りましたが、13:30頃登山口に降り立つ事が出来ました。
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190130高落葉山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる