自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 181021八乙女山周辺自然観察研修 2

<<   作成日時 : 2018/11/02 06:36   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2018年10月21日 八乙女山周辺自然観察研修

0931、ササユリ種
種が沢山付いてるのでササユリではないかも?と思ったのですが、葉を見たらササユリでした。
多い時は10個位まで付く事が有りますが、細菌だったか酵素が働いて、枯れるので増え続ける事は無いらしいです。
0931Y119

0934、ノイバラ実
種が何かに付いて下界から上がって来たのでしょう。
0934Y120

0936、オヤマリンドウ
0936Y122
リンドウ?
オヤマリンドウとはだいぶ違い、リンドウとも少し違う様に見えました。
0937Y123

0941、車道
来た道とは違い高圧線の下を行くと林道に出て、林道工事で地層が路頭になった場所が有ります。
0941Y124

0942、八乙女断層標識
0956Y130
地層露頭部
0942Y125
断層
左右に引っ張られ右が下がった正断層と見ましたが、写真がこの程度にしか撮れてなかったので確認出来ません。
0945Y127

0954、ツチグリ
何故か露頭部下の細かい崩落屑土にこの様なキノコが出ていました。
0954Y128
0954Y129
地層露頭部を離れ八乙女山頂上に向いますが、車道脇に少し珍しい植物が見えていました。

0958、フユノハナワラビ
0958Y131

1001、センボンヤリ閉鎖花種
1001Y135
1001Y133

1006、センブリ
1006Y136
1006Y137

1012、ホッコクアザミ?
1012Y138

1013、八乙女山登山口
もう九合目は過ぎてるので、登山口とは言えないほど頂上に近いのですが、頂上へ向う登山道です。
1013Y139
1013Y140

1019、ブナ
少し登ると連動に出て、そこにブナ大木が有ります。
1019Y141
林道出合い
この辺りは一時期多くの林道が出来、伐採や植林がされました。
全部は残っていませんが未だ通行可能な林道が残っています。
1019Y142

1021、ヒメモチ
1021Y143
1021Y144

1022、道宗道(どうしゅうみち)
登山道の他に道宗道も付けられており、ここからも頂上へ向かう事が出来ます。
1022Y145

1026、時期外れタチツボスミレ
1026Y146

1027、ミヤマナルコユリ実
1027Y147

1028、八乙女山、三角点頂上 761.3m
周囲は杉植林に囲まれ頂上らしさは有りませんが、立派な標識が有ります。
1028Y148
1031Y148b
記念撮影の後、最高点を通過して風穴に向います。

1043、八乙女山756ピーク
1043Y153
ここにも旧町指定の大木が有ります。
文化財指定の杉大木
1039Y151
町名木のコハウチワカエデ
1038Y150

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
181021八乙女山周辺自然観察研修 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる