180714-15カヤの平ブナ林 2

「概要」から見る
2018年7月14不 カヤの平ブナ林

1108、ニッコウキスゲ
湿原一面が黄色く染まっていました。
1107Tk133
ヒオウギアヤメ
1108Tk135

1109、ワタスゲ・ニッコウキスゲ
一部ワタスゲが多く見られる所も有ります。
1109Tk136

1109、コバギボウシ
1110Tk138
1109Tk137

1110、ニッコウキスゲ
1110Tk139
1111Tk140
ニッコキスゲを見ながら東屋で昼食した後、大ブナの道に向いました。

1151、マルバダケブキ
1151Tk144

1205、サンカヨウ実
1210Tk147
1210Tk148

1211、八剣山分岐標識
八剣山には大きな椈は有りません。
1211Tk149
1211Tk150
BUNAさん
1212Tk151

1219、大ブナ・郷土の森分岐
ここから先がブナ原生林です。
1219Tk153

1236、ブナ大木
大木とは言え、幹周2.5m程度で、カヤの平では特に目立つほどではありません。
1236Tk154

1239、ブナ林
人手が入っておらず、下生えの背が高いので、写真ではブナ林が綺麗に見えません。
1239Tk156

1249、ブナ林
1249Tk161
1250Tk165

1253、サンカヨウ実
1253Tk166

1304、ブナ林
1304Tk168

1307、ブナ大木
この程度になると幹周4m越えで、巨木候補と言うところです。
1307Tk170

1310、ブナ林
1310Tk172

1330、ブナ大木
これは幹周4.5m程度の巨木と言うところです。
1330Tk173

1334、クランク形ブナ
人手がしたか自然の仕業か、こんな形のブナが有りました。
1334Tk176

つづく

この記事へのコメント