180614位山 2

「概要」から見る
2018年6月14日 位山

0909、登山道 1070m
祭壇岩標識辺りから登山道はゲレンデより少し外れ、右の樹林の中に入りジグザグ登りになります。
0909Kr126

0911、ナワシロイチゴ
何か花は無いかと見ていたら、平地の花ナワシロイチゴが見えていました。
ゲレンデでは外来植物が多くても仕方ありません。
0911Kr127
0911Kr129

0913、位山まで4.0Km標識、休憩場 1090m
0913Kr130
0913Kr131

0918、ニガナ
ハナニガナではなく、ニガナが見えていました。
0915Kr132
0917Kr133

0925、リフト上部施設 1160m
0925Kr134
トイレ
0925Kr135
登山道
スキー場から登山道への取り付きは、しっかりした階段になっておりすぐに判ります。
0925Kr136
取り付きの階段を登った所に展望場と休憩場が有りますが、さきほどゲレンデ途中の展望と同じで、だいぶ雲が出て来たので撮影無しでした。

0929、広葉樹林の登山道
登山道に入ると登山道の傾斜は緩くなり、樹林に入って日差しが弱くなり、快適に歩ける様になります。
0929Kr138

0933、六稜鏡岩
登山道途中に有る伝説の岩が見え始めました。
0933Kr139

0942、三角点 1233.2m
こんな所に?と思う様な水平な所に三角点が有り、スマホ地図では太奈山と表示されていました。
0942Kr140
登山道
0942Kr141

0946、太奈山休憩場 1340m
三角点からしばらく行くと、はっきりピークになった所が有り、ここは休憩場になっており、眼下が展望出来る様に切り開いてあります。
0946Kr142
展望
0947Kr143
しばらく給水休憩し出発しました。

0958、御手洗岩 1260m
全く水気は無い所ですがこの様な銘々の岩です。
0958Kr144
0958Kr145

1007、針葉樹の登山道 1310m
少し急な坂が有り登り切ると針葉樹林の中ながら、大岩があちこちに見える場所に出ます。
ここの岩も名が有るかと見ましたが、標識は有りませんでした。
1007Kr146
1007Kr147

1010、畳岩 1330m
先程のあちこちに大岩が有った所を過ぎ、尾根を外れて少し行くと、畳岩の標識が有り尾根筋を見上げると、大きな岩が見えていました。
1010Kr148
この辺りで登山口と頂上の中間点か少し越えた所でしょうか、登山口からの所要時間1時間30分ほどです。

つづく

この記事へのコメント