自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180405尖山「概要」

<<   作成日時 : 2018/04/06 16:57   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年4月5日 尖山

前回の尖山記録は3月7日でしたが、それから1月近くも過ぎてしまいました。

その間に多量に有った残雪は少なくなりと言うか、登山道にはほとんど無くなり、夏椿峠道では全く残雪を見る事無く、歩ける様になりました。

残雪の多かった本道でも残雪は少し見えるものの、雪は全く踏む事無く頂上に登る事が出来る様になったので、ここらで1回記録を書こうとしたら、前回記録から1月近くも経過していたと言う訳です。
画像

その後、雪崩れ危険個所で小さな雪崩は有ったのですが、登山者が巻き込まれる様な事も無かった様です。
ただ、スノーブリッジの踏み抜きや、踏跡の残雪が崩れて沢に落ちるなど、怪我はしなかったものの、事故寸前の目に会った人はいた様です。

動植物では、前回はマンサクの花程度でしたが、今はキタコブシの白い花とユキツバキの赤い花があちこちに見え、桜もキンキマメザクラは終盤になり、他の野生サクラになり始めました。
画像

画像

草状花の種類も増えて来ました。
ショウジョウバカマから始まり、アズマシロカネソウ、キクザキイチゲ、タチツボスミレ、シュンラン、イワウチワ、その他などが見られる様になりました。
画像

画像

花が咲くと見られるギフチョウ、ヒオドシチョウ、ルリシジミも飛び交う様になっています。
画像

本道に雪が深い間は見る事が少なかったイノシシの痕跡が多くなり、カモシカの姿も良く見かける様になりました。
野鳥はミソサザイの盛んな囀りや姿、ヤマガラやヒガラの囀りや姿、姿は見えませんがヤマドリの羽ばたき音、ウグイスの囀りも聞こえています。
画像

天気の良い休日は登山者も多く、駐車場と頂上は満杯になる様ですが、私は満杯になる時間帯には行く事が少ないので、駐車場の満杯を見た程度で、登頂者の満杯は見た事がありません。

木々も新芽から新緑に変り始め、山は次第に若緑と言うか春紅葉になっています。
画像


本編につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180405尖山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる