180119粟巣野テレマーク

2018年1月19日 粟巣野テレマーク

14に牛岳に登った時は新雪が深くて快適、スキー場もたっぷりの積雪だったのですが、その後気温が高く雨の日も有って、山の雪も急に少なくなってしまいました。

平日で新雪が積ったら粟巣野へ行こうと思っていたのですが、この分ではスキー場の積雪が少なくなってしまい、雪不足になってしまうのではないかと思い始め、新雪は全く無い粟巣野スキー場に行って来ました。

今の時期、小学校のスキー教室が行荒れる事が多く、雪の量や質は関係無く、ゲレンデは子供達で賑わっていました。
画像

下のリフトと上のリフトの乗り継き区間を滑ってみると、雪質はやはりザラメでスキー場終盤の雪質でしたが、特に問題無く快適に滑りました。

上のリフトに乗りトップに向ったのですが、いつもなら上級者がリフト下を滑ってる人やシュプールが見えるのですが、今日は人の姿もシュプールも無しでした。

トップから滑ってみました。
下のゲレンデとは違い、ザラメ雪が低温で凍結して硬く、石ころだらけの斜面を滑ってる感じでした。

圧雪してない所にも入ってみました。
上級者がリフト下を滑っていないのは、硬い皮のモナカ雪になっており、ターンは勿論出来るはずも無く、真直ぐ滑るのも難しいほどでした。
画像

ゲレンデ途中の泥が出やすい場所では泥も出ており、積雪が少なくなっている事も明らかでした。

上のリフトに何回乗ったかは数えませんでしたが、3時間ほど圧雪した単純なゲレンデを滑り、昼食のカレーライスを食べて帰って来ました。

20―21日の週末は新雪が降りそうにも無く、悪コンデションのスキー場になる事でしょう。
23日辺りから冬型が強まり、北陸は大雪だと予報していますが、大雪とは成らなくても、山には順調に雪が積り、快適なスキーが出来る様になってほしいものです。

この記事へのコメント