180114牛岳テレマーク「概要」

2018年1月14日 牛岳テレマーク

3日前から良い天気になるのは確実と、何処の山へ行こうかと迷ったのですが、行く事になったのは牛岳でした。

8時30分から営業開始のリフトに9時頃には乗りたいと、富山出発を7時30に予定したのですが、昨日まで積もった新雪で、富山の集合場所の除雪がされておらず、30分近く遅れて出発でした。

途中の道路も圧雪の所が多くてノロノロ運転になってしまい、だいぶ遅れての牛岳スキー場到着でした。

頑張って出発準備をしたのですが、9時杉にリフトに乗り、スキー場トップに着いたのが9時30分頃でした。
まずスキー場トップから見える北アルプスパノラマ撮影をし、パトロール詰所に登山届を提出して歩き始めでした。スキーの私は少し滑り降り、林道の鞍部まで行ってスキーシール貼りでした。
画像

ここで大失敗が判明、シールとスキー板との寸法が合っていないのでした。
家を出る時、いつも置いて有る場所にシールが置いてなく、慌てて探し当てたと思って持って来たのが、間違っていたのでした。

それでも持ち合わせの粘着テープを全て使うなどして、なんとかシールをセットし、林道歩きに入りました。
画像

先行のカンジキ跡一人、スキーで後から来て追い越してくれた人一人、完全ラッセルは少なかったものの、深い新雪の積もった林道や登山道沿いはラッセルしている様な状態でした。
画像

画像

林道から北アルプスのパノラマを眺め楽しみながら、ラッセル状態の林道林道を進みましたが、何とかスキーにセットしたシールも、二本杉登山口か急坂を登り始めても問題無く効いていました。
画像


登山道は深い溝になっており、新雪時は深くて歩けないので、その溝に沿って右横を登るのが普通ですが、800m近くまで登った時にアクシデント、突然ストックがその溝に刺さってしまい、私の体も溝に落ちてしまいました。

同行の2人は先に進んでいたので、自分で何とかしようともがきましたが、簡単に体制は立て直す事が出来ず、諦めて、ザックを下しスキーははずして、やっと体制を立て直して後を追ったのでした。
画像

そこまでは未だシールは順調だったのですが、少し下りが有って滑り降り、登り返しに入った頃からシールの効きにに違和感が出始め、しばらくして急登を登ろうとすると、左スキーが後ろに滑る様になり出してしまいました。

シールを見ると、後端が剥がれてるのが見え、場所は鍋谷平の少し手前、時は12時、今日の登りはこれまでと諦め、鍋谷平のブナ林までなんとか登り、昼食休憩になったのでした。
画像

最低でも鍋谷平までは行きたいと言っていた事も有り、最低限の山歩きは出来たと言う事にして、ゆっくりと昼食休憩を取った後に下山でした。
画像


下山の新雪滑降は二本杉登山口までとほんの少しですが、快適に滑降を楽しむ事が出来ました。
画像

林道は雪質が良かったので、鞍部までほとんど歩かずに滑り降りる事が出来ましたが、快適とは言えません。
スキー場も勿論滑り降りましたが、圧雪ゲレンデは他のスキーヤーを除けて滑り降りるだけで終了でした。
画像

画像

天気良く深い新雪のブナ林を楽しめたと言う事で、今日の牛岳テレマークは上出来と言う事にしたのでした。

本編につづく

GPS軌跡
画像






この記事へのコメント

2018年01月17日 11:25
輝く峰々、樹冠からの青空など美しい写真ありがとうございます。
素晴らしい場所に身を置く倖せを満喫しておられますね!
2018年01月19日 07:39
白うさぎ君 、コメントありがとうございます。

はい、山と雪は自慢の場所に住んでおりまして、連日山と雪を楽しんでおります。
山と雪を嫌うと、こちらには住めませんからね。