自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170527高落葉山「概要」

<<   作成日時 : 2017/06/01 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年5月2日 縄ヶ池―高落葉山周回

新緑のブナ林を散策しようと、縄ヶ池から竜の背中道を登り、大滝山ブナ林―高落葉山―高落葉山ブナ林―唐木峠―若杉集落跡と周回して来ました。

今年はミズバショウの話題を聞かなかったので、縄ヶ池までの林道が開通していないのかと思ったのですが、林道口に行ってみるとバリケードが置いて有り、そこに熊が出ているから進入禁止の様な注意書きがして有りました。

??です、熊が居るから進入禁止だったら、富山の何処の山にも入ったら駄目と言う事にならないですか?、立山も薬師岳も車道も山も熊が歩いてますよ。

と言う事で、この注意書きは役所の責任逃れと見て、自己責任で林道に入り縄ヶ池駐車場に向いました。
途中、大杉集落跡に車を1台デポ、先着車がすでに3台駐車して有りました。

その後も道端に山菜取りと思える車が何台も止めて有り、皆さん注意書きは有って注意はしていても通行止めは効いていない様子でした。

縄ヶ池駐車場には更に脅しの様な注意書きが有り、池には熊が住んでるのか?と思う様な、何日に見たこの日も見たとの目撃情報が書いて有り、通行止め表示がして有りました。
画像

逆に、ここより入らなければ安全なのか?、そんな事はありません、熊は自由にいどうできるのですからね。

従って、今はもう池には熊が居ないと言う事で縄ヶ池に降り、竜の背中道から高清水山登山口に向けて登り、高清水山登山口からは高清水山に向わず、大滝山ブナ林に入りました。

大滝山ブナ林から高落葉山へはブナ林の中を移動、高落葉山で昼食休憩をして、唐木峠から若杉集落跡に降りて来ました。

縄ヶ池のミズバショウはすっかり終り、白いものはほんの少しでしたが、代わって湖畔にはニリンソウが群生して盛んに咲いていました。
竜の背中道には未だミツバツツジが咲き残っていましたが、もうそろそろ終わりでした。
画像

林道に出ると残雪が少し見え、未だ野生サクラも咲いていました。
画像

大滝山ブナ林も高落葉山ブナ林も新緑でしたが、天気は曇っていたので、その綺麗さを十分に発揮していなかったのが勿体ない感じがしました。
画像

下りでも新緑のブナ林を見ながら降りましたが、もうそろそろ大杉集落跡と云う所で見つけた、ハナイカダの花は今回の山で一番珍しい花でした。
画像


本編につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170527高落葉山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる