自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170318-19細蔵山 5

<<   作成日時 : 2017/03/30 06:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2017年3月19日 細蔵山

0958、展望
折角持って来た重いカメラですが、残念ながら展望撮影は撮れません、見えるだけの分ですが撮っておきます。
判らないの思うので、カシバード画像も造ってみました。
0958hzb122
画像

0958hzb123
画像


大猫山方向
1002hzb126
画像

剱岳方向
全く何も見えない様ですが、肉眼では薄っすら見えていたのです。
1002hzb127
1234峰方向
朝からこんなに遠くまで登って来たのかと思うほど遠くに見えます。
1001hzb124
UP
1001hzb125

1030、下山開始 1551m
1234峰方向
1030hzb128
下山はさっさと走る様にと言いたいところですが、少しだけピッチが速くなり歩幅が増えて登りより時間短縮出来ましたが、1400m上の登りの時斜面トラバースした所を、尾根通しに降りた時、大穴を踏み抜いてしまうなど、単独行だったら遭難寸前と云う目にも会いました。

1100、鞍部 1250m
下山の時の登り返しは辛いものですが、ここは未だテントを撤収しての下山で無いので、頑張って登る意欲が残っています。
1100hzb129

1118、1330峰台地 1320m
1118hzb130
振り向いて同行者
1118hzb131
振り向いて細蔵山
1119hzb132

1128、1330峰頂上
ここからはアップダウンしながらテント場に向います。
私は写真撮影しながら降りるとし、2人には先に行って昼食準備をしてもらいました。
1128hzb134
ヤドリギ
1128hzb135

1145、1234峰方向 1250m
テント場はだいぶ近づいたものの、まだしばらく時間をと体力が必要です。
1145hzb136
左に早月川対岸の山斜面が見えてる様です、
1146hzb139

1153、ブナ林 1230m
左側のブナ林ですが、どこも急傾斜で立派なブナ林と云う感じは持てません。
1153hzb140
アップダウン
1153hzb141

1200、ブナ林
鍋曽谷側のブナ林ですが、少し傾斜の緩い斜面が有るものの、立派なブナは見えません。
1200hzb142

1203、1234峰に戻る
頂上付近はなだらかな傾斜で多くのブナが見えるのですが、残念ながら太いブナは見えません。
1203hzb145
もう少し早く帰って来れるはずですが、この様な時間になってしまいました。
それでも急いだりする事無く、テントの中に入り暖かくして昼食休憩、下山の体力を整えました。

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170318-19細蔵山 5 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる