170301城ヶ平山周回 3完

「概要」から見る
2017年3月1日 城ヶ平山周回

1120、アップでも撮影
大日岳
1120jyo105
剱岳
1120jyo106
毛勝連山
1120jyo107
僧ヶ岳・駒ヶ岳
1120jyo108
登頂していた女性にコーヒーをご馳走になり、話などして就職休憩後、浅生廻りで下山する事にしました。

1202、下山前の頂上
女性を誘ってみたのですが、残念ながらナンパは失敗で、一人下山です。
1202jyo156
これから向う方向
ハゲ山方向に進みます。
1202jyo157

1204、残雪
こちらの方向は少し残雪が多い様です。
1204jyo158

1208、登山道
左は杉林、右は広葉樹林です。
1208jyo159

1220、展望
こちら廻りにしたのですが、あまり見る物も無く通り過ぎて行きます。
1220jyo162

1222、残雪多い場所
ここは毎年残雪が多い場所ですが、新雪で踏跡が無い時、行く方向が判り難くなる場所です。
1222jyo163
1223jyo164

1225、残雪多い場所登り
前方の斜面は左端を狙って登るのが正解です。
1226jyo165

1227、振り返って城ヶ平山UP
その後頂上に登って来た人の姿は見えない様です。
1227jyo166

1228、ハゲ山とその先千石城山展望
斜面を登り切るとハゲ山から峠山の連なる尾根が近くに見えます。
1228jyo167

1231、中浅生下山分岐標識
峠山まで行って来たいところですが、今日はここから浅生へ下山です。
1231jyo168
杉林
杉林の中は残雪が多く、凸凹の足跡に足を取られながら降りました、
1231jyo169

1239、杉植林下端
1239jyo171

1245、田圃跡
田圃跡の平坦地も足跡で凸凹でした。
1243jyo172

1246jyo173

1249、小屋
この小屋が見えると登山口はもうすぐそこです。
1249jyo175

1252、登山口
標柱や案内板が設置してありますが、下山口にする事は有りますが、ここから登る事はまず有りません・
1252jyo176
案内板
1252jyo177

登山口標柱
このルート正男新道とも呼ばれています。
1253jyo178

1253、車道
当然ですがここからは車道、無雪期は道路脇にいろんな尺物が見られますが、今はフキノトウが見える程度、さっさと降ります。
1253jyo179

1329、大岩
車道歩き40分、さっさと歩いた割には時間がかかりましたが、これで今回の城ヶ平山周回山行は終了です。
1329jyo181


この記事へのコメント