170215吉峰自然観察

2017年2月15日 吉峰自然観察

2月も半ばになったので、里山吉峰では春もだいぶ進んだのではなかろうかと思い、自然観察に出向いてみました。

コースはアウトドア施設受付棟前の駐車場から入り、ケビン群の中を抜けた所で遊歩道から外れて山に入りましたが、積雪が思ったほどでなく、高圧線下辺りから遊歩道沿いにアーバンタワーに向けて登り、ピークまで登って下りでした。
画像

スキーで登ったので下りは車道を滑り降りてしまい、しっかりした自然観察にはなりませんでしたが、少ないと思った積雪が結構多く、例年なら車道の雪が途切れる場所が有るのですが、今年はスキーの痛みを心配する事無く駐車場所まで降りる事ができました。
画像

マンサクの花芽がだいぶ膨らみ、黄色が見られないかと思って見たのですが、1ヶ所も黄色が見える株が見つかりませんでした。
クロモジの花芽も早くから見えるのですが、まだ莟が硬く春の兆しは感じる事が出来ませんでした。
画像

画像

天気は青空が見える、そこそこの天気だったのですが、鳥の姿は見えず鳴き声も全く聞く事が出来ませんでした。
画像

もう1ヶ月もすれば花も見られる吉峰でしょうが、今はまだ冬の眠りのままの様です。
もうしばらくは静かな雪山として散策する方が良さそうです。

この記事へのコメント