自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 170209尖山 2

<<   作成日時 : 2017/02/15 07:36   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2017年2月9日 尖山

1021、登山道湧水部 340m
登山道の所々に湧水部が有りますが、そこでは雪が積らないので大きな凸凹になっています。
1021tg119

1026、滝付近 360m
落差5-6mの滝が有りますが、その付近から沢が狭く左斜面が急になり、雪崩れ危険個所です。
1026tg120
1026tg121
実際に小雪崩れが発生しデブリも有ります。
1026tg122

1029、渡渉部 380m
滝の上には渡渉部が有り、飛び石と橋が有りますが、積雪が多くなると沢水に転落しそうな所です。
1029tg124

1030tg125

1032、登山道 390m
この辺りも湧水が有り、所々で土が見えて積雪部と暖さになっています。
1032tg126

1035、登山道振り返って 415m
1035tg127
登り横行
1035tg128

1040、杉植林上端部 435m
本道登山口からこの辺りまで杉植林内を登って来ましたが、この辺りで杉植林が途切れ上空が明るく場ります。
1040tg129

1043、雪崩れデブリ
杉植林が途切れた左斜面は急斜面の草付きになっており、積雪が多くなると大きな雪崩が発生する事が有ります。
今年のも回か小雪崩が有った様で、登山道は夏道より盛り上がり、右の沢よりを登っています。
1043tg131
杉植林の上端部に出て雪崩箇所も越えると、登山道は沢から離れジグザグになって千垣山鞍部に向います。

1045、振り返って 460m
いままで登って来た杉植林が展望出来ます。
1045tg133
千垣山鞍部
この方向に行けば名の付いたやまとして千垣山が有るので、勝手に付けた場所名です。 
1045tg134

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
170209尖山 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる