170201大品山周回「概要」

2017年2月1日 大品山テレマーク周回

昨シーズンは積雪が少なく、ブッシュが出ており危険のため、一度も行けなかったスキーでの大品山周回、らいちょうバレースキー場-瀬戸蔵山-大品山-粟巣野スキー場ルート、今年は遅いながらも積雪が増え、雪も締まってブッシュも少なくなったので、第一回目の大品山周回にスキーで行って来ました。

天気予報は1週間前から2―3日前まで悪天を報じていたのですが、日が近づくに連れ良い方に予報が変わり、この日は午前中は晴れ午後は雨となっていました。

この予報も外れるのではないかと思うほど快晴の朝、ゴンドラに乗ったのは9時少し前、山頂駅前を出発出来たのは9時20分でした。
画像

土日の踏跡は消え、その後の踏跡は無いかもと思ったのですが、スキー跡2人とスノーシューの踏跡が少し残っており、新雪ラッセルは無しの様子でした。
画像

新雪の上をスキーで行くと15-20cm程度のラッセルで、新雪ラッセルは辛いですが私でも前進が出来そうな程度でした。

瀬戸蔵山まで青空と樹氷のブナ林を楽しみながら1時間、瀬戸蔵山では見事な立山の展望も見る事が出来ました。
画像

画像

瀬戸蔵山から大品山は途中アップダウンが有り、頂上手前の急傾斜の細尾根難所で時間がかかりましたが、1時間ほどで到着でした。
画像

大品山三角点に着いた頃は空は曇り、天気予報は残念ながらしっかり当てっている様相でした。
画像

三角点での展望は天気が良くても瀬戸蔵山の展望ほどでは無いので、展望よりも粟巣野への下りが大事と、下りルートに少し入った所で昼食休憩でした。

昼食休憩中に雪が降り出しましたが、下山開始の13:00頃は曇りで時々チラつく程度で、ブナ林の中を楽しく滑り、景色を楽しみました。
画像

最難関の調整池上は、積雪は十分ですが20-30cm下に、硬い層が有って表層が剥がれ小さな雪崩の様になり、やや難しい通過になりました。
画像

(調整池下の送水管は雪で埋まっており、スキーでなら通過出来そうですが、未だスノーブリッジはしっかりしていないかも知れません)

調整池から粟巣野スキー場も積雪には問題無く、細尾根を安全速度で通過し、14:00頃無事スキー場上に出る事が出来ました。
画像


本編につづく

この記事へのコメント