同定<104> ナツノタムラソウとミヤマタムラソウ

学名
Salvia lutescens (Koidz.) Koidz. var. intermedia (Makino) Murata ナツノタムラソウ
Salvia lutescens (Koidz.) Koidz. var. crenata (Makino) Murata   ミヤマタムラソウ

ナツノタムラソウ s1554
画像

神奈川県から近畿地方の太平洋側に分布し、林床の半日蔭に生え、背丈20-50cm程度になる多年草。
葉は対生し、羽状複葉で、大きさ55-10cm、小葉は先端の葉が大きく2-4cm程度で、縁には粗い鋸歯が有る。
花期は6-8月、長さ1cmほどの濃紫色の唇形花で、茎の先に穂状に咲かせる。雄しべが2個有り、花の外に長く突き出る。
よく似たミヤマタムラソウは、本州中部以北と北海道に分布し、花の色は淡青紫色。


ミヤマタムラソウ  s1552
画像

本州中部以北の低山に分布し、林床の半日蔭に生え、背丈20-50cm程度になる多年草。
葉は対生し、羽状複葉か三出葉で、大きさ10-20cm、小葉は先端の葉が大きく5-8cm程度で、縁には粗い鋸歯が有る。
花期は6-8月、長さ1cmほどの白色~淡青色の唇形花で、茎の先に穂状に咲かせる。雄しべが2個有り、花の外に長く突き出る。
別名か本命か調べてないが、ケナツノタムラソウとも言う。
よく似たナツノタムラソウは、本州の神奈川県から近畿の太平洋側に分布し、花の色は濃く青紫色。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント