山行写真>大滝山・高落葉山091108ブナ林と滝 

年別山行リストへ/地域別リストへ/富山橋トップへ
---------------------------------------------------------
副題 手軽に行ける「富山の滝 50選」その11.「夫婦滝」
---------------------------------------------------------
【日 程】2009年11月8日
【山 域】五箇山
【山 名】高落葉山(たかおちばやま)1122m
     (古い標識は葉だったから、場は使わない)
【地 図】
【交 通】マイカーで大滝山ブナ原生林登山口まで
【水 場】
【メンバ】富山橋、s田の2人
【天 候】晴れ
【時 間】
---------------------------------------------------------
その名も大滝山、立派な滝の有る山が有り、そのすぐ近くに、高落葉山が有って、その2山の西斜面がブナ原生林になっており、そこは幹周が4mを越えるブナ大木含むブナの美林になっています。

そこから流れ出る水が集まって滝になり、その名を「夫婦滝」と称しています。今回はそのブナ林と滝を見る山行にしてみました。

実は、林道が通行止めで、滝に立ち寄る事が出来ないだろうと、滝を見る事が出来ないルートから、ブナ林と頂上に向かう事にしていました。
ところが、林道口に立ち寄って見ると、通行止めとは表記がしてあるものの、車は通行出来る状態になっていました。

自己責任で、行ける所まで行ってみる事にし、進入してみると、結局は一番奥の登山口まで入る事が出来、楽々山行になってしまい、ブナ林も展望も滝も見る事が出来、その上楽々歩きと云う登山になったのでした。

登山口は大滝山頂上まで10分ほどの所で、すぐにブナ林になり、登るのでは無く、下りる事から始まります。
画像


ブナ林はすでに葉を落とし、晩秋の装いになっており、足元には森の恵みを育んでいました。
恵みの分け前を少々いただきながら、のんびりと高落葉山頂上に向かいました。
画像


獅子ブナと名付けた上り子ブナも葉を落としていました。
画像


森の恵みと戯れていたので、普通は40-50分で行く事が出来る頂上でしたが、2時間ほどもかかっての到達でした。

しかし、高落葉山頂上からの展望は霞んでおり、近い白山でもこの程度の展望、槍ヶ岳も見えてはいましたが、写真では撮れていませんでした。
画像


頂上では石川県からの登山者が3人と我々2人だけでした。
時間は早かったのですが、森の恵みで味噌汁を味わって昼食とし、下山としたのでした。

下山の林道脇で「夫婦滝」を撮影です。この滝は「富山の滝37選」に選ばれており、なかなか良い滝の様です。
落差30-40mでしょうか、2本の滝が見えています。
ddtingDsc02625.jpg

夫婦滝とその下に、子供の滝と言う感じでしょうか、今日は水量が少な目ですが、なかなかの景観ではないでしょうか。
画像


滝上部
画像


091108 大滝山・高落葉山 ブナ林と滝 完




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント