テーマ:登山

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要4」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 最終日になりました、今日は長丁場になりますが、予定より遅くなっても帰宅するのが遅くなるだけと思い、焦らず余裕を持って歩くつもりです。 8月2日 朝食は5:00からと言う事で、今までより少し遅いので、前日の夜に出発の準備を整えておき、朝食後出来るだけ早い出発が出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要3」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 8月1日 今日も4:30からの朝食に合わせ、4:00から列に並び朝食を終え5:00少し前に小屋出発、昨日とは違って登山口までの移動は有りません、 今日の歩き始めが2350mで、頂上がら2840mまで標高差500mの往復、下山後に三俣山荘までの移動が有ります。 取り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要2」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 7月31日 4:30からの朝食に合わせ、4:00から列に並び朝食を終え5:00少し前に小屋出発、昨日の内に今日の予定は鷲羽岳組と黒部川水源域組に分かれて行動する事になっていたので少し、余裕に思って中道ルートで三俣蓮華岳に立ち寄って三俣山荘に向う事にしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要1」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 今回の山行目標は、黒部五郎岳を訪れる者と、黒部川源流を訪れる者と云う、目標が近い様で有りながら、達成しようと参加者の行程を考えると、1日余分にかかってしまう目標でした。 まず富山側から入る事は無理、新穂高から入って新穂高に降りるのが一番良いと言う事になり、1日目は双…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190705仁王山-白木峰

2019年7月5日 仁王山-白木峰 もうだいぶ日にちが過ぎましたが、仁王山登山道の記録を書いて置く事にします。 この登山道、正式に認められた登山道かどうかは知りませんが、数年前から白木峰林道を歩くと登山口の刈り払いが見えており、誰かが登山道を開こうとしているのだろうと推測していました。 ところが最近は登山口の刈り払いがされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190720新庄北小-立山

2019年7月20日 新庄北小学校-立山登山 今年最初の学校登山引率に行って来ました。 去年に引き続き日帰り登山ですが、今年は学校主催の行事では無く、PTA主催の行事になったそうで、引率の主役はPIAの代表で、先生は付添役と言う感じの小学校登山でした。 学校主催の行事では無い事で、いろんな縛りが少なくなった様で、全員参加が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190525大倉山「概要」

2019年5月25日 大倉山 2014年以来5年振りの大倉山です。 その時は砂防ダム工事中で、登山口まで車で入る事は出来ませんでしたが、今は登山口まで車で入る事が出来ます。 でも今回も桑首谷550m辺り、林道に架かる橋のたもとに駐車して歩き始めました。 登山口は650m辺り、登山口近くに案内板が有り、現在地は450mで所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190414鉢伏山-笈山-恐山周回 4

「概要」から見る 190414 鉢伏山-笈山-恐山周回 1130、下山路へ 888.6m 細ブナ林と積雪の頂上台地を出発、雨が本降りになる前に下山する事が出来るでしょうか?、転んだりしない様にしながら、出来るだけ急いで12:30頃に下山出来る様に降りてみます。 1132、分岐標識 オンソリ山0.1Km、笈山0.5K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190414鉢伏山-笈山-恐山周回 3

「概要」から見る 190414 鉢伏山-笈山-恐山周回 1015、鉢伏山から恐山に出発 851m 正面に見える所が恐山頂上と思って出発でしたが、恐山頂上は右の少し低く積雪の見える所でした。 1027、笈山頂上前の尾根 830m 頂上台地と思っていたので、これを見て恐山頂上はもうすぐと思っていました。 振り向い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190414鉢伏山-笈山-恐山周回 2

「概要」から見る 190414 鉢伏山-笈山-恐山周回 0840、イワウチワ 500m 展望場から少し登ると岩の露出した所が有り、その近くにイワウチワの群生が有りました。 0849、イワウチワ 560m 今季初見だったので他の物を撮らず、イワウチワをもう一度撮っていました。 0903、急登が緩む 660m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190414鉢伏山-笈山-恐山周回 1

「概要」から見る 190414 鉢伏山-笈山-恐山周回 周回登山のGPS軌跡情報が有ったのですが、地図が粗く登山口の性格な位置が判らず、もしかしたら徒渉したのか?などと思い、車道が瀬波川を渡る辺りを何度も行き来し、電力会社の歩道トンネルに入るのかと思ったりしました。 最後は瀬波の温泉施設駐車場に駐車し、車道を上流方向に歩いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190416尖山-座主坊山-大寺 4完

「1」から見る 2019年4月16日 尖山-座主坊山-大寺 これで尖り三山巡りは終了でしたが、座主坊の刀尾神社に寄れなかったので、長倉の刀尾神社に寄って来る事にしました。 長倉の刀尾神社は次第に維持出来なくなって来てるのか、拝殿と神体殿の渡り橋が落ちていますが、手付かずのままになっていました。 現在富山市の街中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190416尖山-座主坊山-大寺 3

「1」から見る 2019年4月16日 尖山-座主坊山-大寺 座主坊山から下山して駐車場所に戻ると昼食時間になり、少し食べ物を口に入れて、しばらく休憩し大寺の有る松倉に向いました。 松倉は近いのですが、松倉に向う細い道は通行出来るかどうか判らず、遠回りを考えていたのですが、1台の車が通って行ったので、細い道を松倉を目指して入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190416尖山-座主坊山-大寺 2

「1」から見る 2019年4月16日 尖山-座主坊山-大寺 尖山から下山し車で座主坊山林道口に移動、10:40頃に林道歩き開始でした。 登山口までの林道歩きは10分ほど、最近杉植林整備が行われた様で、林道は整備され車でも入れますが、歩いても僅かです。 登山道の藪は杉植林整備で刈られていますが、刈られた枝や小木が散乱し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190416尖山-座主坊山-大寺 1

2019年4月16日 尖山-座主坊山-大寺 尖山はその名の通り尖った山容から呼ばれ始めた山名なのでしょうが、尖山の近くに見ようによっては尖山(559.3m)の様に見える独立低山が2ヶ所有ります。 でも、見ようによっては程度に尖ってるのですから尖山とは呼ばれる事はなく、一つは座主坊山(478.2m)もう一つは大寺(431m)です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190414鉢伏山-笈山-恐山周回「概要」

190414 鉢伏山-笈山-恐山周回 恐山と書いてオンソリ山と読む、初めて聞く名の山でした。 ここには日本一のカタクリ大群生地が有ると言う、今が見頃と言う情報が1週間ほど前に入り、未だ見頃が続いてるかもしれないので、見に行きませんかと熱心な誘いが有りました。 ただその群生地は登山口のすぐ近くなのと、恐山頂上まで行って来ても午前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 3完

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 1130、頂上から展望 取り合えず展望写真を撮り、その後ツェルトに入り昼食休憩です。 大辻山 剱岳・大日岳 剱岳 毛勝連山 僧ヶ岳・駒ヶ岳 アップ写真 剱岳 大日岳 毛勝連山 いつもと同じルーチンで昼食休憩でしたが、いつもより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 2

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 1007、釜池-高峰山分岐から高峰山林道 高峰山-釜池分岐標識が有りますが、そこはショートカットで高峰山林道に入り、高峰山登山口を目指します。 1009、池 鍋冠山の時は、しっかり雪に埋まっていた池でしたが見え始めていました。 1017、林道 もう少しの林道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 1

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 0850、車引き返し点 ここだけの残雪で、ここを突破したら先は道路が見えるかと思いましたが、これから先は残雪になっていました。 0908、駐車場所出発 200‐300m戻って広い場所に駐車し林道歩き開始でした。 0917、車引き返し点 0925、林道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 5完

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 1301、下山前に 1421..3m 剱岳は雲に隠れ初めていました。 大日岳は未だ見えています。 1304、七姫山・大辻山方向 大辻山が良く見える所まで移動し撮影してみました。 1316、1300m辺りから七姫山・大辻山方向 1319、下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 4

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 1024、1190mピークから臼越山方向 地形図を見ると10mほど降りての折り返しになり、今まで登って来たより急坂を登ります。 斜面は細ブナ疎林と所々にスギが有りますが、展望は良さそうです。 1035、急登 この辺りが一番急斜面と思われますが、何時もの様に急登は見上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山「概要」

2019年4月6日 高峰山 簡単な山へちょこっと行って来る事にして、高峰山を選んでみたのですが、ちょこっとどころか結構な時間と体力を要し、危険個所も有ると言う山歩きになってしまいました。 今年は残雪が少ないとは言え、登山口まで車で入る事が出来るとは思っていませんでしたが、骨原から林道に分岐して1Kmほど入った所で積雪のため通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 3

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 0947、1100m休憩場所から振り向いて 美女平駅が見えてウますが、今日の歩き始めは立山駅より少し下、今は美女平駅より100mほど高い所にいます。 0953、前大日岳方向 右の人津谷対岸に前大日岳が有りますが、頂上が見えるかどうかは判りません。 1003、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 2

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 発電送水施設からは林道歩きを止め平坦地に登り、林道をショートカットして稜線の1190mピークから延びる尾根に向いました。 0853、林道ショートカット 斜面の何処を登っても林道や尾根に出合うのですが、下から見て鞍部が見える所に向け登りました。 そこには下山したと思える薄い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 1

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 0724、藤橋ゲート 410m 立山黒部アルペンルート開通は4月中旬なので、一般車通行止めですが除雪は進んでいる様です。 ここから2Kmほど除雪された舗装路を歩きます。 駐車場 多くの車が有りますが、工事作業員の車の様です。 0756、七姫平 590m 積雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 4完

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 1204、下山出発 頂上に戻ってみると、やはり赤祖父山から下山して行った踏跡が有りました。 が、我々のツェルトは見えなかったはずと思っています。 頂上標識 下山方向 1215、稜線から扇山登山道に分岐 1221、急斜面 下山時はだいぶ雪質が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 3

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 1037、ブナ林 登って来た登山道は杉植林に覆われていましたが、杉植林されていなかったらこの様なブナで覆われていたはずです。 1040、樹氷のブナ林 1043、樹氷のブナ林 1047、樹氷のブナ林 透き通ったエビの尻尾になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 2

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 0942、本道 本道に入ると少し積雪が続き始めました。 雪質は表面が凍って硬く歩き易い雪質でした。 0953、登山道から砺波平野 未だ残雪の無い所も有りますが、思っていたより積雪が多い様に感じました。 1000、急登の登山道 急登は溝の様になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 1

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 0843、福寿草経由の登山口 この説明板の後ろから登り始めますが、道は消えそうになっています。 車でここまで入る事が出来る事は知っていましたが、他に2台の先行者の車が有って、少々驚きでした。 0850、観賞帰りの2人 花観賞が終った2人組が下山して来ましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回 4完

「概要」から見る 2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 1225、下山前に 休憩は1時間ほどが定時、もう一度景色を撮ってから下山開始です。 下山方向 頂上から登って来た方向に下り、鞍部から積雪を拾いながら降りる事が出来そうな所を探します。 1230、二子山 1242、鞍部から下り なんとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more