テーマ:登山

191021人形山 4完

「概要」から見る 2019年10月21日 人形山 余り展望が良くなかったので、展望撮影無しで昼食休憩に入り、休憩後の下山前に展望を撮ってみました。 1254、人形山展望の頂上から 白山方向 笈ヶ岳・大笠山 奈良岳方向 乗鞍岳・御嶽山方向 ?どの方向だったか不明 1257、下山口方向 登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191021人形山 3

「概要」から見る 2019年10月21日 人形山 10:25頃まで休憩し、頂上まで3Km余り累積標高差200mほどを、1時間15分程度で登れば目標の頂上まで4時間達成ですが、少し無理な様です。 1030、奇形ダケカンバ 宮屋敷跡から頂上への尾根に有るシンボルの木とも言うべき木です。 この先アップダウンが多く、小さな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191021人形山 2

「概要」から見る 2019年10月21日 人形山 0930、第二休憩所発 1390m 登山口から2時間近く休まず歩いたので、5分ほど休憩して出発しました。 0937、紅葉の樹林 紅葉はこの辺りから上が最盛期の様です。 0948、ブナの黄葉 1450m 0953、カエデ紅葉 0957…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191021人形山 1

「概要」から見る 2019年10月21日 人形山 0736、登山口駐車場 830.8m 4台の先行者の車が止めて有りました。 登山口 取り付きに立派な祠が建っています。 0815、登山道脇の広葉樹 最初は杉植林内を登りますが、やがて杉林が途切れ広葉樹林になります。 0842、第一休憩所 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191021人形山「概要」

2019年10月21日 人形山 人形山に向かった事は有るが、頂上まで行った事が無いと云う、〇女性が一緒に山に行ってくれるとの話で誘いを受け、私としては行かないという選択は有るはずも無く行って来る事にした山が人形山です。 富山市からは少し遠いものの、実績から考え7:30頃から登れば、簡単に行って来る事が出来ると、6:15集合で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191010尖山 5

「1」から見る 2019年10月10日 尖山 今日は少し霞ながらも展望が比較的良く見えるので、しっかり展望を撮ってみました。 0933、頂上から横江駐車場展望 今は頂上に我々だけですが、後から来た車が見えるので、今日もこれから登って来る登山者が多い様です。 立山から右へ展望 立山・浄土山・龍王岳・鬼岳・獅子岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191010尖山 4

「1」から見る 2019年10月10日 尖山 0914、頂上まで400m標識 沢沿いから離れ一回Uターンすると、頂上まで400mも有りませんがこの標識が有ります。 登り これから先は少し急な登山道になります。 0919、第四Uターン 登り 0920、頂上まで200m標識 200m以上有ります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191010尖山 3

「1」から見る 2019年10月10日 尖山 花の無い時期は、登山道の同じ場所で撮影しながら登ります。 0848、水場 今まですぐに無くなっていたカップですが、今回のカップは残っています。 0850、登山道 沢は横江谷、沢沿いの登山道は緩やかな傾斜が続いています。 0851、登山道 085…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191018GPS軌跡データ消失

2019年10月18日 GPS軌跡データ消失 昨日の事だが、カシミールを開こうとしたら、軌跡データが無いと表示され、有るはずの場所を探しても、フォルダーごと消失しており、同じフォルダーにbackupを取っていたので、それも無い事が判明しました。 最近PCを買い替えたので、古いPCにデータが有るはずと調べたら、3か月前までのデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山 5完

「概要」から見る 2019年10月6日  大熊山 夏の暑い時期は出なかった鍋料理も、最近は気温が下がったので鍋料理を楽しむ昼食休憩、今回もゆっくり楽しんで下山にかかりました。 1244、下山出発 1628.7m 下山の所要時間目標は、急坂で滑りやすくて危険なので、登りより少し早い程度とし、安全に降りる事にしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山 4

「概要」から見る 2019年10月6日  大熊山 1114、窪地迂回 1570m 何を撮ったか記憶が薄らいでいますが、窪地を迂回するような所が有ったので、そこを撮ったのでは?と思います。 1117、細い溝状の登山道 1590m 頂上台地前の最後の急登と云う所でしょうか、細い涸れ沢の様な所を登ります。 11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191013尖山

2019年10月13日・14日 尖山徒渉部が氾濫 12日は台風の通過で強風が吹き、大雨警報の出る雨が降ったのですが、予報の雨量の半分程度で大した雨量ではなかった様です。 13日は風も雨も止み曇りから晴れの予報になったものの、他の山に行く予定は無かったので、いつもより少し遅くなりましたが、いつもの尖山に向かいました。 横江駐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山 3

「概要」から見る 2019年10月6日  大熊山 0954、1264m三角点標識 1250m 近くに1264mポイントが有りますが、登山道はポイントを巻いて登っています。 杉に代わってブナが見えて来ましたが、ブナ林は長く続きません。 1014、黄葉始まったブナ 1300m そろそろブナ林の黄葉が始まった様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山 2

「概要」から見る 2019年10月6日  大熊山 0858、登山道 1015m 駐車場所が700m辺りですから、標高差300mを登りました。 残り600m余りですから、単純計算で11:00頃に登頂出来る事になるのですが・・・ 0908、急坂が緩む 1070m もう急坂は終わってトラバース?と思いましたが未だでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山 1

「概要」から見る 2019年10月6日  大熊山 上市から馬場島に向い最後の集落を過ぎて何度か橋を渡るが、最初に出会うトラス橋が小又川に架かる橋で、その手前から作業道に入ると間もなくゲートが有り、道幅の広い所に駐車し出発準備を整えます。 0745、小又川作業道ゲート 670m 着いた時は我々だけでしたが、後からもう1台が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191006口三方岳 4完

「概要」から見る 2019年10月6日 青海黒姫山 昼食休憩は50分ほどと、いつもより少し早めに切り上げて下山にかかりました。 1227、下山開始 1269.4m 3時間で登って来たので、目標は2時間程度で下山です。 1243、ロープ場 1247、烏帽子山分岐 登山道 1258、水場 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191006口三方岳 3

「概要」から見る 2019年10月6日 青海黒姫山 1042、こんな物が有りました 時期的には遅いのですが、小さな株が未だ残っていました。 1044、池 雨後の水溜まりの様にも見えるかも知れませんが、尾根を行くルートながら、池状になった所が2-3ケ所有りました。 1054、水場 1050m 頂上まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191006口三方岳 2

「概要」から見る 2019年10月6日 青海黒姫山 0942、登山道 660m 炭焼き小屋跡の上で杉植林は終わり、再び広葉樹林になっていました。 0945、シラヤマギク 花はもう少ないのですが、こんな花が咲いていました。 下部の葉に長め葉柄が有り、ハート形の葉になっています。 0949、登山道 70…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191006口三方岳 1

「概要」から見る 2019年10月6日 口三方岳 セイモアスキー場分岐にチェーンがかかっていましたが、車は通行出来たので、登山口までマイカーで入れました。 0837、登山口 330m 平成9年の石川県体の縦走競技に使われた登山道の表示が有りました。 登山届箱が有り、中には用紙や筆記用具が有りましたが、雨が入る様で濡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191007大熊山「概要」

2019年10月7日 大熊山 大熊山へ行こうという話を聞き、すぐに気になったのが登山道の刈り開き具合でした。 今年の状態は調べてもいなかったのですが去年の情報では、頂上が近づくと登山道は藪に覆われており、かなりの藪漕ぎが強いられると云う事でした。 この山の登山道は刈り開きされてから未だ10年経過していないはずですが、どのような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

191006口三方岳「概要」

2019年10月6日 青海黒姫山 以前から一度行きたいと思いながら、なかなか行く機会のない山が何か所か有るシリーズ、その第3弾、口三方岳(1269.4m)に行って来ました。 この山、金沢セイモアスキー場の近くに登山口が有り、近くの山としては奥三方山(1601m)が有り、奥三方山と合わせ奈良岳(1644.4m)に登るなど、何回か訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山 5完

「概要」から見る 2019年9月25日 青海黒姫山 1254、下山開始 1221.5m 一時間ほどの昼食休憩終了して下山開始、滑りやすい所が多いものの、登山口到着目標は15:00過ぎです。 1305、頂上前1200mピーク 黒姫山の展望とはここで別れ、急傾斜の下山に入ります。 1307、コマユミ そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山 4

「概要」から見る 2019年9月25日 青海黒姫山 1131、頂上前1200mピークから展望 残念ながら白馬岳は雲に隠れていますが、その手前の山は展望出来ます。 白馬岳方向 尖った山は明星山 写真を撮り忘れましたが、このピークから頂上までの尾根歩きは、登山道脇には木が生えてるものの、ゴジラの背を歩く様な感じで、板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山 3

「概要」から見る 2019年9月25日 青海黒姫山 1015、金木平から上方向 800m この体調なら、もしかしたら11:00過ぎに頂上着?と思いながら、頂上に向けて出発でした。 1027、悪路始まり 890m 調子が良かったのはこの辺りまででしょうか、登山道に大岩が見える様になって来ました。 1040、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山 2

「概要」から見る 2019年9月25日 青海黒姫山 0858、一本杉峠から上方向 400m 一本杉峠から上を見ても未ださほど急傾斜にはなっていません。 0910、登山道 470m 0920、そろそろ急登か 525m 地形図を見ると550m辺りから急傾斜になっています。 ランの仲間 何ランか判りませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山 1

「概要」から見る 2019年9月25日 青海黒姫山 本当はもう少し早く出発出来るかもと思っていたのですが、最初の計画通りの出発になってしまいましたが、3時間30分程度で登っている報告も有ったので、我々もその程度で頂上に立つのを目標にしました。 0801、登山口 85m 頂上標高1221.5m、1150mほどの登りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190925青海黒姫山「概要」

2019年9月25日 青海黒姫山 以前から一度行きたいと思いながら、なかなか行く機会のない山が何か所か有るシリーズ、その第2弾、青海黒姫山に行って来ました。 ただしこの山、1998年12月13日と何年か後の残雪期に向かった事が有るものの、頂上まで達する事が出来ず、引き返した山だったので、いつかは頂上までと思っていた山でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190918鷲走ヶ岳 2

「概要」から見る 2019年9月18日 鷲走ヶ岳 メインはAなのかBなのか判りませんが、白抜山経由を予定しているので、Aコースに入って行きます。 0924、Bコースから分岐してAコース 630m Aコースは狭く草が生えており、Bコースは登山道が広い様に見えていました。 分岐からしばらくは道幅の狭いトラバース道で、草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190918鷲走ヶ岳 1

「概要」から見る 2019年9月18日 鷲走ヶ岳 古い山渓ガイド本の石川県の山には記載されていた山ですが、何故か最近のガイド本には載っていない山です。 0847、東二口登山口 440m 案内板横に駐車しましたが、100mほど離れた所に広い駐車場が有ります。 案内板 新しそうな案内板ですが、地図と実際は違う様です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190918鷲走ヶ岳「概要」

2019年9月18日 鷲走ヶ岳 以前から一度行きたいと思いながら、なかなか行く機会のない山が何か所か有り、その一つが鷲走ヶ岳でした。 その登山口の一つ、鴇ヶ谷コースの登山口のブナ林に行った事が有ったので、そこから登ろうかとも思ったのですが、メインコースは東二口が登山口のA・B・Cコースらしいので、今回は白抜山を経由するAコースを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more