テーマ:自然

190217千石アルプス縦走「概要」

2019年2月17日 千石アルプス縦走 昨年11月28日、無雪期の千石アルプス縦走をし、4時間30分の奮闘の末に何とか千石城山頂上に達する事が出来ました。 今回はその積雪期版で、この時期ラッセルが無しなら結構楽に縦走出来ますが、今年は積雪が少ないので藪漕ぎが有るかも知れないし、最近になって少し積雪が有ったので、ラッセルも加わるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190215閑乗寺公園-八乙女山登山道

2019年2月15日 閑乗寺公園-八乙女山登山道 来年の話ですが、2月初めに閑乗寺公園で富山県ナチュラリスト協会の宿泊研修と自然観察会を開催しようと言う提案が有りました。 無雪期の閑乗寺公園なら最近も訪れた事が有るのですが、積雪期は随分以前に行って以来訪れていないし、ましてや自然観察もしていないので、実際に計画案にする前に、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190202-3城ヶ平山自然観察会-本番

2019年2月2日―3日 城ヶ平山自然観察会-本番 昨年秋から下見を開始し、この日の準備をして来た富山県ナチュラリスト協会主催の冬の自然観察会、3日はその本番の日でした。 その本番の前日は宿泊して研修会と親睦会も有り、充実した2日間を過ごして来ました。 私の担当は3日の観察会で、参加者は一般の自然好きの皆さんとナチュラリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181221尖山・吉峰自然観察 5完

「1」から見る 2018年12月21日 尖山・吉峰自然観察 自然観察はしたのですが、写真はあまり撮りませんでした。 1159、吉峰駐車場出発 時計を見ていなかったので、12時になっている事に気が付かずに来てしまいましたが、樹木の塔で何か少し食べる事にして出発しました。 1205、コテージ群から周遊道へ ここか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181221尖山・吉峰自然観察 4

「1」から見る 2018年12月21日 尖山・吉峰自然観察 1012、頂上から展望 僧ヶ岳・駒ヶ岳 毛勝連山 赤谷山-剱岳 剱岳・大日連山・立山 大日連山・立山・鍬崎山 立山カルデラ外輪山・鍬崎山 鍬崎山・薬師岳 薬師岳・鉢伏山 1035、下山開始 頂上には20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181221尖山・吉峰自然観察 3

「1」から見る 2018年12月21日 尖山・吉峰自然観察 0957、200m前登山道 実際は頂上まで230mほど有りますが、もう頂上は近いと思う所なので、距離の違いはどうでも良い事です。 1000、沢対岸の尖山展望台 対岸尾根で小高くピークになった所が有り、残雪期にそのピークに立つと、尖山がすぐ近くに展望出来る所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181205呉羽山自然観察

181205呉羽山自然観察 ハルノゲシ 刺無し オニノゲシ 刺有り、葉基部の耳状部が折り曲る エノキ 幹が像の足の様相、葉が左右非対称 アメリカイヌホウズキ 実の付き方が1点から放射状に付く、実の形が真ん丸 ハゼノキ ヌルデ 実の形が扁平 以下は映像無し ガマズミ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180407-29立山室堂平、自然解説業務

2018年4月27-29日 立山室堂平、自然解説業務 4月中旬から全線開通したアルペンルート、大型連休も近づいた27日、室堂平を訪れる自然観察好きの人のため、富山県認定ナチュラリストによる自然観察ツアーが始まり、その解説員として行って来ました。 3日間とも好天続きで訪れる人が多く、それに連れ自然観察ツアーに参加する人も多く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170507八島湿原-和田峠、三峰山 2完

「概要」から見る 2017年5月7日 八島湿原-和田峠、三峰山 1140、鷲ヶ岳から鞍部に降り 頂上から思わぬ急坂が有って、そこは一気に降りてしまいました。 振り返って 急坂が写らないかと撮ってみましたが、それは無理と言うものでした。 1144、送電鉄塔 1151、標識、←和田峠1.6Km・三峰山5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170507八島湿原-和田峠、三峰山 1

「概要」から見る 2017年5月7日 八島湿原-和田峠、三峰山 笈ヶ岳記録で手間取ってしまいました、先を急いで八島湿原-和田峠、三峰山の記録映像をUPしておきます。 1013、八島湿原駐車場出発 案内書で水場が無いかと聞いたのですが、そんな親切なものは無い様で、自販機で買えとのおおせでした。 1020、鹿除け柵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170429美女平雪上散策

2017年4月29日 美女平雪上散策 例年は雪溶け後に自然観察をするのですが、今年は自然観察1回と雪上散策1回の2回実施する事になり、4月21日に下見をしましたが、今日はその本番です。 下見ではバスで滝見台まで行き、自然観察しながら美女平まで降りたのですが、40人もの参加者で実行しようとすると、高原バスがネックとなるし、大勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170507八島湿原-和田峠、三峰山

2017年5月7日 八島湿原-和田峠、三峰山 今年も、蓼科高原のお洒落な食事が出来るホテルに宿泊、次の日はハイキングをしようと言う誘いをいただき参加して来ました。 6日は森林ボランティアの竹林整備・総会が有り、それに参加してから出発した事で、6日は蓼科に向っただけで、例年実施する宿泊日の山歩きは無し、7日も朝早く帰りたいとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170404尖山 3完

「1」から見る 2017年4月4日 尖山 1027、下山は本道 1034、千垣山鞍部 頂上直近の残雪以外、ここまで残雪は有りません。 沢沿いはまだ残雪が多く見えていましたが、撮っていませんでした。 1044、徒渉部 残雪が見えています。 1946、滝 1052、本道登山口駐車場 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170401大辻山 4完

「概要」から見る 2017年4月1日 大辻山 普通なら展望は無いし寒いし、昼食もそこそこに下山しようと思うところでしょうが、我々はツェルトを張って中を温め、鍋料理を作ってゆっくりの昼食休憩で、1時間以上も頂上にいたのでした。 1304、下山開始 下り前に少し視界が広がり、頂上は樹氷のブナ林になっている事に気付きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170401大辻山 2

「概要」から見る 2017年4月1日 大辻山 0853、林道標識5 立少から1.9Km 林道分岐箇所で前長尾山への登山口にもなっています。 塔ノ倉山 今日は展望が良くないので、こんな近くの山でも撮っておきます。 この先、ライオンズの森分岐広場まで単調な林道歩きが続き、展望の良い日でも嫌になる所ですが、今日の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170401大辻山「概要」

2017年4月1日 大辻山 今の時期に大辻山に登るのは久し振りかもと思い、記録を見てみたら2015年4月12日に登っていました。 今日より10日後ですが、その時は所々で林道の残雪が途切れた所が有り、雪崩れのデブリで埋まった所有りでした。 今回も林道途中で残雪が途切れる所が有るかと予想していた簿ですが、その様な場所は全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170328尖山本道往復

2017年3月28日 尖山本道往復 筑波から来た可愛い同行者を得て、楽しく尖山に登って来ました。 インドア派で初めての登山だと言うので、山がきついとか危ないとか、はたまた山登りは嫌いなどと思わない様、ゆっくり登りました。 が、あまりゆっくり過ぎてじれったかったか、後半は先頭に立たれ、可愛い同行者の後を追いかける山登りになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170318-19細蔵山 6完

「概要」から見る 2017年3月19日 細蔵山 昼食休憩とテント撤収に1時間30分を要し、下山所要時間4時間を計算して見ると駐車場着が17:30、遅くても18:00には辿り着きたいと言う感じでした。 1332、下山発 1234m 1415、木の根山先の細尾根 1436、木の根山からの急坂でカンジキ不調 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170318-19細蔵山 3

「概要」から見る 2017年3月19日 細蔵山 1230、昼食休憩後 1020m 昼食を終え再出発です。 今日の目標1234峰までの標高差は残りはわずか200mですが、これからが楽では有りません。 1255、木の根山台地 1110m 台地と云うより最初は細尾根のアップダウンでかなりの危険個所通過も有ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170325千石城山

2017年3月25日 千石城山 18-19日に登った細蔵山山行の反省として、ルートのほぼ全容が展望出来る千石城山に17日に続いて再度行って来ました。 ルートの全容については、170317の千石城山や170318-19細蔵山にUPして有りますが、今回は頂上からスキー場ルートを降りたので、状況をUPしておきます。 その前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170318-19細蔵山 1

「概要」から見る 2017年3月19日 細蔵山 0752、駐車場所から 400m 登山尾根方向 登山尾根(仮称:木の根尾根)までは700mほど離れています。 作業ハウス 駐車場所はこの作業ハウスの主の私有場所ですが、週末なので勝手に使わせてもらいました。 この車の主の若者は土倉山日帰りすると言っていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千石城山 3完

「概要」から見る 2017年3月17日 千石城山 18-19日とテン泊で細蔵山に登る予定なので、千石城山頂上から見えるルートを撮影しておきます・ 1105、細蔵山登山ルート尾根 尾根に名があるかどうか知りませんが、仮に途中に名の有る山、木の根山の名を取り「木の根尾根」として、出来るだけ詳細が見える様に撮ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千石城山 2

「概要」から見る 2017年3月17日 千石城山 1033、夏登山道尾根から早月川対岸の山 尾根と云うか稜線に登山道が続き頂上に達しているのですが、冬道急斜面を登り切って稜線に出ると、すぐに展望の良い場所が有り、早月川対岸の山々が展望出来ます。 剱岳方向 剱岳も展望出来る所ですが今日は展望出来ません。 103…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170323尖山

2017年3月23日 尖山 尖山夏椿峠道を登り、本道を下山し登山道の様子を見て来たので、(尖山ばかり行ってるのが少々恥ずかしいので)昨日の記録と差し替えました。 天林から尖山林道へ車で入って見ましたが、夏椿峠道登山口まで車で入る事が出来ました。 車が通った後の無い残雪が少し有りましたが、私の車なら何とか通過出来たので、本道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170317千石城山 1

「概要」から見る 2017年3月17日 千石城山 準備をしていると、スパッツが無い事に気付き、今日は長靴も無いので、ズボンの裾を粘着テープで靴と固定、スパッツ代わりにし、カンジキを持っての出発でした。 0904、駐車場から剱親公園 積雪期も除雪して有るので、スキー場用の駐車場だと思うのですが、スキー客はほとんどいないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170322尖山

2017年3月22日 尖山 細蔵山から帰って20日・21日と2日間、家に居て疲れ取りをしてみましたが、効果が有ったかどうか尖山夏椿峠道を往復して試してみました。 天林から尖山林道へ車で入って見ましたが、夏椿峠道登山口まで車で入る事が出来ました。 車が通った後の無い残雪が少し有りましたが、私の車なら何とか通過出来たので、夏椿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

170215吉峰自然観察

2017年2月15日 吉峰自然観察 2月も半ばになったので、里山吉峰では春もだいぶ進んだのではなかろうかと思い、自然観察に出向いてみました。 コースはアウトドア施設受付棟前の駐車場から入り、ケビン群の中を抜けた所で遊歩道から外れて山に入りましたが、積雪が思ったほどでなく、高圧線下辺りから遊歩道沿いにアーバンタワーに向けて登り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

161225芦生-雨乞い岩-小佐波御前山「概要」

2016年12月25日 芦生-雨乞い岩-小佐波御前山 雪の無い藪漕ぎの山に行くか、少雪の大品山に行こうか、それとも芦生-雨乞い岩-御前山-小佐波御前山へ登ろうかと迷ったのですが、藪漕ぎの山は少々飽きたし、大品山は積雪が少なく粟巣野への周回は出来ないし、と言う事で同行の2人が未だ歩いた事の無いルートで登る、芦生-雨乞い岩-小佐波御前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

161206座主坊山 2完

「概要」から見る 2016年12月8日 座主坊山 1101、藪 440m 頂上前の急傾斜でも藪になっている所が有り、ロープの無い所は何処を登れば良いか考えながら登ります。 1105、ロープ 450m 登山道を付けるならここだろうと思いながら登ると、目の前にロープが見え、ルートが間違っていない事が確認出来ます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

161206座主坊山 1

「概要」から見る 2016年12月8日 座主坊山 本編を書いて置くほどの山では無いかも知れませんが、折角撮った写真も有る事だし写真を並べて本編を作成しておきます。 1025、林道分岐の民家・登山口標識 310m 車はこの民家の前に止め、もう車で入るのは無理の様な林道跡に入ります。 山小屋利用案内 実際にはもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more