テーマ:高山植物の参考 サ行

登山道の花(参考花) ジンジソウ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユキノシタ科 多年草 白 円錐・総状集合 夏~秋 「参考花」関東や北陸以西から九州に分布し、里山から低山の湿り気の多い谷間や岩壁の草地などに生え、背丈10-30cm程度になる多年草。 花期は9-10月とするのが普通、しかしこの映像は5月に撮影した。 花弁は5枚あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ソメイヨシノ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ バラ科 高木 赤系白~赤 5枚(裂 春先~春 「参考花」桜の代表としてソメイヨシノをUPし、説明をと思い、参考のため、萼の形や毛の有無、雄しべ・雌しべの状態、花の大きさなど、しっかりした説明が無いかHPで探した。 しかし、出て来るのは、エドヒガン系とオオシマザク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ソバ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ タデ科 一・二年草 白 粗い集合 夏~秋 「参考花」栽培のソバ、比較のために記載した。背丈50-80cm程度、栽培は普通の畑で行われる事が多いが、私が子供の頃は山焼きをした後に栽培していた。 ほこ形葉が茎を抱く様に付くのはタデ科の仲間に多い特徴。白色の5弁花は径…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) センブリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ リンドウ科 一・二年草 赤系白~赤紫 5枚(裂 初秋~秋 「参考花」北海道から九州に分布し、里山から低山の比較的痩せた土地で、日当たりの良い草地や道端に生え、背丈20-30cm程度になる越年草。 茎は紫色を帯びる事が多く、直立し枝分かれ少なく、茎葉は対生し2-3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) センニンソウ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キンポウゲ科 蔓性木(草) 白 4枚(裂 初秋~秋 「参考花」北海道南部から沖縄まで分布し、日当たりの良い林縁や水路の周辺などに生え、葉柄をくねらせ草や木に絡み付き、相手を被ってしまう程に繁茂する事も有る、半木性の常緑蔓植物。 葉は対生、複葉で3ー7枚程度の小葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) セントウソウ花・比較表

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ セリ科 多年草 白 笠・球形集合 春先~春 「参考花」北海道から九州に分布し、普通は平地から里山の林内や林縁などに生え(この映像は標高400-500mのやや湿った草地で撮影)、背丈20-30cm程度まになる多年草。 全体の径5cm程度の複散形花序になり、5弁の小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) センダン

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ センダン科 高木 赤紫系白~赤紫 円錐・総状集合 初夏~夏 「参考花」四国から南西諸島に分布自生しているとされるが、公園や学校などに植栽され、あちこちで野生化しているらしい。背丈10mを超える大木になる落葉高木。 (和漢薬になるが、基本的には有毒植物なので、食べない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) セリ花・比較表

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ セリ科 多年草 白 笠・球形集合 夏 「参考花」沖縄を含む日本全土に分布、平地から里山の水がしみ出す様な場所に生え、背丈20-30cm程度まで伸びる多年草。 複散形花序になり、5弁の小花が球形集団になる。葉は2-3回羽状複葉で細かく切れ込んでいる。 良い香りが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) セイヨウタンポポ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年草 黄 多数枚(裂 春~秋 「参考花」ヨーロッパ原産の帰化植物。主に平地から里山に生えるが、場所によっては高山帯まで進出して問題化、今や在来種に取って代わる勢いで増殖中。季節を問わず無雪期には花を見る事が有る。 葉は根生葉で羽状に切れ込み、花背丈は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) セイヨウジュウニヒトエ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ シソ科 多年草 青系白~青紫 2枚(裂・唇形 春~初夏 「参考花」ヨーロッパ又は中央アジア原産の帰化植物。 公園や庭で植えられていたものが野生化し、畑や田の畦などに生え、背丈10-20cmになる常緑多年草。 葉は対生し、大きさ3-8cm、短い柄が有り卵形から楕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スミレの仲間「2」

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ --------------------------------------------------------- スミレ科 多年草 白 5枚(裂 春~初夏 「参考花」ナガバノタチツボスミレなら、図鑑によると、主に静岡県から鹿児島県に分布し、(と有るが、北陸に分布するか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スミレの仲間「1」

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ --------------------------------------------------------- スミレ科 多年草 白 5枚(裂 春~初夏 「参考花」マキノスミレなら、主に東北から近畿に分布、日当たり良い里山やや乾燥気味の場所に生え、5-8cmほどにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スズメノヤリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ イグサ科 多年草 その他 その他集合 春~初夏 「参考花」北海道から九州に分布、人里の草丈の低い草地や定期的に刈り取られる様な畦や路端などに生え、背丈10-30cmの多年草。 春に10-30cmの花茎を出し、茎頂に1cm程度に集まった花序を付ける。花が咲いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スズメノカタビラ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ イネ科 一・二年草 白 穂状集合 春~秋 「参考花」沖縄を含む日本全土に分布、人里では土地が有れば何処でも生え、厄介な雑草で、背丈30cm程度までになる一年草。 葉は幅5-8mm程度長さ10-20cmイネの葉状。花穂は緑っぽい白、春先から秋にかけて咲く。 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スカシタゴボウ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ アブラナ科 一・二年草 黄 4枚(裂 春~秋 「参考花」日本全土に分布との紹介が多いが、北海道から奄美大島までの分布らしい。平地から里山の林道脇の湿った草地や畑などに生え、背丈20-40cm程度なる越年草。 茎も葉も無毛で、葉は大きさ5-20cmで、下葉は羽状に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) スイカズラ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ スイカズラ科 蔓性木 白 2枚(裂・唇形 夏 「参考花」北海道から九州と沖縄の一部?に分布、里山や平地の空地などに見られる、常緑の蔓性木。 葉は対生し、大きさ3-6cmの楕円形で先端が尖り、表面は光沢を感じ全縁。 花は5-6月、葉脇に2個並んで咲くのが特徴で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ジンチョウゲ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ジンチョウゲ科 低木 赤紫系白~赤紫 笠・球形集合 4弁(裂 春先~春 「参考花」中国原産で室町時代に渡来した帰化植物、暖地の庭園木としてよく植栽されており、背丈1m越え程度になる常緑低木。 花は早春から咲き始め、内面が赤紫系白、外は赤紫色の4弁花で、枝の先に集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シロヨメナ花・比較表

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年 草 白 多数枚(裂 秋~晩秋 「参考花」本州から九州に分布、平地から里山のやや湿った場所に生え、背丈20-80cmになる多年草(この映像は350m付近で撮影)。 花期は秋、花は白で径2cm前後のヒマワリ形、中心の筒状花が小さいのが特徴的で、茎先端に多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シロバナイカリソウ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ マメ科 メギ科 多年草 白 その他形状 春先~春 「参考花」主に北海道から近畿の日本海側に分布、里山の林下に生え、背丈20-30cmになる多年草。(と思っていたが、正しくは、シロバナイカリソウと言う種は無く、イカリソウの園芸品名らしい。) 春先に根茎からやや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シロイヌナズナ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ アブラナ科 一・二年草 白 4枚(裂 春~初夏 「参考花」北半球のほぼ全域に分布、平地の草地に生え、背丈10-30cmになる一・二年草。 根生葉がロゼット状で、5-10cmの倒卵形、両面に毛があり、茎葉はまばら。 花期は春から初夏で、花弁は4枚白色3-4mmと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ジョチュウギク

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年草 一・二年草 白、赤紫 多数枚(裂 初夏~夏 「参考花」地中海・中央アジア原産(バルカン半島で栽培されていた)の帰化植物、明治初期に薬用に導入栽培され、後に園芸品から野生化しているものも多く(と言うが見た事が無く、薬草園で撮影)、背丈30-60cm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ショウブ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ サトイモ科 多年草 その他色 1枚(無裂 春~初夏 「参考花」北海道から九州に分布、人里の古いため池の泥の溜まった場所などに生え、背丈70-100cmになる多年草。 葉はキショウブなどアヤメ科と似ているが、ショウブには表面にやや光沢がある点と、特有の芳香があるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ジャノヒゲ種

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユリ科 多年草 実・種 秋~晩秋 「参考花」北海道から九州に分布、里山二次林から常緑広葉樹林などの林床に分布する常緑の多年草。 葉は細く幅は2-3mm、長さ10-30cm。 花期は7月頃、葉の間に花穂を出し、白~淡紫色の花を咲かせる。種子は秋に青紫に実り葉の下に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シャクヤク

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ボタン科 多年草 赤紫系白~赤紫 多数枚(裂 初夏~夏 「参考花」アジア東北部原産で、かなり古い時代に中国から薬用として渡来した栽培植物で、後に園芸用として栽培(これも道端の畑で撮影)されるようになった、背丈60-100cm程度になる多年草。 根は紡錘状になり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シナマンサク

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ マンサク科 小高木 黄 4枚(裂 冬~春 「参考花」中国原産で、園芸種として庭木などに利用され、背丈5m程度までになる、落葉小高木。 葉は互生し、大きさ8-15cmの倒卵形で、左右非対称にゆがんでいるのが特徴的。縁には波状の鋸歯が有り、葉裏と葉柄に綿毛が密生して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シソ、アオジソ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ シソ科 一・二年草 シソ  赤紫系白~赤紫 アオジソ  青系白~青紫 円錐・総状集合 初秋~秋 「参考花」栽培されているのが普通、良く枝分かれし、背丈50-100cm程度になる一年草。 葉は対生し柄が有り、大きさ5-10cm越え、広卵形で先が尖り鋸歯が有る。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シキミ

高山植物図鑑「登山道の花」本編へ シキミ科 小高木 白 多数枚(裂 春先~春 「参考花」本州から沖縄に分布し、里山や低山の雑木林などに生え、背丈2-5m程度の小高木が普通だが、10m越えの高木になる事も有る常緑樹。 香気があり、墓苑などによく植えられるが全体が有毒。 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) シオン

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年草 青系白~青紫 多数枚(裂 初秋~秋 「参考花」本州中国地方から九州に分布(中国東北部から伝来とも云われるが)、山地の湿った草地に生え(多くは栽培されているが)、背丈2m程度までになる多年草。 一株から数本の茎が立ち上がり、根生葉は大型で30cm以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) サンシュユ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ミズキ科 高木 黄 笠・球形集合 春先~春 「参考花」中国や朝鮮原産で、日本では庭木や花材として栽培され、背丈10mを越えるほどになる、落葉高木。 葉は互生し、大きさ4-10cmの長卵形、側脈が平行に発達しており、ヤマボウシやハナミズキとよく似る。 早春、葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) サワヒヨドリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年草 白 笠・球形集合 初秋~秋 「参考花」沖縄を含む日本全土に分布し、里山の日当たりの良い湿った草地に生え、背丈1m程度までになる多年草。 茎は分枝せずに直立し、上部には毛が多い。葉は対生し、長さ5-10cm程度の細めの披針形、3脈が比較的はっきり見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more