テーマ:ブナ林

190604-06奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 3完

奥裾花から見る 2019年6月4日―6日 奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 その天水山 大厳寺高原キャンプ場は営業しており、テント持ち込みで一人1500円と、少々高めの料金でしたが、清潔なトイレとシャワー設備が有ったので良しでした。 夜中に少し雨が降ったものの朝には雨はあがっており、これから降っても小降り程度と言う感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190604-06奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 2

奥裾花から見る 2019年6月4日―6日 奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 その関田峠 奥裾花テン泊した我々は、7:00頃出発、鬼無里から長野市街地に入り高速で飯山へ、茶屋池が有る関田峠に向いました。 途中で買い物をしたものの、関田峠到着9:40頃と3時間の所要時間でした。 茶屋池からはブナ巨木の有る鍋倉山への登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190604-06奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 1

2019年6月4日―6日 奥裾花-関田峠-天水山ブナ林探査 その奥裾花自然園 ブナの会のメンバー3人が久し振りに集いました。 千葉・新潟。富山に住んでる3人なので、今まで週末か休日で1泊以上の余裕がないと、集まる事が出来ませんでしたが、今年から全員平日でも休みが取れる様になり、2泊の予定でも集まる事が出来る様になりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190602干支の山-猪根山

2019年6月2日 干支の山-猪根山「荏原山歩会定例山行」 一度書いたのに保存をしてないのに他の操作をし、消てしまいました。 再度書く意欲は無くなってしまいましたが、どうしても書いて置かないと収まりが付かない理由が有るので、手抜きしてでも書いて置きます。 荏原山歩会は毎年「干支の山」に登っており、今年はその2週目の24回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190526高落葉山「概要」

2019年5月26日 高落葉山 高落葉山への林道は通行止めになってるかと思っていたら、林道温泉からの道と赤祖父池からの道が通行止めになっていない事を知り、それなら高落葉山ブナ林の新緑散策に行こうと言う事になり行って来ました。 事前情報通り通行が出来、車で林道温泉から縄ヶ池駐車場に入り、帰りは縄ヶ池に降りましたが、特に支障無し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山「概要」

2019年3月26日 臼越山 尖山に登っていたら、最近七姫山に登ったとか、臼越山と七姫山に登ったとかと言う話を何回か聞きました。 私も臼越山と七姫山に行って来たいと思ったものの、それは体力的に無理と言う事で、七姫山より少し標高の高い臼越山だけに登ってみる事にしました。 この時期、藤橋ゲートまでしか車で入る事が出来ないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山「概要」

2019年3月23日 赤祖父扇山 扇山と云うのが本当ですが、この辺りに赤祖父山や赤祖父池や赤祖父川などが有るので、有名な赤祖父を冠して扇山としました。 先日はフクジュソウ観察と丸山に行って来たのですが、その時は丸山だけ書いたので、どこの山か判らなかった人が居た様ですが、丸山は赤祖父丸山と言う事になります。 さて、先日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山 4完

「概要」から見る 2019年3月9日 高落葉山 1017、大滝山方向へ移動 頂上台地端まで戻り右尾根に降ります。 1019、尾根降り 尾根にはブナ大木が有り、その先には広いブナ林が見えています。 1021、ブナ大木 急尾根を降り切ると緩い傾斜のブナ大木林が有り、時間はまだまだ早いのですが、この辺りで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山 3

「概要」から見る 2019年3月9日 高落葉山 0949、大滝山・高清水山方向 頂上台地端から左に行けば大滝山・高清水山、真直ぐ行けば高落葉山頂上です。 高落葉山頂上方向 1004、高落葉山頂上 積雪は2m程度でしょうか、例年よりだいぶ少ない様子です。 昼食休憩には時間が早いので、展望写真を撮って大滝山方向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山 2

「概要」から見る 2019年3月9日 高落葉山 0812、唐木峠から ここからは夏道沿いに登ります。 0824、急登の細尾根始り 今回のルート中では一番の急登で、スキーで登ると登れなかったり、滑り降りるのに苦労する様な細尾根急登です・ つくばね山展望 0832、急登の細尾根途中 急登は30分以上続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 4

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 1024、登山口から4Km標柱から頂上方向 1490m 片折岳手前で追い越して行った人はもう頂上近くを歩いてるのが見えています。 1031、細尾根 1500m 言うほども無い細尾根ですが、細尾根の少ないこのルートの中では細尾根です。 1047、細尾根から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 3

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 0909、ブナ林 1280m 穏やかな広い尾根にブナ林の状態がが続いています。 風が造った雪の芸術でしょう。 0915、追い越し者 1290m 水平に近い所を歩いてる様に見えますが、結構登りがきついと思いながら登っています。 0921、片折岳直前 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 2

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 夏道に合流するとしばらく水平道が有ります。 0819、ブナ大木 1020m 中が空洞になった大木で幹がしっかりしていたら幹周4.5m近く有ったかも知れません。 この大木に出合ったら登山道は再び急坂登りになります。 0827、ブナ林 1060m 斜面はブナ林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190302粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 4

「概要」から見る 2019年3月2日 粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 1233、下山出発 1400m ツェルト無しですが天気が良いので寒さは我慢出来、ゆっくり昼食休憩をして下山開始です。 下山は瀬戸蔵山経由の周回ルートです。 1237、大品山最高点のブナ 1420m 少し通り過ぎてしまいましたが、頂上に有る「千手ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190302粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 3

「概要」から見る 2019年3月2日 粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 1041、1230m 振り向いて見ると登って来たブナ美林が見えていました。 1102、1350m ブナ林は純林でなくダケカンバが混じったりして来てしまいますが、もうすぐ今日の目標大品山頂上台地です。 振り返って 1109、頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山「概要」

2019年3月9日 高落葉山 1月30日につづいて今積雪季2度目の高落葉山に行って来ました。 その時に比べ積雪はかなり少なくなってるはずで、雨の日も多く雪質も硬く締まって来て、カンジキなど無しでも登れるはずですが、スキーで登っても滑る楽しみは無さそうなので、今回もカンジキ携帯で行く事にしました。 雪質の関係で足元が良ければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190302粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 2

「概要」から見る 2019年3月2日 粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 アイゼン無しのスノーシュー携帯だったので、調整池上部の最難所細尾根通過は慎重に通過しました。 1005、調整池上を通過 1050m 最難所では写真を撮る余裕は無く、通過後の少し安全な所まで進んでから撮りました。 1016、ブナ林に入る 11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190130高落葉山 5完

「概要」から見る 2019年1月30日 高落葉山 1201、下山前にもう一度展望 昼食休憩中に展望は悪くなると予想していたのですが、逆に登頂した時より展望が良くなっていたので、望一度展望を撮ってから下山する事にしました。 剱岳 立山 薬師岳 黒部五郎岳 槍ヶ岳 白山 1220、下山開始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190130高落葉山 4

「概要」から見る 2019年1月30日 高落葉山 1028、頂上台地端から頂上方向 頂上までは多少のアップダウンは有りますが、水平に行って最後に10mほど登って頂上です。 1034、もうすぐ頂上 頂上は刈り開いて有りますが、背の高い杉や広葉樹も残っており、360度の展望とはいきません。 振り向いて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190130高落葉山 3

「概要」から見る 2019年1月30日 高落葉山 これから先が良いブナ林つづきになり、綺麗な樹氷のブナ林が撮れると思っていたのに、レンズに水滴が付いてしまい、拭き取ったのですが取れていなくて、映像がボケてしまいました。 1001、980m急坂のブナ林 1004、990m急坂のブナ林 急坂のブナ林が続き立ち止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181118牛岳 4完

「概要」から見る 2018年11月18日 牛岳 1107、高峰方向 最高点の撮影はこれを最後に、牛岳権現の頂上に向いました。 1110、ブナ林 最高点を越えて少し降りた先もブナ林が続いています。 1112、ブナ林 1114、ブナ林 牛岳権現の頂上に向け少し登り返すと再びブナ林が途切れ、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181118牛岳 3

「概要」から見る 2018年11月18日 牛岳 1029、あがり子ブナ 890m 最高点までの標高差100mほどなので、この先は水平道の様な所が多くなります。 尾根 前方にピークの様な所が見え、早くも頂上が近づいたか?と思うのですが、頂上はまだまだ先です。 1035、七・八合目方向表示 次の合目表示か?と見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181118牛岳 2

「概要」から見る 2018年11月18日 牛岳 0951、尾根ルート口 750m 2―3年前に刈り開かれた道ですが、整備が少しずつ進みロープなども設置され、ブッシュが有ったり滑り易かったりしますが、だいぶ歩き易くなりました。 0959、ロープ場 ロープは有りますが下りに使うと、一度や二度は尻餅を突きそうそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181118牛岳 1

「概要」から見る 2018年11月18日 牛岳 0843、駐車場所・登山口 登山口の駐車スペースは数台、満車状態でした。 春には古くてほとんど見えなかった案内板ですが、新しく張り替えられていました。 が、知りたいポイント名やルート名など、今一大雑把にしか書いて有りません。 0850、駐車スペースで一緒になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

181118牛岳「概要」

2018年11月18日 牛岳 18日の日曜日は晴れの予報と言う事で、千石城山藪漕ぐルート、高峰山藪漕ぎルート、冬枯れの高落葉山、冬枯れの牛岳を山歩き候補として提案したのですが、美人女性に全候補を断られ、男子2人での山歩きになりました。 車一台を三段の滝登山口にデポ、もう一台で小牧側登山口に移動、そこから登山開始でした。 登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180714-15カヤの平ブナ林 3完

「概要」から見る 2018年7月14不 カヤの平ブナ林 1341、蔓に巻かれたブナ大木 4.5m以上の巨木が次々と出て来ます。 ブナ林 1347、ブナ林 1352、ブナ林 1354、ブナ巨木 これは実測してみたところ幹周4.65mの巨木でした。 1406、ブナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180714-15カヤの平ブナ林 1

「概要」から見る 2018年7月14不 カヤの平ブナ林 0957、カヤの平管理棟 テント泊の申し込みはこちらですが、カヤの平の自然に詳しい管理人がいます。 出発 0959、バイケイソウ 今年はあちこちで豊作の様です。 ミヤマイボタ 1000、ブナ林前のダケカンバ林 今日はブナ林観察が基本です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180514高落葉山 5完

「概要」から見る 2018年5月14日 高落葉山 1233、ブナ林 登って来た登山道に出ました。 もうブ十分ナ林撮影をしたので、滑って転ばない様に注意し、急坂をどんどん降りるのみです。 1244、キタコブシ 最近タムシバかキタコブシか判断が難しくなってしまったキタコブシ?が咲いていました。 1251、散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180514高落葉山 4

「概要」から見る 2018年5月14日 高落葉山 1203、大滝山方向ブナ林 道宗道に入り下り始めるとブナ大木のブナ林に入ります。 1205、残雪と新緑 右も左も山背油は見えていますが、これは意義の残雪とブナ林新緑です。 1209、左のブナ林 左は大木が多く見えており、残雪が続いていたら入り込んで行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

180514高落葉山 3

「概要」から見る 2018年5月14日 高落葉山 標高1100m辺りまで登れば平坦地が見えて来て頂上台地に入ります。 1000、残雪と幽玄のブナ林 残雪は頂上台地手前から見えており、残雪に乗ってブナ林に入ってみたくなりますが、ここは下山時に立ち寄る事にして先に進みます。 1007、道宗道 頂上台地に出ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more