テーマ:同定

同定<80>レンゲツツジとヤマツツジ

学名 レンゲツツジ:Rhododendron molle subsp. japonicum ヤマツツジ:Rhododendron kaempferi var. kaempferi レンゲツツジ s0992 北海道から九州まで分布、里山から亜高山の湿原や草地、放牧地に生え、背丈2m程度までになる落葉低木。 葉は互生し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<79>ヨツバヒヨドリとフジバカマ

学名 ヨツバヒヨドリ:Eupatorium glehnii フジバカマ :Eupatorium japonicum ヨツバヒヨドリ s0546 北海道から四国に分布、低山から亜高山帯の草地に生え、背丈1mを越す程度になる多年草。 茎には4枚の葉が輪生する事が多く、時には3~5枚だったり互生だったりもする。 葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<78>ヤマブドウとサンカクヅル

学名 ヤマブドウ  :Vitis coignetiae サンカクヅル:Vitis flexuosa ヤマブドウ s0666 北海道から九州に分布、低山に多く生え、数十mの長い蔓になり、他の木に絡み付いて延びる落葉蔓性木。 花期は5-6月、花は総状で、咲き始めは小さく、咲き終わる頃は10cm程度になる。 雌雄異株…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<77>ササバギンランとギンラン

学名 ササバギンラン:Cephalanthera longibracteata Bl. ギンラン     :Cephalanthera erecta (Thunb.) Bl. . ササバギンラン 北海道から九州に分布、里山から低山の明るい林内などに生え、背丈30cm程度までになる多年草。 葉は5-7枚程度が互生し、長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<75>ヤブタバコとガンクビソウ

学名 ヤブタバコ :Carpesium abrotanoides L. ガンクビソウ:Carpesium divaricatum Sieb. et Zucc. ヤブタバコ 日本全土、つまり北海道から沖縄まで分布し、里山から低山の道沿いや藪などに生え、背丈50-150cmになる越年草。 多くの枝が横に張り出す事が多く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<74>ムカゴトラノオとイブキトラノオ

学名 ムカゴトラノオ:Bistorta vivipara (L.) Delabre  イブキトラノオ:Bistorta officinalis Delarbre subsp. japonica (H.Hara) Yonek. ムカゴトラノオ 本州中部から北海道に分布、亜高山帯の日当たりの良い草地に生え、背丈50cm位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<73>ミツバオウレンとミツババイカオウレン

学名 ミツバオウレン    :Coptis trifolia (L.) Salisb. ミツババイカオウレン:Coptis trifoliolata (Makino) Makino ミツバオウレン 北海道から本州中部に分布、亜高山帯に多く生え、背丈10cm程度になる常緑多年草。 その名の通り葉は三つ葉、小葉の大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<72>ホツツジとミヤマホツツジ

学名 ホツツジ    :Elliottia paniculata (Siebold et Zucc.) Hook.f. ミヤマホツツジ:Cladothamnus bracteatus (Maxim.) T.Yamaz ホツツジ 北海道から九州に分布、低山に生え、地元ではブナ帯程度でよく見かけ、背丈は1mを少し越える程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<71>ハルユキノシタとダイモンジソウ

学名 ハルユキノシタ:Saxifraga nipponica Makino ダイモンジソウ:Saxifraga fortunei Hook.f. var. alpina (Matsum. et Nakai) Nakai ハルユキノシタ 主に新潟県辺りから近畿東部辺りまでに分布、里山から低山の湿った岩場に生える事が多いが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<70>ハルジオンとヒメジョオン

学名 ハルジオン:Erigeron philadelphicus L. ヒメジョオン:Erigeron annuus (L.) Pers. ハルジオン 帰化植物、栽培されていたものが広がった。里から低山に生え、背丈1m程度になる越年草。 この映像は標高700m辺りで撮ったが、車道の脇だったので、多分、車等に付着して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<68>ノギランとネバリノギラン

学名 ノギラン    :Aletris luteoviridis (Maxim.) Franch. ネバリノギラン:Aletris foliata (Maxim.) Bureau et Franch. ノギラン 北海道から九州に分布、低山から亜高山の日当たりの良い草地に生え、背丈30-40cmになる多年草。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<67>ノカンゾウとヤブカンゾウ

学名 ノカンゾウ  :Hemerocallis fulva L. var. disticha (Donn ex Ker Gawl.) M.Hotta ヤブカンゾウ:Hemerocallis fulva L. var. kwanso Regel  ノカンゾウ 本州から沖縄に分布し、草地に生えるがやや湿性の環境に生える場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<66>ナルコユリとアマドコロ

学名 ナルコユリ:Polygonatum falcatum A.Gray アマドコロ:Polygonatum odoratum 略 ナルコユリ 北海道から九州に分布、普通は里山から低山の草地や林下に生え、背丈は大きいものでは1m近くに達する多年草。 茎は少し横に傾き、葉は細長くササの葉形をし、大きさ7-12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<65>テガタチドリとノビネチドリ

学名 テガタチドリ:Gymnadenia conopsea (L.) R.Br. ノビネチドリ:Gymnadenia camtschatica (Cham.) Miyabe et Kudô テガタチドリ 本州中部から北海道に分布、亜高山帯から高山帯の草地に生え、背丈20~30cmになる多年草。 葉は長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<63>ツリバナとマユミ

学名 ツリバナ:Euonymus oxyphyllus Miq. マユミ : Euonymus sieboldianus Blume  ツリバナ ツリバナなら北海道から九州に分布、里山から亜高山に生え、背丈2-3mになる落葉低木。 花色は薄緑色から赤紫がかったものまで有るらしい。 その仲間のエゾツリバナが正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<62>チャボガヤとハイイヌガヤ

学名 チャボガヤ  :Torreya nucifera Sieb. 略 ハイイヌガヤ :Cephalotaxus harringtonia 略 チャボガヤ イチイ科 本州日本海側の多雪地帯と四国の一部に分布、里山から低山に多く見られ、背丈2-3m程度の常緑低木。 カヤ(ホンカヤ)の変種で、雪に押さえられ幹は根曲がりにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<61>チシマゼキショウとイワショウブ

学名 チシマゼキショウ:Tofieldia coccinea Richards. var. coccinea  イワショウブ   :Tofieldia glutinosa (Michx.) Pers. subsp. japonica (Miq.) T.Shimizu チシマゼキショウ 本州中部から北海道に分布し、高山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<60>ダンコウバイとアブラチャン

学名 ダンコウバイ:Lindera obtusiloba Blume  アブラチャン:Lindera praecox (Siebold et Zucc.) Blume ダンコウバイ 新潟以西から九州に分布、里山から低山に生え、背丈3-4mになる雌雄異株の落葉低木。 マンサクよりやや遅れるが、残雪有る早春にマンサクと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<58>タテヤマリンドウとミヤマリンドウ

学名 タテヤマリンドウ:Gentiana thunbergii. ミヤマリンドウ :Gentiana nipponica タテヤマリンドウ 本州中部から北海道に分布し、亜高山帯から高山帯の湿地に生え、背丈10cm位まの越年草。 花期は6-8月頃、花径2cmほどで5弁(烈で、弁中間に小さな副弁が有り、色は淡青紫系白色か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<57>タテヤマチングルマと チングルマ

学名 タテヤマチングルマ: チングルマ     :Sieversia pentapetala タテヤマチングルマ 主に立山周辺に分布、亜高山帯から高山帯に生え、背丈20cm程度までになる常緑草状低木。(学会はチングルマとは区別しない) 雪解け直後に咲き始め、径2-3cmの5弁、花が薄いピンク色をしているのが特徴。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<56>タテヤマウツボグサとウツボグサ

学名 タテヤマウツボグサ:Prunella prunelliformis ウツボグサ     :Prunella vulgaris タテヤマウツボグサ 本州中部に分布、亜高山帯の砂礫草地に生え、背丈20-30cm程度になる多年草。 葉は直立する茎に対生し、大きさ4-8cm卵形、ほとんど柄が無いか、茎を抱く様に付く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<55>タカネヨモギとミヤマオトコヨモギ

学名 タカネヨモギ    :Artemisia sinanensis ミヤマオトコヨモギ:Artemisia pedunculosa タカネヨモギ 主に本州中部に分布、高山帯の砂礫草地に生え、背丈40~50cmになる多年草。 根生葉には長い柄が有り、茎葉は柄が目立たないが、ともに3回羽状に裂け、これ以上は裂けられない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<54>タチネコノメソウとツルネコノメソウ

学名 タチネコノメソウ:Chrysosplenium tosaense (Makino) Makino ツルネコノメソウ:Chrysosplenium flagelliferum Fr. Schm. タチネコノメソウ 関東以西から九州に分布、渓流沿いや湿った場所に生え、背丈10-15cmほどになる多年草。 苞葉、茎葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<53>タカネナナカマドとミヤマナナカマドとウラジロナナカマド

学名 タカネナナカマド  :Sorbus americana ミヤマナナカマド  :Sorbus sambuchifolia ウラジロナナカマド:Sorbus matsumurana タカネナナカマド 本州中部から北海道に分布し、亜高山から高山帯に生え、背丈3m程度までになる落葉低木。 葉は互生し、大きさ20c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同定<52>タカネニガナとクモマニガナ

学名 タカネニガナ   :Ixeridium alpicola クモマニガナ   :Ixeridium dentatum タカネニガナ 北海道から本州、四国・九州の一部に分布、亜高山帯から高山帯の岩場に生え、背丈10-20cm程度の多年草。 花は径2cm程度、花弁は8枚以上で黄花が普通なのだが、白花も見かける事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more