テーマ:風景

190918鷲走ヶ岳「概要」

2019年9月18日 鷲走ヶ岳 以前から一度行きたいと思いながら、なかなか行く機会のない山が何か所か有り、その一つが鷲走ヶ岳でした。 その登山口の一つ、鴇ヶ谷コースの登山口のブナ林に行った事が有ったので、そこから登ろうかとも思ったのですが、メインコースは東二口が登山口のA・B・Cコースらしいので、今回は白抜山を経由するAコースを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190911中山 2完

「1」から見る 2019年9月11日 中山 0825、最上部渡渉 920m 沢沿いから離れて頂上に向け登ります。 0828、カノツメソウ 0842、振り向いてブナクラ峠 今にも降りそうですが、辛うじて降り出さずにいます。 0845、ユキザサ実 ユキザサは色づいてませんnが、サワフタギは色づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190911中山 1

2019年9月11日 中山 真夏の間は中山東小糸谷の植物と言うか花観察に行かないままでしたが、少し涼しくなって来たので一度行きたいと思っていました。 雨降りの予報、それも大雨が降るとの予報も有ったのですが、午前中に下山してしまえば、雨も大した事はないはずと思い、行って来ました。 0753、東小糸谷登山口 800m 東小糸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190907奥大日岳 3

「概要」から見る 2019年9月7日 奥大日岳 2365mの室堂乗越から見上げると頂上の様に見える2511mピークに向かい急登を登ります。 1019、振り返って立山・室堂平 2440m 1028、登山道 2490m もうすぐ急な登りが終わります。 1030、奥大日岳頂上が見える 2500m 2511…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190907奥大日岳 2

「概要」から見る 2019年9月7日 奥大日岳 2280mから2606m頂上までの登り返しの開始です。 0902、橋 2280m 常願寺川源流の一つ、浄土沢に架かる橋を渡っての折り返し開始です。 0905、雷鳥坂分岐 剱御前小屋に向かう道と分かれ、奥大日岳に向かいます。 タテヤマアザミ 最盛期は過ぎて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190907奥大日岳 1

「概要」から見る 2019年9月7日 奥大日岳 7:30頃発のバスに乗り室堂ターミナルに向かいます。 天気が良く山並みが綺麗に見えるので、高原バスの中から撮影を始めました。 0746、大日連山 台形に見える奥の山が今日の目標、奥大日岳です。 0752、大日連山 弥陀ヶ原 下方向を展望しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190907奥大日岳「概要」

2019年9月7日 奥大日岳 立山にでも行って来ようかと提案したところ、それよりも奥大日岳は如何?と逆提案が有り、最近長くても登り2時間程度の山歩きしかしてない事を反省し、登り3時間程度の奥大日岳まで行って来る事にしました。 登山口は立山室堂平、7:00始発のケーブルカーに乗ろうと、5:30に立山駅に行ったのfですが、買えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190825大辻山 3完

「1」から見る 2019年8月25日 大辻山 1129、出発前に 1131、下山方向 1135、ミヤマシグレ実 1145、標識9、北尾根分岐 ここからは登りのルートから分岐です。 本道下山方向 1151、標識8 1200m 1154、標識7 1200m 標識7下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190625大辻山 2

「1」から見る 2019年8月25日 大辻山 0919、短く低い難所 1000m 掴み所が少ない岩の横に滝が有り、水量が多いと濡れてしまう所です。 0921、難所の上 1005m 0924、標識5 1015m 標識4は飛ばしてしまいましたが、4・5はすぐ近くに有ります。 0927、細く高い滝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190825大辻山 1

2019年8月25日 大辻山 少し暑さが緩んだとは言うものの、まだまだ暑いので白岩川ルートで登り、本道を降りてきました。 未だ夏の盛りと思っていたのですが、花は秋の花も混じって見られる様になっていました。 0839、登山口、林道標識10 900m 立山青少年自然の家から始まる林道標識10が今日の登山口です。 駐車スペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190715僧ヶ岳 3完

「概要」から見る 2019年7月15日 僧ヶ岳 天気が悪く頂上で楽しむ事も無いので、早めの昼食をして下山とします。 1037、下山前に 1855.5m ミツバオウレン 1046、タカネバラ 1021、ニッコウキスゲ群生地 1059、コイワカガミ 1115、旧道分岐 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190715僧ヶ岳 2

「概要」から見る 2019年7月15日 僧ヶ岳 宇奈月尾根に合流すると距離的には中間点辺りです。 0851、ニッコウキスゲ見え始める 1600m 今日はニッコウキスゲの作柄観察が主目的です。 残雪 ここでも今年は遅くまで残雪が有る様です。 モリアオガエルの卵? 0853、登山道脇のニッコウキスゲ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190715僧ヶ岳 1

「概要」から見る 2019年7月15日 僧ヶ岳 投稿が実行順にならない上、随分遅くなってしまいましたが、折角写真を撮りながら登ったので、写真だけでもアップしておきます。 0745、烏帽子尾根登山口 1280m 車は林道脇に駐車して準備を整え出発、天気は曇りから霧雨と言う感じでした。 0746、取り付き 刈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  9完

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 新穂高駐車場到着目標は14:45、果たしてどの程度の遅れで到着出来るか、予定より早くは無理な様です。 0944、弓折岳分岐から下り シナノキンバイ群生 ライチョウ 1001-1035、鏡池 1280m 皆さんは名物のかき氷を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  8

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 4日目、8月2日 最終日は下山のみですが、これがそう簡単には済ます事は出来ず、4日間では最長距離を歩かねばなりません。 4:30からの朝食に間に合わせ起床、食事後に準備を整え出発です。 0523、記念撮影 4日目ですが、まあまあ元気です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  7

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 先ほどの水鏡からここまで景色が変わらなかったので、撮影を手抜きしていました。 0639、オコジョ出没 発見してしばらくは見とれており、気づいて撮ったのですが写ってない様です。 0641、コバイケイソウ群生 尾根へのジグザグ急登に入ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  6

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 ブログ仕様変更に慣れないためか、Wi-Fiが不調なのか編集中の記事がUP出来ず、消えてしまう事が有ります。悔しいのでここに書いておきます。 3日目、8月1日 今日は今回の主目標の黒部五郎岳登山です。 0454、小屋出発前 2350m …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  5

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 8:45、頂上を離れて三俣山荘に向かいました。 降り口が2ケ所有った様な気がして探しましたが、1ケ所しか無くうろつきましただ、今回の三県境標柱と降り口記憶違いは何だったのでしょうか? 0858、巻道合流 水平道は上から見えているし、降り口の様な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  4

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 2日目、7月31日 4:30からの朝食に間に合わせ起床、食事後に準備を整え出発です。 '0540、出発前に小屋前で 0545、出発 ガスって遠望は有りませんが、雨は降らない様です。 0604、樅沢岳を背に 先ずは中道分岐に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  3

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 鏡平(2280m)で昼食休憩は11:25~12:10頃まで、15:00双六山荘目指して出発しました。 1230、少し登って振り返り、鏡平 樹林が途切れ草地になった所から振り返ると、ガスが切れて鏡平が見えていました。 1235、登山道 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  2

「1」から見る 2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 8:00頃登山道(1480m)に入り、すでに30分ほど登りました。 0834、登山道の様子 1時間以上この様な石畳の様に整備された道が続きます。 。 何か書いて有ったはずですが読めなくなっていました。 0842、登山道 振り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳  1

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 本編なのですが、説明を入れるのを省略、折角撮った写真なので、順番に記載しておきます。 7月30日 0523、車道下の無料駐車場 この時期は深夜でも早朝でも満車、下山者の多い15:00頃が空いてる可能性が有ります。 0548、ビジターセンター前 登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190727東一ノ越自然観察研修 3

2019年7月27日 東一ノ越自然観察研修 0913、観察中? トリカブト 0920、クロツリバナ 何枚も撮ったつもりでしたが、ピンボケと狙い外れでした。 白いツリバナ同様に5弁の花です。 大ヒョウタンボク 0929、ミヤマダイコンソウ ウラジロナナカマド?ナナカマドだったかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190727東一ノ越自然観察研修 4

2019年7月27日 東一ノ越自然観察研修 一旦投稿したものが消えてしまいました。 もう一度記事作成しています。 1037、出発前に展望 薬師岳 三俣蓮華岳-笠ヶ岳 水晶岳 タカネツメクサ 1044、急斜面残雪通過中 来る時に撮らなかったので帰りに撮りましたが、危険な急斜面残雪は2ケ所有りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190727東一ノ越自然観察研修 2

2019年7月27日 東一ノ越自然観察研修 未だ仕様変更したブログに慣れず、書きかけの記事を何度も消してしまい、嫌な思いをしながらも記事を書き直しており、次第に手抜きになっています。 一ノ越通過8:30頃以降の写真を載せていきます。 0833、頂上が雲に隠れた槍ヶ岳を見て東一ノ越へ 残雪は1週間前よりだいぶ少なくなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190727東一ノ越自然観察研修 1

2019年7月27日 東一ノ越自然観察研修 同期の自然解説員仲間が、登山と自然観察の研修をしようと立山東一ノ越に行って来ました。 当日は夏休みに入って最初の週末、立山ケーブルは長時間待ちが予想され、先行者が始発よりだいぶ早くから切符売り場に並ぶと云う対策をしました。 天気は晴れですが午後からは雨の予報が出ており、雨が降り出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要4」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 最終日になりました、今日は長丁場になりますが、予定より遅くなっても帰宅するのが遅くなるだけと思い、焦らず余裕を持って歩くつもりです。 8月2日 朝食は5:00からと言う事で、今までより少し遅いので、前日の夜に出発の準備を整えておき、朝食後出来るだけ早い出発が出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要3」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 8月1日 今日も4:30からの朝食に合わせ、4:00から列に並び朝食を終え5:00少し前に小屋出発、昨日とは違って登山口までの移動は有りません、 今日の歩き始めが2350mで、頂上がら2840mまで標高差500mの往復、下山後に三俣山荘までの移動が有ります。 取り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要2」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 7月31日 4:30からの朝食に合わせ、4:00から列に並び朝食を終え5:00少し前に小屋出発、昨日の内に今日の予定は鷲羽岳組と黒部川水源域組に分かれて行動する事になっていたので少し、余裕に思って中道ルートで三俣蓮華岳に立ち寄って三俣山荘に向う事にしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要1」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳 今回の山行目標は、黒部五郎岳を訪れる者と、黒部川源流を訪れる者と云う、目標が近い様で有りながら、達成しようと参加者の行程を考えると、1日余分にかかってしまう目標でした。 まず富山側から入る事は無理、新穂高から入って新穂高に降りるのが一番良いと言う事になり、1日目は双…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more