テーマ:高山植物

160924-25白馬岳 5完

「概要」から見る 2016年9月24ー25日 白馬岳 0820、下山開始 2380m 登りの時に景色を撮影して来たので、ポイント通過時のみ撮影して下山します。 0843、雪倉岳・朝日岳方向 0849、三国境 2720m これから少し降りると最低鞍部で、その先はアップダウン付きの辛い登り返しになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160924-25白馬岳 2

「概要」から見る 2016年9月24ー25日 白馬岳 1048、天狗の庭入り口 2030m 標高差600m弱、所要時間2時間弱、2012年にはここまで2時間20分を要したのですが、今回は荷物が軽いので、少し短時間で登れました。 1050、タカネバラ実 花は勿論無く実があちこちに見えていました。 1052、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160924-25白馬岳 1

「概要」から見る 2016年9月24ー25日 白馬岳 0844、蓮華温泉駐車場 駐車場は40-50台程度のスぺース、バス方向転換場が空いてるだけの満杯でした。 0858、蓮華温泉登山口出発 1470m 白馬大池テン場は水が豊富ですが、途中の水はここの水場で確保して出発です。 水場 0859、登山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160821弥陀ヶ原-天狗平研修「概要」

2016年8月21日 弥陀ヶ原-天狗平研修 信仰登山の痕跡と高山植物を研修するルート、弥陀ヶ原から獅子ヶ鼻岩経由で天狗平まで行って来ました。 高山植物の花時期は殆ど終盤で、多くは実物になっていましたが、それなりに研修が出来ました。 又、信仰登山の痕跡は、主目的の役の行者屈は取り付きのロープが見つけられずでしたが、箱折れ社や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160810千石城山 3完

「1」から見る 2016年8月10日 千石城山 1104、頂上から剱岳方向 767.6m ガスって展望無しですが一応1枚撮影し、休んで居れば風は涼しいので、汗が引くまで休憩し下山する事にしました。 1124、下山口のアオダモ これも大ボケになりましたが、今年はアオダモの実が少し実ってる様です。 1134.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160728-29薬師岳 5完

「概要」から見る 2016年7月28日-29日 薬師岳 8:50太郎平小屋出発、12:00登山口到着予定ですが、果たして3時間程度で降りる事が出来るのでしょうか。 0930、五光岩ベンチ 2190m 0950、登山道 2100m 朝から登り始めた登山者がぞくぞく出合う時間帯になりました。 この辺りから石畳道に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160728-29薬師岳 4

「概要」から見る 2016年7月28日-29日 薬師岳 夜中に外に出てみると星が輝き、あさの御来光は見えそうと思ったのですが、3時頃にもう一度出てみると、星は見えず見えるのは下界の夜景でした。 駄目でも仕方がない事にして3:40頃、頂上に向けて出発でした。 ガスっているので道がよく判らない所も有りましたが、ヘッドランプを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160728-29薬師岳 3

「概要」から見る 2016年7月28日-29日 薬師岳 薬師岳山荘まで累積標高差400程度、普通なら2時間かからずに登れるはずですが、どの程度で登る事が出来るのでしょうか? 1222、太郎平小屋出発 1330m 小屋からしばらく木道を進むと道は下りになり、50-60mの無駄を強いられます。 1242、薬師峠キャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160728-29薬師岳 2

「概要」から見る 2016年7月28日-29日 薬師岳 0851、三角点にて 1869.9m ここまで、まずまずの調子で登って来ましたが、苦しくなるのはこの先長く緩い登りかも知れません。 三角点を過ぎると登山道の傾斜は緩くなり、多少楽に歩ける様になった様な気分になりますが、楽になるのはしばらくだけ、やがて緩い傾斜なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160803立山雄山・浄土山 3完

「概要」から見る 2016年8月3日 立山雄山・浄土山 10;45、社務所前から下山開始 6日は下山時に登りと行き違いがスムースに出来ず、混雑が予想されるので、登りの時とは違う下山道を見定めながら降りる事にしました。 1107、三ノ越 1111、タカネツメクサ イワツメクサ 登りとは違う下りルートは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160803立山雄山・浄土山 2

「概要」から見る 2016年8月3日 立山雄山・浄土山 0858、ベンチ場 ミヤマアキノキリンソウ 0905、ミヤマゼンコ 0906m/、祓堂 小学校登山では、この辺りでも休憩を入れるつもりです。 0913、母恋坂ルート合流 雷鳥沢から一ノ越と言うか、テント泊した場合その反対にも使うルート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 7完

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 1025、小屋から下山出発 1034、キンコウカ 1056、古い木道 1059、モウセンゴケの花 1100、ミヤマママコナ キンコウカ 1112、ウスノキ 1122、ハクサンオミナエシ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 6

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 7月24日 0431、小屋前から剱岳 0446、大日岳頂上 0448、大日岳頂上から剱岳 0150、大日岳頂上から薬師岳方向 0954、剱岳 0508、日の出直前 0511、日の出 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 5

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 1401、 1403、チングルマ 1430、七福園 1434、七福園 1446、中大日への木道 1449、中大日岳 1451、ハクサンシャクナゲ 1452、大日小屋の上 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 4

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 1228、奥大日岳から大日小屋に向う 1233、ミヤマゼンコ ミヤマヤマブキショウマ ミヤマダイコンソウ 急坂下り 1235、ウラジロハナヒリノキ 1246、ミヤマトリカブト 1250、キヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 3

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 0922、新室堂乗越から地獄谷 0924、ミヤマリンドウ 0934、ガスって来ました 0939、室堂乗越 1007、 1009、ハクサンフウロ 1025、カガミダニ乗越 剱岳は雲の中 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 2

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 0839、テン場から奥大日岳 0851、称名川から上流 0852、オクヤマガラシ ヤマガラシ 0853、ミヤマキンポウゲ 0854、 0855、キレハノハクサンボウフウ 0856、ハクサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名縦走研修 1

「概要」から見る 016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 下見の時に記録を書いたので、写真の羅列だけでもUPし記録としてておきます・ 0743、玉殿湧水前 奥大日岳 0752、モミジカラマツ みくりが池 0754、ライチョウ写ってますか? 0758、立山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160803立山雄山・浄土山「概要」

2016年8月3日 立山雄山・浄土山 今年一度も立山頂上に登っていないので、4―5日の小学校登山の引率下見として登ってみました。そのついでに、11の室堂山ジオツア―ガイドの下見として浄土山経由で室堂山にも廻って来ました。 立山ですが、今が夏山最盛期で花多く天気も安定して最高の山を楽しめるのが普通のはずですが、今日は1日中曇り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160728-29薬師岳「概要」

2016年7月28日-29日 薬師岳 以前一度、荏原山歩会で薬師岳山行をしたのですが、その時は太郎小屋で宿泊中に雨に会ってしまい、登頂断念して下山し、その後はメンバーも力が着いて、個人で薬師岳登山程度は出来る様になり、会として薬師岳登山はして来ませんでした。 寄る年波で、もう会として薬師岳山行は計画しても参加者は無いと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160723-24室堂-奥大日岳-称名本番「概要」

2016年7月23―24日 室堂-奥大日岳-称名縦走研修 7月10日に下見して来たルートの縦走研修の本番に行って来ました。 メンバーは富山県自然解説員(ナチュラリスト)で、立山室堂平で解説するに当たり、見える山を紹介解説に当たり、一度も訪れた事が無いではまずいのでは?と言う事で、一度このルートを歩き自然観察をしておこうと計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名 6完

「概要」から見る 2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 昼食休憩は早めに切り上げ、疲れ具合の関係と時間の関係で大日岳頂上には登らず、下山に取り掛かりました。 大日平の木道始りまでは登山道が荒れているので、目標所要時間は2時間です。 1401、下山出発 出発した時はガスっていましたが、少し下ると下方向のガスは晴れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名 5

「概要」から見る 2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 1114、奥大日岳頂上から剱岳 2606.1m 三角点の頂上より最高点の頂上の方が展望は良いはずですが、三角点の頂上に登るのが普通です。 立山 薬師岳や北アルプス名峰 大日小屋や大日岳 10分ほど休憩し奥大日岳を後にしました。 取り合え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名 4

「概要」から見る 2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 室堂乗越から先は尾根歩きが基本で、所々で斜面トラバースをまじえ、さほどの急傾斜も無く登って行けます。 0954、室堂乗越から立山 2350m 立山からは次第に離れて行きます。 毛勝連山は次第に立派に見えて来ます。 1002、登山道 2390m …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名 3

「概要」から見る 2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 室堂平から雷鳥沢まで一旦下り、川を渡ると登り返しになり大日岳の花畑に入ります。 0903、ミヤマキンポウゲ キャンプ場通路脇に群生していた花ですが、以前はチングルマの群生が有った様に思いましたが、今回は見えませんでした。 ミヤマキンバイ 090…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名 2

「概要」から見る 2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 0815、室堂ターミナル屋上から立山 今日一日は晴れの良い天気の予想で、日中は特に良くなり午後は少し下り気味予想ですが、少し雲が出手来ている様です。 0818、室堂ターミナル付近の人 ケーブルカーあ混んでいましたが、ここはさほど混んでいない様です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160710室堂-奥大日岳-称名「概要」

2016年7月10日 室堂-奥大日岳-称名 7月5-6日と1泊で行こうとしたのですが、未だ小屋の営業をしてないので泊まる事が出来ず、天気も良くなかったので日帰りも室堂宿泊でも行く事が出来ず中止にしたのですが、仲間に日帰りで一緒に行ってくれるか聞いたところ、こころよく行ってくれ復活した山行です。 この山行ルートは、23日に行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160705吉峰は蚊だらけ 3完

「1」から見る 2016年7月5日 吉峰は蚊だらけ 1545、キノコ カバイロツルタケかな?それとは違う毒キノコかな? 色は違うしツバが着いてるから毒系の様ですね 1546、サジガンクビソウを撮ったつもり 咲いてる? 1551、休憩施設 日中は自由に使う事が出来る建物が有ります。 トイレは少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160705吉峰は蚊だらけ 2

「1」から見る 2016年7月5日 吉峰は蚊だらけ 1528、遊歩道 1530、倒木 草はさほど茂っていないのですが、倒木の多い所が有って片付けてないので、他の枯れた木も倒れて来ないかと不安になります。 1531、遊歩道 1533、遊歩道 アーバンタワーが見えて来たので撮ったのですが、写真を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

160624尖山 4完

「1」から見る 2016年6月24日 尖山 1121、下山開始 しばらく休んで下山開始です。 1124、夏椿峠道分岐 夏椿道は急で滑るし、同じ道より異なる道と言う事で、下りは本道を使います。 道はジグザグに切られ、登るにも降りるにも適当な傾斜の登山道です。 1130、千垣山鞍部 ここで道は尾根から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more