テーマ:高山植物の参考 タ行

登山道の花(参考花) トサミズキ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ マンサク科 低木 黄 その他集合 5枚(裂 春先~春 「参考花」自生では高知県のみに分布し、蛇紋岩地帯や石灰岩地帯などに生育する、普通は公園や庭によく植えられ、盆栽、切り花にされる、背丈2-3m程度になる落葉低木。 若枝はジグザグに曲がりながら細い枝を多数出し、葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) トクサ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ トクサ科 多年草 その他色 穂状集合 初秋~秋 「参考花」本州中部以北に分布し、山野の湿地に生え、背丈30-100cmの常緑のシダ植物。これは薬草園で撮影した。 地上茎は中空で、暗緑色で直立し、径は5-7mm程度。 茎は硬く、表面に15~25本の稜があって、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) トキワハゼ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ゴマノハグサ科 一・二年草 青系白~青紫 2枚(裂・唇形 春~初夏 「参考花」沖縄を含む日本全土に分布、道端や畑地などで見られ、やや斜上に伸びたり、直立して伸び、背丈10-20cm程度。 下葉は根生葉の様に見える長いへら状、茎の葉は小さく楕円形で、下部は対生し上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) トウバナ花・比較表

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ シソ科 多年草 赤紫系白~赤紫 円錐・総状集合 初夏~夏 「参考花」本州から南、沖縄まで広く分布し、平地の田の畦など人里に生え、背丈20-30cmほど。 花は5-8月頃、茎途中の葉脇や先端に数段輪生して穂状になり、白~淡赤紫色で唇形、3-5mm程度の小花を付ける。葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ドウダンツツジ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ツツジ科 低木 白 壷・釣鐘 春~初夏 「参考花」自生のものは、本州の南部から九州に分布し、岩場の温暖な場所に生えるとされるが、自生はほとんど無く、園芸品として栽培が多い。背丈は2m程度になる落葉低木。 花期は4-5月、花はやや総状になり、釣鐘形5mm程度の白色の花を沢山咲か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) テッポウユリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユリ科 多年草 白 6枚(裂 夏~秋 鹿児島県の屋久島辺りから沖縄県に分布し、海岸や崖などに生え、 草丈は50-100cm程度になる球根性の多年草。園芸品として全国に植えられている。 かなり上部まで枝分かれをしない茎に、茎全周に葉を互生し、長っさ10-15cmの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) テリハノイバラ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ バラ科 蔓性木 白 5枚(裂 夏 「参考花」本州から九州に分布し、大きな河川の河原や、里山下部の日当たりの良い草地に生える蔓性木。 葉は奇数羽状複葉で、小葉は5-9~9枚、広倒卵形から倒卵状楕円形、縁には細かい鋸歯が有り、先端はやや丸みが有る。 裏表とも毛が無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツワブキ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 多年草 黄 多数枚(裂 秋~晩秋 「参考花」日本原産で、福島県海岸・北陸南部海岸から沖縄県に分布し、富山などでも庭の花として育つが、暖かい地方では海岸の崖や疎林の中、道端などに自生し、背丈20-50cm程度になる常緑多年草。 フキの様な形の葉で表面に艶が有り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツルマンネングサ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ベンケイソウ科 多年草 黄 5枚(裂 初夏~夏 「参考花」古い帰化植物と云われ、北海道から九州に分布し、道端や土手のコンクリートなどに群生して生えているのを見る事がある。背丈10~15cm位の多年草。 赤みかかった細い茎に多肉質で細楕円形の葉が3枚輪生して付く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツルマメ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ マメ科 一・二年草 赤系白~赤紫 2枚(裂・唇形 夏~秋 「参考花」本州から九州に分布し、明るい草地や道端などにえ、茎は蔓性で長く伸びて繁茂する一年草。 茎は細く下向きの毛が多く強い。葉は三葉で両面に短毛が有り、小葉の大きさ4-8cmの狭卵形で、先端は円頭が多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツルボ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユリ科 多年草 赤紫系白~赤紫 穂状集合 初秋~秋 「参考花」北海道から南西諸島に分布し、畑地や他の畦や土手などに生え、花の背丈30cm程度になる多年草。 2-3cmのラッキョウの様な鱗茎が有り(有ったと思う)、春の葉は線形で長さ5-10cm、幅4-5mmで密に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツルニチニチソウ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キョウチクトウ科 多年草、草状低木 青系白~青紫 5枚(裂 夏 「参考花」地中海沿岸地方原産の帰化植物で、園芸品として栽培され、時には野生化して広がっている事がある、常緑多年草(又は常緑草状低木)。 茎は最初直立するが次第に倒伏して、蔓状になって這って伸び、葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツルウメモドキ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ニシキギ科 蔓性木 黄緑系白~緑 その他集合 春~初夏 「参考花」沖縄を含む日本全国に分布、平地から低山の林内などに生え(500m以上で見た事は無いが、これは200m辺りで撮影した)、5m以上にも伸びる落葉蔓性木。 雌雄異株で、葉腋に1-3個の雌花、または1-7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) ツメクサ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ナデシコ科 一・二年草 白 5枚(裂 春~夏 「参考花」沖縄を含む日本全国に分布、道端や庭、コンクリートの隙間などに生え、人に踏まれてペシャンコになりながらでも育つ、踏まれない様な場所では20cm程度までになる越年草。 茎は根元から四方へ広がり、葉は線形で厚みを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) チョウセンニンジン

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ウコギ科 多年草 赤 実・種 初秋~秋 「参考花」中国東北部や朝鮮が原産地で、日本では自生はせず、一部で栽培されており、背丈70cm程度になる多年草。 葉は長い柄を持ち、大きさ20-40cm掌状5裂、トチに似た葉を輪生し、中心部からひょろりと伸びた茎の先端に、球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) チチコグサモドキ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ キク科 一・二年草 その他色 その他集合 初夏~秋 「参考花」北アメリカ原産の帰化植物。日本の各地に分布しており、空き地や畑など明るい草地に生え、背丈10-40cm程度になる一年草。 葉はへら状で先は丸く、両面ともに綿毛が多く、灰白色を帯びて見える。 花期は5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) チダケサシ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユキノシタ科 多年草 赤紫系白~赤紫 円錐・総状集合 夏 「参考花」本州から九州に分布し、普通は里山の草地に生え、背丈1m程度になる多年草。 葉は2回3出複葉が多く、不揃いの鋸歯になっている。ヤマブキショウマの様に、葉脈が綺麗な平行線にならない。 花は花色が淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) チゴザサ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ イネ科 多年草 その他色 円錐・総状集合 夏 「参考花」北海道から沖縄まで分布し、水田周囲や放棄田など湿地に生え、背丈40-50cmになる多年草。 茎が地表を葉って広がり、節から根を出して増えるので、群生するのが普通。 葉は薄いが硬く、長さ5-8cmの披針形か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) チガヤ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ イネ科 多年草 白 穂状集合 春~初夏 「参考花」沖縄を含む全国に分布、平地から里山のススキの生える様な場所(同居はしないらしいが)に生え、背丈30-60cmになる多年草。 野原に群生し、背の低いススキの様な葉で、白い綿毛の様な穂を、風にたなびかせている姿が目立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) タネツケバナ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ アブラナ科 一・二年草 白 4枚(裂 春~初夏 「参考花」沖縄を含む日本全土に分布、平地から里山の田や湿った道端などに生え、背丈20-40cmになる越年草。 茎はやや倒れる傾向にあり、葉は奇数羽状複葉、小葉は細い楕円で、花時期には根生葉が無い。 花期は4-6月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) タチヤナギ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ヤナギ科 小高木 黄 穂状集合 春先~春 「参考花」北海道から九州に分布、里から里山の湿原や河原に生え(標高30m程度の河原に生えていた)、背丈は高い物で10m程度になる落葉小高木。 雌雄異株で、この花穂は雄花か、雌花はこの様に黄色く目立つ事は無いはず。葉は楕円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) タチイヌノフグリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ゴマノハグサ科 一・二年草 青系白~青紫 4枚(裂 春~初夏 「参考花」明治初期にヨーロッパからの帰化植物とされ、平地の荒れ地に生育し、背丈10-15cmの越年草。 茎は下部で分岐し、上部は立ち上がる。茎も葉も全体にが毛に覆われており、近付いて撮影すると、毛だら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) タチアオイ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ アオイ科 一・二年草 赤紫系白~赤紫 1枚(裂 初夏~夏 「参考花」室町時代に薬用として渡来した帰化植物。 今は北海道から沖縄まで園芸用として、庭先や畑のすみ小さな空き地などに植えられ、背丈3m近くになる越年草。 葉は大きさ15-25cm、浅い掌状になり、毛が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登山道の花(参考花) タカサゴユリ

検索ページへ/一覧表へ/富山橋トップへ ユリ科 多年草 白 多数枚(裂 夏~秋 「参考花」台湾原産の帰化植物、観賞用に導入されたものが、野生化し南日本から順に各地の車道のり面などに急拡大している。背丈2m近くまでになる多年草。 茎も葉も無毛で、葉は茎周囲に互生し、長さ10-20cm程度、幅4-8mm程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more