テーマ:雪山

190503中山 4完

「概要」から見る 2019年5月3日 中山 133、クズバ山鞍部からクズバ山方向 1130m 下山方向 沢の中心を降りると、残雪が途切れ険しい所が有るので、少し右寄りの斜面との境辺りを降り、登山道沿いを降りると、残雪が途切れる事が無く降りる事が出来ます。 1136、ブナクラ峠展望 降りる先に見える目立つ場所は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190503中山 3

「概要」から見る 2019年5月3日 中山 1017、稜線尾根の残雪 稜線は残雪続きだろうと思ったのですが、ここも所々で残雪が途切れていました。 眼下の白萩川とブナクラ谷 1025、尾根の残雪 残雪の多い所ではこの様な所も有ります。 1029、中山頂上から剱岳 1255.2m 頂上の残雪は、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190426-28立山室堂平解説業務

2019年4月26日-28日 立山室堂平解説業務 今年も立山室堂で、富山県自然解説員の解説業務が始まりました。 私の担当は初日の4月26日から28日までの3日間でしたが、26日は雨、27日は雪と天候が悪く、28日のみ好天になりましたが、何となく不完全燃焼で終わった立山室堂平解説業務と言う感じでした。 26日午後の1回の解説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 3完

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 1130、頂上から展望 取り合えず展望写真を撮り、その後ツェルトに入り昼食休憩です。 大辻山 剱岳・大日岳 剱岳 毛勝連山 僧ヶ岳・駒ヶ岳 アップ写真 剱岳 大日岳 毛勝連山 いつもと同じルーチンで昼食休憩でしたが、いつもより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 2

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 1007、釜池-高峰山分岐から高峰山林道 高峰山-釜池分岐標識が有りますが、そこはショートカットで高峰山林道に入り、高峰山登山口を目指します。 1009、池 鍋冠山の時は、しっかり雪に埋まっていた池でしたが見え始めていました。 1017、林道 もう少しの林道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山 1

「概要」から見る 2019年4月6日 高峰山 0850、車引き返し点 ここだけの残雪で、ここを突破したら先は道路が見えるかと思いましたが、これから先は残雪になっていました。 0908、駐車場所出発 200‐300m戻って広い場所に駐車し林道歩き開始でした。 0917、車引き返し点 0925、林道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 5完

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 1301、下山前に 1421..3m 剱岳は雲に隠れ初めていました。 大日岳は未だ見えています。 1304、七姫山・大辻山方向 大辻山が良く見える所まで移動し撮影してみました。 1316、1300m辺りから七姫山・大辻山方向 1319、下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 4

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 1024、1190mピークから臼越山方向 地形図を見ると10mほど降りての折り返しになり、今まで登って来たより急坂を登ります。 斜面は細ブナ疎林と所々にスギが有りますが、展望は良さそうです。 1035、急登 この辺りが一番急斜面と思われますが、何時もの様に急登は見上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190406高峰山「概要」

2019年4月6日 高峰山 簡単な山へちょこっと行って来る事にして、高峰山を選んでみたのですが、ちょこっとどころか結構な時間と体力を要し、危険個所も有ると言う山歩きになってしまいました。 今年は残雪が少ないとは言え、登山口まで車で入る事が出来るとは思っていませんでしたが、骨原から林道に分岐して1Kmほど入った所で積雪のため通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 3

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 0947、1100m休憩場所から振り向いて 美女平駅が見えてウますが、今日の歩き始めは立山駅より少し下、今は美女平駅より100mほど高い所にいます。 0953、前大日岳方向 右の人津谷対岸に前大日岳が有りますが、頂上が見えるかどうかは判りません。 1003、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 2

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 発電送水施設からは林道歩きを止め平坦地に登り、林道をショートカットして稜線の1190mピークから延びる尾根に向いました。 0853、林道ショートカット 斜面の何処を登っても林道や尾根に出合うのですが、下から見て鞍部が見える所に向け登りました。 そこには下山したと思える薄い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山 1

「概要」から見る 2019年3月26日 臼越山 0724、藤橋ゲート 410m 立山黒部アルペンルート開通は4月中旬なので、一般車通行止めですが除雪は進んでいる様です。 ここから2Kmほど除雪された舗装路を歩きます。 駐車場 多くの車が有りますが、工事作業員の車の様です。 0756、七姫平 590m 積雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 4完

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 1204、下山出発 頂上に戻ってみると、やはり赤祖父山から下山して行った踏跡が有りました。 が、我々のツェルトは見えなかったはずと思っています。 頂上標識 下山方向 1215、稜線から扇山登山道に分岐 1221、急斜面 下山時はだいぶ雪質が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 3

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 1037、ブナ林 登って来た登山道は杉植林に覆われていましたが、杉植林されていなかったらこの様なブナで覆われていたはずです。 1040、樹氷のブナ林 1043、樹氷のブナ林 1047、樹氷のブナ林 透き通ったエビの尻尾になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 2

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 0942、本道 本道に入ると少し積雪が続き始めました。 雪質は表面が凍って硬く歩き易い雪質でした。 0953、登山道から砺波平野 未だ残雪の無い所も有りますが、思っていたより積雪が多い様に感じました。 1000、急登の登山道 急登は溝の様になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山 1

「概要」から見る 2019年3月23日 赤祖父扇山 0843、福寿草経由の登山口 この説明板の後ろから登り始めますが、道は消えそうになっています。 車でここまで入る事が出来る事は知っていましたが、他に2台の先行者の車が有って、少々驚きでした。 0850、観賞帰りの2人 花観賞が終った2人組が下山して来ましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回 4完

「概要」から見る 2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 1225、下山前に 休憩は1時間ほどが定時、もう一度景色を撮ってから下山開始です。 下山方向 頂上から登って来た方向に下り、鞍部から積雪を拾いながら降りる事が出来そうな所を探します。 1230、二子山 1242、鞍部から下り なんとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回 3

「概要」から見る 2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 1020、日尾双嶺山へ移動開始 736m 残雪は続いていますが藪も出ており、あっちに行ったりこっちに来り、藪を除け状態の良い積雪を拾い進みました。 1026、鞍部 途中に700mピークが有り、一旦鞍部になり少しの登り返しが有ります。 1035…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回 2

「概要」から見る 2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 0932、徒渉後の急登開始 渡渉すると急勾配ながら杉植林になっており、植林地右の広葉樹林との境界を直登します。 0947、630m 沢沿いを登っていた時は結構残雪が有ったのですが、徒渉して急登に変ると残雪が少なく、最近降った新雪が少しと云う感じでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190326臼越山「概要」

2019年3月26日 臼越山 尖山に登っていたら、最近七姫山に登ったとか、臼越山と七姫山に登ったとかと言う話を何回か聞きました。 私も臼越山と七姫山に行って来たいと思ったものの、それは体力的に無理と言う事で、七姫山より少し標高の高い臼越山だけに登ってみる事にしました。 この時期、藤橋ゲートまでしか車で入る事が出来ないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回 1

「概要」から見る 2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 0827、駐車場所・登山口 300m 小坂に入ると車道が広くなり、左を見て進むと使われなくなった車道分岐に登山口標柱が有り、その手前に道路が広くなった所が有るので駐車します。 登山口 0832、車道から農道跡に分岐 標識から車道跡を登ると民家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190323赤祖父扇山「概要」

2019年3月23日 赤祖父扇山 扇山と云うのが本当ですが、この辺りに赤祖父山や赤祖父池や赤祖父川などが有るので、有名な赤祖父を冠して扇山としました。 先日はフクジュソウ観察と丸山に行って来たのですが、その時は丸山だけ書いたので、どこの山か判らなかった人が居た様ですが、丸山は赤祖父丸山と言う事になります。 さて、先日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190318二子山-日尾双嶺山周回「概要

2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回 民放のみんなの山歩き再放送が有り、その放送をちらっと見たので行ってみようかと思い、同行者に聞いてみたところ行った事が無い2人と行った事有り2人だったので行く事になりました。 今年は積雪が少なく登山道の有る二子山は行けても、登山道の無い日尾双嶺山は無理かも知れないと思ったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山 1

「概要」から見る 2019年3月9日 高落葉山 0727、駐車場から 振り向いて袴腰山 0728、登山口 建物裏から登るのが普通ですが、残雪は無かったので旧登山道に入りました。 0740、残雪 10分ほど登ると残雪がつづく様になり、その残雪も程度に凍って歩き易い雪質でした。 0746、もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 5完

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 1234、下山出発前に 昼食休憩前より雲が少なくなった様に見えたので、もう一度展望を撮影してから下山開始です。 金剛堂山高原、中金剛・奥金剛方向 御嶽山 乗鞍岳 笠ヶ岳・穂高岳 北ノ俣岳、その上に水晶岳の頭が少し 立山連峰 白木峰 三ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 2

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 夏道に合流するとしばらく水平道が有ります。 0819、ブナ大木 1020m 中が空洞になった大木で幹がしっかりしていたら幹周4.5m近く有ったかも知れません。 この大木に出合ったら登山道は再び急坂登りになります。 0827、ブナ林 1060m 斜面はブナ林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190305金剛堂山 1

「概要」から見る 2019年3月5日 金剛堂山 0720、スキー場跡ゲレンデ方向 750m スノーバレー利賀スキー場は何年も前から営業してないのですが、スキー場下の建物まで除雪して有り、その下の駐車場も広く除雪して有ります。 駐車場 先行者の車か我々以外に2台の車が駐車して有りました。 7024、取り付き口 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190302粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 5完

「概要」から見る 2019年3月2日 粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 1328、下山尾根 1270m 夏道沿いではなく尾根を降ります。 雪面にかかとが適度に喰い込み快適に下山出来ました。 1336、1110m 所々に天然の杉巨木が有り、良い雪質が続き快適に降りる事が出来るので、先行者の踏跡が尾根から左に降りていても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190309高落葉山「概要」

2019年3月9日 高落葉山 1月30日につづいて今積雪季2度目の高落葉山に行って来ました。 その時に比べ積雪はかなり少なくなってるはずで、雨の日も多く雪質も硬く締まって来て、カンジキなど無しでも登れるはずですが、スキーで登っても滑る楽しみは無さそうなので、今回もカンジキ携帯で行く事にしました。 雪質の関係で足元が良ければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

190302粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 1

「概要」から見る 2019年3月2日 粟巣野-大品山・瀬戸蔵山周回 無雪期はこのルートで周回する事が多いのですが、積雪期の今このルートで行く事はあまり有りません。 多くの人は、隣のスキー場リフトで1000mまで登り、瀬戸蔵山経由で大品山に登ります。 0827、粟巣野スキー場駐車場 600m スキーリフトに登山者は乗せな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more