200209千石城山冬ルート 2

「概要」から見る
2020年2月9日 千石城山冬ルート

1055、450m登山口
近くに駐車場が有り、無雪期は一番登山者の多い登山口です。
1055Sgo153

1107、第一鉄塔 480m
1107Sgo154
鉄塔の先の杉植林
杉林下は積雪が少なめになるので、杉林上端まで私が先頭ラッセルを試みます。
1107Sgo155

1119、夏道分岐
夏道方向
こちらに登った方が早いかも知れません。
1119Sgo156
冬ルート方向
十分の積雪量と見て迷わず冬ルートに入りました。
1119Sgo157

1142、杉植林上端 570m
ここで先頭ラッセルを交代、12:00も近いし。30分で50m程度しか進めないほどのラッセルなら諦める話をしました。
1142Sgo158

1212、ラッセル 610m
1212Sgo159
振り向いて
30分で100mほどの前進、12:00も過ぎましたが、ここで諦めた跡が残し後日に登る人に見られると、かなり恥ずかしいと云う事で、諦める事は諦め、前進のみとしました。
1212Sgo160
しかし、この先は向かう所に藪が茂り始めて進路を阻み、自然の落とし穴やら壁の様な急斜面に出会い、私も少しだけですが交代してラッセルしますが、遅々として進まない状態が続きました。

1241、振り向いて高峰山 630m
20m標高を上げるのに30分ほどかかっています。
1241Sgo161
前方
積雪は1m程度かも知れませんが、急登ラッセルしてみると胸までも積雪がある様に感じます。
1241Sgo162

1309、650m
夏道の尾根はすぐそこですが、前方に藪と急登が残りなかなか前進出来ません。
1309Sgo164
1309Sgo163

1331、夏道に合流 665m
やっと夏道に出会い、早月川から剱岳方向が展望出来ました。
杉林上端から夏道の尾根まで100m登るだけで、2時間ほどを要してしまいました。
1331Sgo165

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント