190730-02三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳「概要3」

2019年7月30日ー8月2日 三俣蓮華-鷲羽-黒部五郎岳

8月1日
今日も4:30からの朝食に合わせ、4:00から列に並び朝食を終え5:00少し前に小屋出発、昨日とは違って登山口までの移動は有りません、
今日の歩き始めが2350mで、頂上がら2840mまで標高差500mの往復、下山後に三俣山荘までの移動が有ります。
取り合えず小屋に戻るのは11:00頃を目標です。
Grg201.JPG
そんなに順調に進む事が出来るか?と思って登り始めましたが、1時間ほど歩いてみると1500m辺り、未だ先は遠くに有るはずですが、何となく出発当時より行けそうな感じが強くしていました。
Grg209.JPG
Grg214.JPG
廻りの景色は氷河カルデラ独特の景色と云うのでしょうか、大岩が所々に有りその周囲は背の低い木か草原になっており、見上げれば岩壁の黒部五郎岳と云う感じです。
Grg213.JPG
カール内は水も豊富で、2600m辺りまで水流の近くを登り続け、その辺りまでは急登は無く、順調に登る事が出来たので、頂上までも目標より早く届くと確信しました。
Grg216.JPG
尾根に登るジグザグ急登もさほど辛い思いをせずに登り切り、頂上と太郎小屋への分岐に着いたのは7:10過ぎ、頂上に着いたのは7:30少し前と、目標より早い到着でした。
Grg218.JPG
Grg220.JPG
頂上では景色を楽しんだり記念撮影をしたり、30分ほど過しました。
Grg221.JPG
下山開始は8:00少し前、下りは植物観察やら地層観察をしながら下山、小屋には予定より早く10:00前に下山する事が出来、ゆっくり昼食休憩をする事が出来ました。
Grg224.JPG
Grg225.JPG
Grg230.JPG
Grg235.JPG
Grg238.JPG
黒部五郎小舎から三俣山荘までの移動出発も、予定より早く11:10過ぎでしたが、小屋から200mの登り返しで少々疲れが出て、ゆっくり歩きになったのと、途中の植物観察にも時間を取ったので、小屋到着は予定通りの14:30頃でした。
Grg239.JPG
Grg240.JPG
Grg246.JPG
Grg253.JPG
この日は早い時間の小屋到着だったので、少し乾杯の回数も多くなってしまいましたが、明日の長丁場に備え早い時間の就寝でした。

「概要4」につづく

この記事へのコメント