190715僧ヶ岳「概要」

2019年7月15日 僧ヶ岳
ブログの仕様変更が有りバグも多く不安定で、しばらく投稿しないでいました。
未だ不調な事も有る様で不満の意見が出ており、 私も不満が有りますが、近い内に不満解消の見込みも無い様なので、投稿を再開してみて不満箇所を確認してみたいと思います。
今回の仕様変更は、ユーザーのためと言うより、運営に都合の良い様に何処かのブログ仕様をコピーしてる所が多く、以前の仕様で投稿した記事に不都合が発生していますが、不都合はユーザーで対応して下さい的な所が有り、私の場合は以前の記事が多いので対応不可能です。
さて、文句を言うのはこの程度にして、僧ヶ岳に売って来たので、その記録をUPしてみます。
行こうと決まったのは14日の夜でしたが、不参加が出てしまい決行したのは私1人でした。
朝6時過ぎに我が家を出発、天気はどんより曇りで時々霧雨が降る感じで、登山口までの道中は路面の濡れた所有り乾いた所有りの状態でした。
宇奈月温泉駅近くから林道に入り、狭いながら舗装された林道を40分以上も走り、1280mの烏帽子尾根登山口に7:45頃到着でした。
先行者の車が5―6台、駐車広場にスペースは無かったので、林道幅の広い場所に駐車、準備を整えて出発したのが7:50頃、天気はカッパの要らない小雨と言えば良いのか、ガスの中なので曇りと言えば良いのか、と言う感じでした。
Sgt101.JPG
登山道は刈り払って広く緩い傾斜で登り始め、所々にアップダウンは有るものの、大きな下りは無く1400m辺りまで快適に登る事が出来、それから上も少し急坂になるものの効率良く登り事が出来ます。
Sgt105.JPG
1590m辺りまで登って宇奈月尾根道に出合い、今までの登山道とは雰囲気が違って、草付きの場所にニッコウキスゲなどがが見え始めて来ました。
Sgt121.JPG
Sgt126.JPG
その後は樹林の背丈が少しづつ低くなり、霧に景色を消されながらも、例年には見られない残雪が見えたりしていました。
Sgt124.JPG
標高1640m旧道分岐に出合い、今回一番の急登を少し登ると1600mのピークになり、そこから少し降りた所にニッコウキスゲの群生地が広がっていました。
Sgt147.JPG
今が丁度盛りと言う感じで、作柄は白木峰より少し花は多目の、平年並みの中~上と言うところでしょうか、去年見た人の感じでは去年より少ないとの事でした。
Sgt149.JPG
9:30頃、ガスが濃くて写真は綺麗に撮れませんが、しばらく撮影を試みた後、頂上に立ち寄り早い昼食を終え下山する事にしました。
Sgt152.JPG
9:50頃から10:40頃まで昼食休憩、次第に霧雨が雨に変りそうでしたが、カッパは着ないでザックカバーだけして下山開始しました。
Sgt154.JPG
下山は特に撮影する物も無くとっとと下山、12:00頃に登山口に降りてしまいました。
Sgt207.JPG
本編につづく
GPS軌跡
僧ヶ岳-map2.jpg

この記事へのコメント