牛岳自然観察 4完

「概要1」から見る
2019年5月12日 牛岳自然観察

下山は二本杉登山口経由で三本滝登山口ルートですが、ここも自然観察しながらの下山です。

1232、下山ルートへ
下山に取り掛かろうとした時、早速同定出来ない木の新芽が有り、さっさと下山出来そうにありませんでした。
1232Uks148

1245、ブナ
下山路も途中までブナ林に覆われており、ブナ新緑を見ながら降ります。
1245Uks149

1251、鍋谷平ブナ林
細ブナ林ですが、ここがルート中で一番のブナ林で、鍋谷平ブナ林としてネットなどで紹介されています。
1251Uks150
1251Uks151
1252Uks152

1316、4等三角点
以前から有ったのか最近新設されたか判りませんが、新しい三角点が有り標識まで設置してあります。
1316Uks155

1327、スミレサイシン
登りでは葉になっていましたが、ここでは未だ花が見られました。
1327Uks156
エンレイソウ
雪解け直後の花も咲いていました。
1328Uks158

1330、二本杉登山口
自然観察は省略して早めに歩きましたが、登りと同じ程度の所要時間で降りました。
1330Uks159
クロサンショウウオの卵塊
毎年産卵する場所の様で今年も見えていました。
1331Uks160
少し休憩後、三段滝登山口に向い下山開始しました。

1339、サンカヨウ
下り口に咲いていました。
1339Uks162
ミヤマカタバミ
富山県西方面ではこの色ですが、東では白が普通です。
1340Uks163

1349、崩落個所
崩落直後はかなり危険に見えましたが、今はだいぶ落ち着いている様です。
1349Uks165

1354、キバナイカリソウ
今までも見られましたが、撮影していなかったので、ここで撮ってみました。
1354Uks167
1354Uks166

1403、オオバタネツケバナ
コバノオランダガラシ(クレソン)と同定する人もいました。
1403Uks169
ミヤマキケマン
1405Uks170

1421、ミツバアケビ
黒い花が特徴の三枚葉アケビです、この辺りでは普通の五枚葉アケビは見られません。
1421Uks171
1421Uks172

1424、鉄階段
滝の音が大きく聞こえて来ると、急傾斜の斜面にこの様な鉄階段が何本か設置して有り、やがて滝が見えて来ます。
1424Uks173

1432、三段の滝
木の葉が茂ると三段の全容も良く見えませんが、木の葉が少ない時は三段より上の滝まで見る事が出来ます。
1432Uks174
1433Uks179

1441、観察
滝の近くもいろいろの植物が有るので、簡単に登山口に出る事が出来ません。
1441Uks181
ツリバナ
1445Uks183
キジムシロ
1445Uks184

1446、三段の滝ルート登山口
ここから登り始める人は多くはないのですが、ここに車を置いて周回して来る人の車が有ります。
我々は林道脇の自然観察もするので、ここに車は置きませんでした。
1446Uks186

1452、展望台から
今降りて来たルートが見える訳では有りませんが、豊かな広葉樹に覆われた牛岳の山容が見えています。
1452Uks188
1452Uks187
この後、1.7Kmの林道歩きが残っていましたが、緩い下りで歩き易く林道脇の自然観察も楽しめたので、林道歩きも苦にならずに駐車場所に戻る事が出来ました。


この記事へのコメント