牛岳自然観察 3

「概要1」から見る
2019年5月12日 牛岳自然観察

0950、6合目から展望
樹林が切り開いて有り、少し下方向が展望出来る様になっています。
おやつを口に入れて休憩、尾根道に入りました。
0941Uks121

0952、ロープ場の急登
大した急登ではないのですが、足元が滑り易いので急登に感じる場所が有ります。
0952Uks122

1009、登山道
7合目が近づくと一時平坦部が有り、辺りの景色が見える所が有ります。
下見の時は残雪が見えましたが、今は新緑が盛んです。
1009Uks123

1018、7合目から展望
7合目もベンチが設置され、より遠望出来る様に切り開いて有ります。
この日は庄川対岸の山々が展望出来ました。
1018Uks124
1018Uks125
1018Uks126

1029、ブナ
7合目から上に行くと登山道脇にも太いブナが見える様になり、ブナ好きの私は立ち止まる事が多くなります。
1029Uks127
フデリンドウ
他にも有るかと思ったのですが、ここでしか見つける事が出来ませんでした。
1032Uks127
キタコブシ?タムシバ?
以前はこれをタムシバと言っていましたが、今はキタコブシとの見分けが良く判りません。
1037Uks128

1046、ブナ
1046Uks129
1046Uks130
ハウチワカエデ
1047Uks131

1047、上り子ブナ
境界表示のため人手によって奇形にされたか、自然の造形化は判りませんが、この様な奇形樹が並んでいます。
1047Uks132
1048Uks133

1053、ブナ
1053Uks135
オオカメノキ
1058Uks136

1106、ブナ
1106Uks137

1108、9合目標識
1108Uks138
カモシカ?のヌタ場
登山口からここまで猪の痕跡は無かったので、猪ではなさそうです。
1108Uks139

1118、牛岳三角点頂上 986.9m
牛岳最高点はここ、主峰は祠の頂上970mで、どちらも展望の良い頂上で、無雪期は両方に登る人が多い様です。
1118Uks140
展望
今日は遠望が効かないし、自然観察なので展望は期待していません。
1119Uks141
三角点頂上で昼食休憩になるだろうと思っていましたが、少し時間に余裕が有ったので、祠の頂上に移動し昼食休憩する事にしました。

1127、祠の頂上へ移動
頂上辺りもブナ林になっていて、ブナ林の新緑の下を移動です。
1127Uks142
ジンパイソウ
未だ葉が広がっていませんが、ここに生えてる事は打全から知っていたので、間違いないはずです。
1128Uks143

1129、イワウチワ
1129Uks145
1129Uks146

1138、牛岳祠の頂上
この頂上の方が広く登山口も近いので、多くの人はここで休憩し最高点まで往復して来ます。
今日も多くの人が休憩していました。
1138Uks147

つづく

この記事へのコメント

drafufuf
2019年06月04日 13:55
ヤマハシサダノブ
2019年07月24日 14:41
テスト書き込み、承認したものだけ表示されるはず。