190406高峰山「概要」

2019年4月6日 高峰山

簡単な山へちょこっと行って来る事にして、高峰山を選んでみたのですが、ちょこっとどころか結構な時間と体力を要し、危険個所も有ると言う山歩きになってしまいました。

今年は残雪が少ないとは言え、登山口まで車で入る事が出来るとは思っていませんでしたが、骨原から林道に分岐して1Kmほど入った所で積雪のため通行不能になってしまい、少し戻って林道の広い場所に駐車し歩き始めました。
画像

2.5Kmの長い林道歩きは積雪が途切れる所が少なく、暖かい気温のため雪質は柔らかく半ゴボリの感じが続き、視界に入るのは杉植林ばかりで、体力も気分も萎えてしまいました。
画像

高峰山登山口から尾根に登れば尾根の雪は解けてるかも?と思ったのですが、ここも登山道が見える所はほとんど無しで、むしろ登山道が見えそうになった所は細尾根とか急斜面の所が多く、残雪もろとも滑り落ちそうな感じがして、楽に歩ける様な所はほんの少しでした。
画像

画像

ただ、天気が良く視界が良かったので、高峰山登山口から尾根に登った所から展望が良くなり、剱岳・大日岳・毛勝連山などを見ながら登る事が出来ました。
画像

頂上の標高は957.9mと低い山ですが、頂上の西の緩い斜面は大量の残雪で覆われている景色を見て、今年の少雪の事は嘘だった様な気になりました。
画像

画像

下山は同じルートを降りましたが、高峰山登山口まで坪足で降りたものの、落とし穴にはまる様にゴボッたので、林道はカンジキを着けておりました。
これはこれで雪質が重いので、坪足の方が良かったか?と思うほどでした。

本編につづく

GPS軌跡
画像

この記事へのコメント