190401小佐波御前山、今生津-猿倉周回「概要」

2019年4月1日 小佐波御前山、今生津-猿倉周回

小佐波御前山は人気の里山で、ルートがいろいろ有りますが、今回は今生津(いもつ)が登山口のルートを登り、本道の猿倉山公園に降りる周回をしてみました。

下山口の猿倉山公園駐車場に1台の車を置き、登山口の今生津へ移動、登山口手前の空き地に駐車し準備をしていたところ、地元の散歩中の女性が通りがかり、いろいろ話を聞いて登山開始でした。
画像

登山開始と言っても山平(さんでら)集落跡下までの1/3ほどは林道や生活道跡です。
今生津集落に入る手前に林道分岐が有り、舗装された林道にしては少し急な道に入り、300mほど歩くと左に分岐する橋が有り、そこからは舗装無しの生活道路跡になります。
登山道にしては広く緩やかな道ですが、生活道路にしては急で車も通行出来ない様な道ですが、この道路が開通に尽力した人の石碑を建てるほどの道の様です。
画像

道端の花や木を見て登りましたが、アブラチャンの木が沢山有り、その満開の花を見て撮影もしながら登りました。
画像

画像

途中に目立った小屋が有ったはずですが、なかなか見えて来ないの道を間違えたかな?と不安になった頃、ようやくみえて来て安心、小屋から山平集落跡のすぐ下に有りました。
画像

登山道らしくなるのは山平(さんでら)集落跡から未だ10分ほど登った所で、頂上まで1.5Kmほどです。
緩い坂が終ると急坂になり、以前は階段になっていた所は階段が消え、トラバースしていた所は斜面に戻りつつ有る所を行く様な、本格的な登山道に変ります。
画像

歩き難い斜面を登り切って尾根に出ると頂上台地も近く、100mも登らなくても登山道は水平になり、頂上台地到着です。
画像

残雪が有り少し行くとベンチ場や避難小屋が有りますが、そこで休憩せず展望台に行き、更に残雪続きが有ったので、何時もと違った所まで移動し昼食休憩にしました。
画像

下山は本道でしたが、さほど見るべき事も無く、どんどん下山してしまいました。
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像



この記事へのコメント