190418尖山 2

「1」から見る
2019年4月18日 尖山

0830、本道登山口
山登り慣れした人が多くなり、ここから登り始める人は少なくなりました。
0830Gtg118
杉林内の沢沿いを登りますが、普通の杉林内と異なり意外に植生が豊かなので、花時期になると花写真を撮りながら登ります。

0832、コシノコバイモ
何処にでも有る花ではありませんが、尖山ではあちこちで見る事が有り、この先でも何ヶ所か有ります。
0832Gtg119

0833、スミレサイシン
大柄のスミレで、一時期沢沿いで一斉に咲き揃います。
0833Gtg120
登山道
0833Gtg121

0836、コシノコバイモ
0836Gtg122
登山道
0837Gtg123

0839、滝
沢沿いで一番大きな滝ですが、名は付いてないので良い名を付けて欲しいものです。
0839Gtg125
0840Gtg126

0841、アズマシロカネソウ
0841Gtg127
ホクリクネコノメ(ソウ)
0842Gtg129

0843、アズマシロカネソウと石渡り
ここまでが序の口、辛いと感じる事無く登る事が出来ますが、これから先は少しづつ汗ばんで来て、辛さを感じ始めます。
0843Gtg130
0843Gtg131
フタバアオイ
0843Gtg133
0843Gtg132

0844、スミレサイシン
0844Gtg134
ミヤマカタバミ
登山道は日陰の時間が多いので、開いた写真を撮る事は余りありません。
0845Gtg136

0845、コチャルメルソウ
早い時期から咲いてるので、そろそろ終盤です。
0845Gtg137

0846、ジュウモンジシダのぜんまい
ジュウモンジシダのぜんまいは少し早く、他のシダは少し遅く出ます。
0846Gtg138
アズマシロカネソウ
未だ沢山咲いていますが、種になる物が見えて来ました。
0846Gtg139
杉植林
0846Gtg140
0847Gtg141

0852、十間滑
正式名の無い滑滝ですが、名付けるとしたらこの名しかないでしょう。
0852Gtg142
0852Gtg143

つづく

この記事へのコメント