190323赤祖父扇山 2

「概要」から見る
2019年3月23日 赤祖父扇山

0942、本道
本道に入ると少し積雪が続き始めました。
雪質は表面が凍って硬く歩き易い雪質でした。
0942Ogy118

0953、登山道から砺波平野
未だ残雪の無い所も有りますが、思っていたより積雪が多い様に感じました。
0953Ogy119
0953Ogy120

1000、急登の登山道
急登は溝の様になってるのですが、雪が多い年は雪解けが進んだ所と、残雪の多い所で大きな段差が付いて登り難いのですが、今年は適度に残雪が有って登り易く感じました。
1000Ogy121

1007、林道跡出合い
展望の開いた林道跡に出合い、ここは休憩適地でしばらく休憩です。
1007Ogy122
高清水山方向
1007Ogy123
医王山方向
1009Ogy124

1019、林道跡上の急登
林道上にはこのルートで一番の急登が有り、樹林の無い雪の急斜面が広がっており、下りではアイゼンが欲しくなる様な所が有ります。
1019Ogy125
1020Ogy126

1030、稜線直前
急登はすぐに終り緩い斜面の杉林になると稜線はすぐそこです。
1030Ogy127

1032、稜線から庄川対岸展望
稜線には道宗道が有り合流して扇山方向に向い少し下りが有ります。
1031Ogy129

1036、赤祖父山ブナ林端
ブナ林に出合うとそこは赤祖父山ブナ林で、扇山頂上も近くなります。
1036Ogy130
1037Ogy131

つづく

この記事へのコメント