自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190326臼越山「概要」

<<   作成日時 : 2019/03/28 19:10   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年3月26日 臼越山

尖山に登っていたら、最近七姫山に登ったとか、臼越山と七姫山に登ったとかと言う話を何回か聞きました。
私も臼越山と七姫山に行って来たいと思ったものの、それは体力的に無理と言う事で、七姫山より少し標高の高い臼越山だけに登ってみる事にしました。

この時期、藤橋ゲートまでしか車で入る事が出来ないので、七姫平までの2Kmの余分な歩きが有り、合計歩行が6Kmほどになるものの、先日の金剛堂山程度の歩きと読んで、7:30頃から歩き始めれば良かろうと、少々甘目の予定をしました。

7:30前、藤橋ゲート横の駐車場に車を止め、準備を整えて出発しました。
天気は晴れ予報ですが、この時は雲の多い空でしたが、午前中は晴れで午後から雲が多くなると言う予報を信じ、七姫平に向いました。
画像

七姫平の人津谷ゲート前で積雪に乗りましたが、雪質は表面が凍って適度に硬く歩き易く、これなら予定より早く登れるかも?と思うほどでした。
画像

林道の積雪は途切れる所も少し有りましたが、ほとんどが雪上歩きで、800m辺りに有る発電送水施設前まで林道を歩きました。
画像

画像

ここからは林道を離れ、臼越山下の1240mピークに向う尾根に向って急斜面ショートカット、880m辺りで尾根に乗りました。
画像

その尾根には数日前の足跡と見られる凸凹も有って、臼越山に向ってるに間違いないと思い、安心して凸凹を確認しながら登りました。
尾根は細ブナながらブナの疎林が続き、樹間から山々が展望出来るので気分の良い登りでしたが、1000mを越えた辺りからなんだか足が重くなり始めました。
画像

画像

画像

1100m辺りで2回目の休憩をし、更に先に進みましたが足の重さは増すばかり、1240mピークに立った時は出発から3時間を要していました。
画像

頂上までの標高差残り350mは足の重さも有りますが、急傾斜で雪質が硬くて滑りそうな所が有り、アイゼン・ピッケルを出そうかと思う様な所が有って、登り速度は一段と遅くなってしまいました。
画像

画像

1350m辺りで緩い傾斜になる所が有るのですが、下山時に足跡を見てみたら、一歩の歩幅が靴寸法も無いほどに小幅な歩きになっていました。

結局頂上に立ったのは11:20頃で、所要時間4時間ほどと目標より30分以上も時間をかけての登頂でした。
画像

頂上は細ブナが少し有りますが展望はなかなか良く、剱岳や大日岳が近く、立山本峰は大日岳に隠れて見えないものの、弥陀ヶ原や立山カルデラ外輪山・薬師岳・鍬崎山が展望出来、遠くは白山連峰も見えていました。
画像

頂上でツェルトに入って長めの休憩、13:00頃下山開始、アイゼン装着で同じルートを、林道ショートカットした800m辺りまで降り、林道に戻る事無く更に50m以上斜面を降り、731mポイントで林道に出ました。

ここでアイゼンからカンジキに履き替え、七姫平の人津谷ゲート15:00頃、藤橋ゲート駐車場15:30頃到着でした。

本編につづく

GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190326臼越山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる