190323赤祖父扇山「概要」

2019年3月23日 赤祖父扇山

扇山と云うのが本当ですが、この辺りに赤祖父山や赤祖父池や赤祖父川などが有るので、有名な赤祖父を冠して扇山としました。

先日はフクジュソウ観察と丸山に行って来たのですが、その時は丸山だけ書いたので、どこの山か判らなかった人が居た様ですが、丸山は赤祖父丸山と言う事になります。

さて、先日のフクジュソウ観察と丸山に行って来た時の情報で、登山口まで車が入る事が判っていたので、フクジュソウ自生地標識まで車で入り、自生地を経由して扇山へのルートで登る事にしました。

駐車場所に行ってみると、先行者の車が3台も有って、フクジュソウ観察に多勢の人が来ているのか?と思って、その人気に驚きました。
画像

8:45頃、準備を整えて出発、自生地までの間に出会った人は2人だけ、駐車して有った車の人は我々と同じルートに行ったのかも知れません。
フクジュソウは先日と余り変わりなく蕾のままでした。日差しが有ればもう少し開いていたのかも知れませんが、未だ朝の上に今日は曇りの天気と言う事で蕾のままだったのかも知れません。
画像

数枚の写真を取って自生地を通過、扇山登山道に入りました。
このルート、古い登山道なので使う人は殆どいないとと思っていたのですが、先行の靴跡がはっきり残っていたので、先行者もこのルートを登った様でした。

残雪は無しで、しばらくは藪っぽい所を登りますが、次第に藪の薄い登山道になり、730m辺りで本道に出合います。
画像

画像

このルート、ここまでもこの先もユキワリソウが見られる事も有るのですが、登山道脇では一輪も目にする事は有りませんでした。

本道に出合っても残雪は続かず、所々で夏道が見えている上、雪が凍って硬いので歩き易く、思っていたより順調に登れ、900mの林道に出会ったのが10:00過ぎでした。
画像

画像

堂宗道に出合いブナ林に入り、樹氷のブナ林を眺めながらゆっくり行きましたが、扇山には11:00前に到着してしまいました。
画像

画像

赤祖父山まで行くかどうか聞きましたが、今日はここまでと決めて登って来たので先に行く意欲は薄く、ここで昼食休憩と言う事になってしまいました。

先行者は赤祖父山に行ってる様なので、下山時に見られては少々恥ずかしいと、下山ルートからは見えない所まで移動してツェルトを張って中で暖を取り昼食休憩しました。
画像

下山は本道を降りましたが、本道は深い溝状になって残雪が有り、今年は残雪が少なく倒れ込んだ木が無くて歩き易く、1時間10分ほどで駐車場所まで降りてしまいました。
画像

画像


本編につづく

GPS軌跡
画像



この記事へのコメント