190318二子山-日尾双嶺山周回「概要

2019年3月18日 二子山-日尾双嶺山周回

民放のみんなの山歩き再放送が有り、その放送をちらっと見たので行ってみようかと思い、同行者に聞いてみたところ行った事が無い2人と行った事有り2人だったので行く事になりました。

今年は積雪が少なく登山道の有る二子山は行けても、登山道の無い日尾双嶺山は無理かも知れないと思ったのですが、積雪の状況を見てどうするか決める事にし、周回出来る程度の時間余裕を取りました。

登山口の小坂に8:00過ぎに到着、準備を整え出発したのが8:30前でした。
画像

歩き始めは雪無しでしたが、少し行き民家横の日影には残雪が有り、この調子なら結構な残雪が有りそうと思ったのですが、沢沿いの農道跡登山道に入ると残雪は少なくなってしまいました。
画像

農道跡が終ると残雪が徐々に増えましたが、十分な残雪とはならず、沢を渡って南向き急斜面登りになると薄く残った先日の新雪だけとなり、多量積雪の期待は無しになってしまいました。
画像

画像

頂上に立って見ると頂上標識が見えており、積雪40―50cmでしょうか何とか積雪で背の低い笹が押さえられてる程度でした。
画像

時刻は10:00過ぎ、天気が良く展望が良いので、展望を楽しみながら昼食休憩でも良いか?とも思いましたが、日尾双嶺山方向の残雪を見ると、何とか積雪が続いて見え、藪漕ぎ少なく日尾双嶺山に行けそうでした。
画像

最悪の場合、戻って来る事も覚悟で日尾双嶺山に向って移動開始、少し降りてすぐに鞍部になり、登り返して小ピークを越え、もう一度降りた所で林道に出合い日尾双嶺山手前の鞍部になりました。
画像

林道をしばらく行って日尾双嶺山頂上への登りに入りましたが、ここは杉植林境界の刈り開きが有り、簡単に頂上に立つ事が出来ました。
画像

頂上は木々が有って展望は良いとは言えなかったので、天気は良く暖かい日でしたが、ツェルトに入って昼食休憩としました。
画像

下山は元来た道ではなく、日尾双嶺山から少し降りて鞍部辺りの残雪の続いていそうな所から、沢沿いの登山道に降りる事にしました。
画像

このルート、積雪が少なく途中に沢が有ったり尾根が有ったり、ルート選びに慎重になりましたが、何とか危ない目にも合わず元来た登山道に出合う事が出来ました。
画像

頂上発12:30頃、駐車場着13:30頃と、所要時間1時間程度で下山する事が出来ました。
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント