自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190305金剛堂山 5完

<<   作成日時 : 2019/03/21 06:42   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2019年3月5日 金剛堂山

1234、下山出発前に
昼食休憩前より雲が少なくなった様に見えたので、もう一度展望を撮影してから下山開始です。
金剛堂山高原、中金剛・奥金剛方向
1234Kod176
御嶽山
1234Kod177
乗鞍岳
1234Kod178
笠ヶ岳・穂高岳
1234Kod179
北ノ俣岳、その上に水晶岳の頭が少し
1235Kod181
立山連峰
1235Kod182
白木峰
1236Kod187
三ヶ辻山・人形山
1237Kod188

1238、下山尾根
登り返しが何度も有り辛そうな下山ルートですが、今日は展望が良いのでなんとか頑張れそうそうです。
先行者の踏跡もしっかり見えており、このルートを降りるのは我々だけでないと、何か安心して後を追います。
1236Kod186
下山者
一緒に下山しようと声掛けした訳では無いのですが、後に付いて来ていたので最後まで付いて来てる事を確認しながら下山しました。
1235Kod185

1248、登り返し 頂上から0..4Km
早くも登り返し1回目が立ちはだかって見えます。
1248Kod190
登って来た雪庇の尾根
1248Kod189

1259、八尾ルート分岐 頂上から0..8Km
午後になって雪質は緩みカンジキに雪だんごが付いて足が重く感じる様です。
1259Kod193

1314、 頂上から1.3Km
右に見えるのは白木峰、左の尾根続きをアップダウンしながらスキー場トップに向います。
1314Kod196

1325、1441峰巻道からスキー場方向 頂上から1.6Km
ピークを巻いて行く所も有りますが、それもほんの少しピーク下を通過するだけで、さほど楽にはなりません。
1325Kod198

1357、1408峰からスキー場方向 頂上から2.5Km 
目の前にこの下り尾根の最大折りと登り返しが見えており、そこを越えれば下りの難所は終りと思い気力を振い立たせます。
1357Kod200

1204、1280m鞍部 頂上から2.8Km
100mもの登り返しは大変でしょうが、避けて通る訳にはいきません。
1406Kod201

1428、1384.1峰からスキー場 頂上から3.2Km
20分ほどで登り返す事が出来ました。
1428Kod204
振り返って
1428Kod205

1449、最後の登り返し 頂上から3.7Km
ほんの少しの登り返しですが、ここは登り返さず巻いてゲレンデに出た方が良いのではと思うほどでしたが、先行踏跡を追いました。
1449Kod209

1456、スキー場ゲレンデ 頂上から3.9Km 1310m
ゲレンデに出て先行していた踏跡はゲレンデトップに向っていましたが、我々はトップに向わずリフト下の直降りを試みる事にしました。
1449Kod209
1456Kod211
1458Kod212
先行踏跡もゲレンデトップから降りており、結局リフト下の直降りと合流し、少し危なっかしいゲレンデ外を降りました。

1518、ゲレンデ 1150m
再びゲレンデに出ると、その後は安全なゲレンデ降りになり、遥か先に感じるゲレンデ下部に向い重くなった足を運びました。
1518Kod214

1524、尻セード跡
この様な事が出来たのは2―3回だけ、楽に降りる所はほとんど有りませんでした。
1524Kod215

1554、ゲレンデ下に到着 頂上から5.9Km
登りより1Kmほど長い行程でアップダウンが有りましたが、登りと同じ3時間30分程度の所要時間で降りる事が出来ました。
1554Kod217
振り向いてゲレンデ
後に着いて来ていた一人も無事降りて来ていました。
1554Kod218


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190305金剛堂山 5完 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる