自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 190106小佐波御前山 2

<<   作成日時 : 2019/01/15 15:49   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要」から見る
2019年1月6日 小佐波御前山

1059、御前山から平地展望
さほど展望の良い場所では有りませんが、平地方向と神通川対岸の山を撮ってみました。
1059Onm117
大乗悟山
もう少し積雪が多くなれば行こうとしている山で、無雪期に行く事はほとんど無い山です。
1059Onm118
一休みしたら林道歩きで小佐波御前山登山口に向いました。

1111、林道歩きで小佐波御前山登山口へ
林道歩きはさほど時間がかかる訳では無いのですが、随分遠く時間がかかる様な気がします。
1111Onm119

1120、小佐波御前山登山口
林道は終点になりここから登山道になります。
1120Onm120
先行登山者
追い越して行った女性単独登山者です。
1120Onm121

1123、獅子ヶ鼻岩分岐
先行の踏跡は少ないのですが、ここから獅子ヶ鼻岩分岐に入り立ち寄って行きます。
1409Onm145
1123Onm122

1128、獅子ヶ鼻岩から展望
岩の端が何処か判らずギリギリまで寄れず、眼下の展望は良く見えませんでした。
遠方はガスっており余り見る事は出来ませんでした。
1128Onm123
1129Onm124
1129Onm125
本道に戻りましたが夏道と違った所にラッセル跡が有り、ゴボって歩くのが大変でした。

1143、ベンチ場
ベンチは雪の中ですが、ここは通過ポイントとし撮って置く場所です。
1143Onm127
登山道
積雪はかなり多くなって来ました。
1143Onm126

1147、頂上まで0.6Km標識
長い行程の登山の場合、もう頂上はすぐそこと思う残り距離ですが、小佐波御前山の場合ここからが結構辛い所が有ります。
1147Onm128
登山道
水平道になるのは良いのですが、下りも有って近そうな頂上がしばらく近づいて来ない所です。
1147Onm129

1151、頂上方向展望
一旦下りが有って、その先に急登の階段が有り、それを思うと頂上台地が遠く感じます。
1151Onm130
登山道
1151Onm131

1156、急登を登る2人+1人
+1人は後から追い着いて来た単独者で、2人を追い立てるので私は引き離されてしまいました。
1156Onm132

1202、もうすぐ急登終り
長い急階段だけでなく、その後に短い急階段も有って、結構辛い所です。
1202Onm133

1204Onm134

1205、頂上台地の端
細尾根になった所で台地と言う感じではありませんが、標高はもう頂上と大差無しです。
1205Onm135

1208、小佐波御前山三角点頂上の祠
ここが距離表示の頂上に当たる場所で、祠や三角点などが有りますが、ここが最高点でないかも知れません。
1208Onm136

1213、登山道開通記念碑の頂上
多くのベンチが設置して有り、登山道開通記念石碑などが有り、多くの人が頂上としてここまで来て下山します。
1213Onm137
避難小屋
立派な避難小屋が有り、冬はこの中で昼食休憩するのが普通です。
今日も多勢の声が聞こえていました。
1214Onm138
我々は三角点の頂上でもなく、記念碑の頂上でもなく、避難小屋でもなく、行く所は展望の頂上です。

1220、展望の頂上
今日は展望の無い展望の頂上ですが、今年初めての小佐波御前山なのでここまで来ました。
登頂記念写真を撮って少し戻って、広場でツェルトを張って暖を取り昼食休憩にする事にしました。
1220Onm139
1220Onm141
1220Onm140

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
190106小佐波御前山 2 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる