自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 181216天蓋山「概要」

<<   作成日時 : 2018/12/17 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年12月16日 天蓋山

天気は北陸よりも東海寄りの方が良いと言う予報だったので、ほんの少しですが富山県を離れ岐阜県飛騨市の山に向ってみました。

天蓋山登山口は飛騨市神岡町の山の村キャンプ場に有り、標高は930mほどと標高が高いので、積雪がどの程度か心配でした。

朝7時に富山出発、この日の朝は冷え込みが強く、路面凍結で滑り易い所が有り、慎重に運転した事も有って、山の村に入ったのは9時頃でした。
車は登山口まで入れないと思っていましたが、積雪は10cmほどだったので、問題無く入る事が出来ました。

山頂近くでは積雪が多いはずとカンジキをザックに付けるなど、準備を整えて9:10頃出発でした。
画像

キャンプ場の中を行く車道を登り、キャンプ場を通り過ぎる辺りまで行くと、最後の建物が有り登山口の標識や登山届場が有りました。
しっかり届を書き下山届カード(ここにはその様な届が出来る様にすて有る)も持って登山道に入りました。
画像

登山道はすぐに沢沿いを行く様になり、一旦沢から離れ尾根に乗りますが、すぐに隣の沢に降り再び沢沿いを行き、徒渉も有りますが、これより急登の表示が有ると沢を離れ急登の尾根登りに変ります。
画像


積雪15―20cm程度、雪質の関係か登山靴裏に雪がこびり付き、一歩一歩ズルズル滑る感じが有って、こんな歩き難く、アイゼンが必要だった?と思ったほどでした。

急登を100mほど登った所で、「もう一息・急登あと半分」の標識が有り、えー?と思うのですが、急登の残りは50mほどで急登は緩みました。
画像

標高1380mのすずめ平まで登ると頂上はもう少しなのですが、一歩一歩ズルズル滑る感じが更に強く感じられ、気力も次第に薄れて来てしまい、頂上が随分高くに見えてしまいました。
画像

それでも頑張って頂上手前1490m峰まで登りました。
一旦下っての登り返しを見て更に我慢を強いられましたが、何とか11:50頂上に立ちました。
頂上は360度の展望で、北アルプス剱岳・立山・薬師岳・黒部五郎岳、槍ヶ岳から乗鞍岳、御嶽や白山が展望出来ましたが、強風で寒く長くはいる事が出来ず、急いで写真撮影を済まし、風の弱い鞍部に降りました。
画像

画像

鞍部でツェルトを張り、中を暖かくして昼食休憩1時間ほどゆっくりしました。

下りは予想通り積雪が少なくて足元が悪く、何度も何度も尻餅を突き急坂を降りました。
画像

画像

それでも1時間30分ほどで下山出来、神岡の割石温泉で汗を流し温まって帰宅しました。

本編につづく

GPS軌跡
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
181216天蓋山「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる