自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180901-02薬師岳「概要」

<<   作成日時 : 2018/09/03 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年9月1日-2日 薬師岳研修山行

8月30日から北陸から東北にかけ、秋雨前線が有り大雨警報が出され、富山県西部では避難勧告まで発令される様な天気でしたが、我々の向おうとする常願寺川上流域では雨が少なく、31夕方時点での常願寺川の水流は普段と特に変わらず、水の濁りも有りませんでした。

薬師岳山行決行の決め手は有峰林道の通行にかかっていますが、31日は通行止めも有りませんでした。

1日5時30分、林道ゲートに行きましたが通行止めの予想も無く、道路点検後予定通り6時に通行開始出来ました。
ただ、これから雨が強くなり規定雨量に達する可能性も有るので、今日中に帰ろうとすると通行止めになるかも知れないとの予想でした。

7:00、折立登山口で、今日は終始雨を覚悟して、最初からカッパを来ての出発でした。
画像

八郎坂登山道は掘れて小沢の様になっているので、水が流れている所が多いのですが、水量は少なく特に問題無く歩く事が出来ました。
画像

雨が降っているので、写真撮影は少なくなってしまいましたが、それでも自然観察もしながら、途中3回の休憩を取り、4時間で太郎小屋に到着出来ました。
画像

太郎小屋で昼食休憩し、12:00、薬師岳山荘に向いましたが、薬師峠から薬師平までの沢を登る登山道で、水流の心配をしましたが、普段涸れた沢に少しの水流が有る程度で、登行には問題無く登る事が出来ました。
画像

薬師平から小屋までの間で、これまでより雨が強くなり気温も下がった様で寒い思いをして、自然観察どころでは無くなりましたが、もう小屋が近かったので14:00、無事小屋に到着出来ました。
画像

画像

乾燥室で着替えをして濡れたものを乾かし、夕食まで時間が有ったので、今日の自然観察確認などして過ごしましたが、夕食前には雨は上がり、雲は多いながら富山平野や富山湾が展望出来るほどになりました。
画像

夜中に空を見た人は星が見えたと言う事でしたが、2日朝はガスって展望無しで、御来光は諦め朝食後登頂する事にしました。
画像

頂上ではガスは薄くなって太陽の位置も判るほどでしたが、展望は遠くの山体の一部がちらりと見えた程度で、それ以上は良くなりませんでした。
画像

画像

しかし、頂上に向う途中にライチョウの親子を見る事が出来たので、天気が悪かったからこそ見る事が出来たと言う事で、御来光諦めは納得でした。
画像

小屋に戻って下山準備を整え、7:30下山開始、昨日は雨が強く寒さも厳しくなって、自然観察を省略した所を少し丁寧に観察して下山しました。
画像

画像

太郎小屋まで降り薬師岳展望に別れ、最後まで頂上を見せなかった黒部五郎岳にも別れを告げ、三角点に向いました。
太郎小屋から三角点までの登山道は、木道や平な石敷きの所は歩き易いのですが、ゴロゴロと小岩の転がる所が多く、歩き難く思ったより時間がかかりました。

三角点から下は小岩の無い登山道になり、順調に下山12:30前に折立に下山する事が出来、その後、有峰林道ゲート近くの白樺ハイツの温泉で汗を流し、昼食をして解散でした。
画像


本編につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180901-02薬師岳「概要」 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる