自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180803-05折立-黒部五-笠-新穂高 3

<<   作成日時 : 2018/08/19 09:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「概要1」から見る
12018年8月2日−5日 折立-黒部五郎岳-笠ヶ岳-新穂高

1245、昼食後出発 2580m
1245Gk160
トウヤクリンドウ
1245Gk158
1245Gk159

1307、黒根五郎岳
頂上へのジグザグ道がやけに長く見えます。
1307Gk161

1336、薬師岳
振り向けば通過して来た所がだいぶ遠くになって来ました。
1336Gk162
黒部五郎岳頂上方向
1336Gk163
辛そうに見えた頂上へのジグザグ道でしたが、途中で左に巻いて(登り肩に有るカール道と尾根道の分岐に出ました。

1415、頂上とカール道の分岐から頂上方向 2770m
ザックはここに置いて頂上往復します、頂上は見えていませんがそれほど遠くは無いはずです。
1422Gk164

1429、黒部五郎岳頂上 2839.7m
頂上付近はその名の通りゴーロ状になっており、巨岩と言うより少し小さ目の岩に覆われています。
残念ながら雲が多く展望は有りませんが、今まで散々展望を楽しんで来たので文句無しです。
1429Gk165
記念撮影
1431Gk166
展望
1434Gk168
水晶岳
1434Gk169
鷲羽岳
1434Gk170

1449、カールの先に黒部五郎小舎
肩まで戻ってカールとその先の小舎を見ましたが、予定の所要時間で到達はとても無理に感じます。
1449Gk171
カール
1449Gk172

1457、カールから頂上を振り返って
カール側は険しい崖になっています。
1457Gk173

1530、雲ノ平展望
コモの平が意外に近く見えていますが、あちらからは近くに見えたかどうか記憶に有りませんでした。
1530Gk174
カール内の登山道は何処が登山道か良く判らないほど、ほとんど人手で整備されておらず、道迷いしそうですが、樹林を通過する所ではルートがはっきりします。
樹林通過
1545Gk175

1549、視界広がる
樹林でない所は大岩が転がりルートが判り難い道です。
1549Gk176

1620、小屋が近づく
頂上や肩から見えた小屋でしたが途中で見えなくなり、まだかまだかと思いながら降りて来ましたが、ここまで来てやっと小屋が近くに見えました。
1620Gk177

1628、黒部五郎小舎到着
頂上からは2時間近くの所要時間で、やはり予定よりだいぶ遅くなりました。
でも、泊り客が多かったので食事時間には問題無く間に合い、生ビールを飲む余裕も有りました。
1628Gk178

つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180803-05折立-黒部五-笠-新穂高 3 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる