自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛

アクセスカウンタ

zoom RSS 180616-17鉢伏山、入笠山

<<   作成日時 : 2018/06/20 08:08   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年6月16日 鉢伏山

16日―17日の土日、蓼科高原で1泊して、鉢伏山のレンゲツツジと入笠山のスズラン・ホテイアツモリソウなどの花見山行に行って来ましたが、その内の鉢伏山の巻です。

と、書いたところでサッカーW杯の日本対コロンビア戦が始まり、どうせ負けるからTVを時々見ながら書き上げようとしたのですが、思わぬ展開で日本が勝利してしまい、番組終了後は7遅くなったので、書き込み中止にしてしまいました。

さて鉢伏山ですが、あちこちに有る山名で何処に有るのか知らない人も多いかも知れませんが、高ボッチ山の近くと言えば知る人が多いかも知れません。

R20塩尻峠近くから分岐する高ボッチスカイラインに入り、高ボッチ山の駐車広場まで行けば、丁寧な案内が有るので、後は簡単に登山口まで辿り着けます。
高ボッチ駐車場
画像

高ボッチ山駐車場から車で15分程度ですが、道が狭いので対向車が有ると擦れ違いが気にし糸事が有ります。
鉢伏山登山口に駐車場や山荘が有りますが、20-30台程度のスペースで狭く、最盛期には有料になるのか料金箱が見えていました。(この日は無料)

レンゲツツジですが、高ボッチ山から見え始めているので、鉢伏山まで行かなくても良いかな?と思う位ですが、かなる最盛期を過ぎた感じだったので、行って来る事にしました。
高ボッチ山レンゲツツジ
画像

山荘前の駐車場まで対向車も少なく問題無く入れました。
途中から見え始める山肌に広がるレンゲツツジの群生は、見事な群生で車道途中の道幅の広い所にはカメラマンが立派なレンズで撮影しているのが見えました。
鉢伏山レンゲツツジ
画像

駐車場から頂上まで30分程度なので、頂上まで花見散策をしてみました。
見事なレンゲツツジ畑が広がっており、撮影しながら登りましたが、その他の植物が少ない様で、レンゲツツジ以外はほとんど撮影出来ませんでした。
画像

画像

画像

画像
720" height="480
頂上には展望台も有るのですが、この日は雲が多くガスがかかったりして、展望は得られませんでした。
画像

画像


入笠山につづく

GPS軌跡
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
180616-17鉢伏山、入笠山 自然を楽しむ山歩き>富山 北信越飛/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる