180512干支の山、戌山-飯降山「概要」

2018年5月12日 干支の山、戌山-飯降山

御存知、今年の干支は戌(戌)、干支の山に登る荏原山歩会としては、今年も干支の山を登りたいと、近くに楽に登れそうな干支の山関連の山は無いかと探しました。

富山には犬が岳と言う、日帰りでは少々難しい山は有り、12年前は一泊で行って来ましたが、今ではもう12年前の体力は無く、干支の山目標にはなりません。
探し当てたのは、福井県大野市の戌山城址でした。

ネットで検索してルートを調べましたが、ルートがいろいろ有って、我々が目指す戌山と飯降山を合わせた、記録が少なく、良く判らなかったのですが、「洪泉寺」付近から登ると言う、鍬掛(くわかけ)コースから登れば、駐車場やトイレの心配が少なく、飯降山から下山した場合の下山道と合わせ周回ルートになる事が判りました。

朝6:00荏原出発、H北陸道で福井へ、福井北JCから無料のH中部縦貫道で大野ICまで入り、登山口近くのショッピングモール・ビオまで行きました。

敦賀出張中のメンバー待ち合わせ中に洪泉寺を探しすぐに見つけましたが、通り抜け禁止表示が有り、登山口を探したら、砂山トンネル横の駐車スペースが登山口と判りました。
画像

ショッピングモールでトイレを済まし、鍬掛コース登山口にに移動し準備を整えて出発でした。
画像

ただ、大野城撮影スポットやら天空への小径やら展望スポットの標識は有るのですが、戌山や戌山城址の表示が無いので、戌山が目標の我々としては、展望スポットが戌山頂上なのか、はたまた他に頂上が有るのか判らず戸惑いました。
画像

取り合えず登り始めるとすぐに展望スポットまで400m表示が有り、展望スポットまで300m表示もすぐに出て来ました。
展望スポットまで300m表示は稜線に有り、展望スポットと反対側にも道が有り、ネット情報ではここにも展望スポットが有るとの事で立ち寄ってみました。
画像

大野城の展望が良い場所だったので、戌山の一角として記念撮影、その後展望スポットに向いました。
画像

展望スポットまで300m表示まで戻り、更に展望スポットに向い少し急になった稜線を登ると、これもまたすぐに展望スポットまで100mの表示が有り、間もなく展望スポットに到着でした。
画像

画像

先程の大野城展望場より標高が高いので、確かに大野城の展望が良く見える場所でした。
辺りにはこの場所が如何に展望が良い所か、新聞報道された記事写真が掲示して有り、ここが戌山城跡の一角と云う事が判りました。
しかし、我々の目標の犬山城を大きく表示したものは有りませんでした。

仕方無く、ここで大野城を背景に記念撮影して、干支の山登頂記念としました。

今日の目的は達成したので下山しても良いのですが、未だ時間が早いので飯降山方向にも行ってみる事にしました。

展望スポットから急坂を降りると、上丁から登るルートに出合い、ここで始めて戌山城址の標識に出合いました。
画像

その後、329.3m三角点で、戌山城本郭の表示が有りましたが、そこは樹林が茂り展望の無い場所でした。
もう記念撮影無し無しとして飯降山方向に向い、時間制限まで飯降山に向けて登り、11;30、450m辺り4合目標識で登りを止め、左下に見えた林道に降り昼食を済ませ下山しました。
画像

画像

下山は飯降山本道を使い、芝桜の咲き誇る田の畔が広がる登山口まで、簡単に下山する事が出来ました。
画像


本編につづく

GPS軌跡
画像



この記事へのコメント